4594 Movies

俺たちホームズ&ワトソン Holmes & Watson (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーサー・コナン・ドイルの原作を基に、ヴィクトリア女王暗殺計画を阻止しようとする名探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが巻き起こす騒動を描く、製作アダム・マッケイ、監督、脚本イータン・コーエン、製作、主演ウィル・フェレルジョン・C・ライリーレベッカ・ホールレイフ・ファインズロブ・ブライドンケリー・マクドナルドスティーヴ・クーガン他共演のコメディ。


コメディ

レイフ・ファインズ / Ralph Fiennes / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:イータン・コーエン
製作
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
ジミー・ミラー
ジョーダン・シュア
製作総指揮
ジェシカ・エルバウム
クリス・ヘンチー
デヴィッド・ミムラン
M・ライリー
原作:アーサー・コナン・ドイル
脚本:イータン・コーエン
撮影:オリヴァー・ウッド
編集
エリック・ジェッセン
ディーン・ズィマーマン
音楽:マーク・マザースボー

出演
シャーロック・ホームズ:ウィル・フェレル
ジョン・ワトソン医師:ジョン・C・ライリー
グレース・ハート医師:レベッカ・ホール
ジェームズ・モリアーティ教授/ジェイコブ・マスグレイヴ:レイフ・ファインズ
レストレード警部:ロブ・ブライドン
マーサ・ハドソン夫人:ケリー・マクドナルド
グスタフ・クリンガー:スティーヴ・クーガン
ミリセント”ミリー”:ローレン・ラプカス
ヴィクトリア女王パム・フェリス
マイクロフト・ホームズ:ヒュー・ローリー
浮浪者の少女:ベラ・ラムジー
浮浪者の少女:スカーレット・グレイス
ドキシー:ノア・ジュープ
ブラウン:ブラウン・ストローマン
本人:ビリー・ゼイン
格闘技ファン:マイケル・バッファー
格闘技ファン:ブルース・バッファー

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2018年製作 90分
公開
北米:2018年12月25日
日本:未公開
製作費 $42,000,000
北米興行収入 $30,573,630
世界 $40,467,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1881年、ロンドン
ベーカー街221B。
名探偵として知られるシャーロック・ホームズ(ウィル・フェレル)と伝記作家でもある医師ジョン・ワトソン(ジョン・C・ライリー)は、捕らえられた宿敵で犯罪者ジェームズ・モリアーティ教授(レイフ・ファインズ)の裁判に向かう予定だった。

その2人が、決められた時間に証人として現れそうもないため、モリアーティは、”スコットランドヤード”のレストレード警部(ロブ・ブライドン)に余裕を見せる。

なかなか出かけられないホームズは、下宿の女主人マーサ・ハドソン夫人(ケリー・マクドナルド)にからかわれ、裁判の前に開けるようにというメモが付いた、モリアーティから届いた箱を渡される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1881年、ロンドン
名探偵シャーロック・ホームズと伝記作家でもある医師ジョン・ワトソンは、犯罪者である宿敵モリアーティ教授が逮捕を免れアメリカに逃亡したと考える。
そんなホームズは、モリアーティがヴィクトリア女王の暗殺計画を実行しようとしていることを知る。
ホームズとワトソンは、アメリカから来た女医のグレースと助手ミリーの協力を得て、2人と親交を深めながら暗殺計画を阻止しようとするのだが・・・。
__________

脚本家として活躍していたイータン・コーエンが、「ゲットハード/Get Hard」(2015)に続きウィル・フェレルと組み、監督と脚本を担当した作品。
ウィル・フェレルは、盟友アダム・マッケイと共に製作にも加わっている。

アーサー・コナン・ドイルの原作を基に、ヴィクトリア女王暗殺計画を阻止しようとする、名探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの活躍と、2人が巻き起こす騒動を描くコメディ。

ウィル・フェレル作品らしいと言えばそれまでなのだが、世界中で愛される原作を侮辱しているような下品で低俗な内容は酷評された。

様々な映画のパロディが登場し、ウィル・フェレルお得意の歌も披露してくれる楽しい内容に加え、主演の2人をはじめ、豪華スター競演も注目の作品なのだが、興行的にも失敗し、全世界トータルでも製作費4200万ドルを回収できなかった。

北米興行収入 $30,573,630
世界 $40,467,000

ラジー賞では6部門にノミネートされ、最低作品、最低監督、最低助演男優、最低リメイク・盗作・続編映画賞を受賞した。

続編も・・・?と思わせるようなラストなのだが、それもあり得ないだろう。

リアリズム作品ではなくコメディなので許されるが、クライマックスで登場する豪華客船”タイタニック”はその時代には存在しないし、それに乗船する、映画「タイタニック」(1997)の出演者ビリー・ゼイン”本人”の登場も意味不明。

そんな作品ではあるが、相性のいい2人、シャーロック・ホームズを演ずるウィル・フェレル、ジョン・ワトソン医師役のジョン・C・ライリーは、彼ららしい演技で熱演している。

主人公2人に協力する医師のレベッカ・ホールと助手を愉快に演ずるローレン・ラプカス、ホームズの宿敵ジェームズ・モリアーティ教授とその替え玉を演ずるレイフ・ファインズ、彼を逮捕しようとするスコットランドヤードのレストレード警部ロブ・ブライドン、暗殺計画の黒幕だったホームズの下宿の女主人ハドソン夫人のケリー・マクドナルド、事件に関わるタトゥーの彫り師スティーヴ・クーガンヴィクトリア女王パム・フェリス、ホームズの兄マイクロフトのヒュー・ローリー、浮浪者の少女ベラ・ラムジーとスカーレット・グレイス、クライマックスでモリアーティに電報を渡す少年ノア・ジュープ、ジムでワトソンと闘う巨漢の男ブラウン・ストローマン、ジムの格闘技ファン役マイケル・バッファーブルース・バッファー兄弟などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022