4452 Movies

ゲットハード/Get Hard Get Hard (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

超リッチなヘッジファンド・マネージャーが財産を奪われる陰謀に巻き込まれながら巻き起こす騒動を描く、監督、脚本イータン・コーエン、主演ウィル・フェレルケヴィン・ハートクレイグ・T・ネルソンアリソン・ブリーT.I.他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:イータン・コーエン

製作
クリス・ヘンチー
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
製作総指揮
ラヴィ・メータ
ケヴィン・メシック
ジェシカ・エルバウム
原案
アダム・マッケイ
ジェイ・マーテル
イアン・ロバーツ
脚本
ジェイ・マーテル
イアン・ロバーツ
イータン・コーエン
撮影:ティム・サーステッド
編集:マイク・L・セイル
音楽:クリストフ・ベック

出演
ジェームズ・キング:ウィル・フェレル
ダーネル・ルイス:ケヴィン・ハート
マーティン・バロー:クレイグ・T・ネルソン
アリッサ・バロー:アリソン・ブリー
リタ・ルイス:エドウィナ・フィンドリー
ラッセル:T.I.
マケイラ・ルイス:アリアナ・ニール
セシリオ:エリック・チャバリア
ローザ:カティア・ゴメス
ピーター・ペニー:グレッグ・ジャーマン
ゲイル:ポール・ベン=ヴィクター
本人:ジョン・メイヤー
ビッグ・マイク:ジョン・アイズ
ジャオア:ニート・ラリオザ
レオ:ダン・バッケダール
ジョジョ:ロン・ファンチズ
カーライル判事:エリオット・グレイ
ゲイの男性:マット・ウォルシュ
クリス:T・J・ジャゴダウスキー
ションダ:ドミニク・ペリー
本人:ジミー・ファロン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2015年製作 100分
公開
北米:2015年3月27日
日本:未公開
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $33,803,250
世界 $90,411,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ジェームズ・キング(ウィル・フェレル)は、絶望して涙する。

1か月前、ロサンゼルスベル・エアー
マーティン・バロー(クレイグ・T・ネルソン)が経営するウェルスロップ投資信託のヘッジファンド・マネージャーである超リッチなジェームズは、大邸宅で暮らしていた。

ジェームズは、バローの娘アリッサ(アリソン・ブリー)との結婚を控えていた。

ウェルスロップのビルの駐車場のガレージで洗車業を営むダーネル・ルイス(ケヴィン・ハート)は、看護師の妻リタ(エドウィナ・フィンドリー)と娘のマケイラ(アリアナ・ニール)と暮らしていた。

マケイラを治安がいい地域の学校に入れたいダーネルは、引っ越すことを考えていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルスベル・エアー
大邸宅で暮らす信託会社のヘッジファンド・マネージャーのジェームズ・キングは、社長のバローから共同経営者にすると言われ、娘アリッサとの結婚を祝福される。
ところが、婚約パティーの最中、ジェームズは詐欺、横領の容疑で逮捕される。
10年の刑を言い渡されたジェームズは、収監まで30日の猶予を与えられる。
絶望するジェームズは、小規模な洗車事業を営むダーネルを元犯罪者だと思い、刑務所に入るためのトレーニングを始めるのだが・・・。
__________

脚本家として活躍していたイータン・コーエンの長編、監督デビュー作品。

超リッチなヘッジファンド・マネージャーが、財産を奪われる陰謀に巻き込まれながら巻き起こす騒動を描く爆笑コメディ。

身長差30センチ以上の凸凹コンビ、リッチだが世間知らずのウィル・フェレルと凡人ではあるが正直なケヴィン・ハートの熱演が見所の作品。

受刑者となる主人公が囚人に襲われることを恐れ、トレーニングをするために、大邸宅を仮想刑務所にしてシュミレーションをするという奇抜なアイデアが実に可笑しい。

差別的なセリフや下品なシーンが多い中で、人間らしく正直に生きることの大切さを教えてくれる内容と、主人公二人の友情が微笑ましく描かれている。

ウィル・フェレル作品にしてはやや寂しいが、北米興行収入は約3400万ドル、全世界では約9000万ドルというまずまずの成績を残した。

自分の保身のため娘婿になる主人公を利用する投資信託会社の社長クレイグ・T・ネルソン、その娘である主人公の婚約者アリソン・ブリー、ダーネル(ケヴィン・ハート)の妻エドウィナ・フィンドリー、その娘アリアナ・ニール、ギャングのリーダーであるダーネルの従弟T.I.、主人公の使用人エリック・チャバリアとカティア・ゴメス、主人公の弁護士グレッグ・ジャーマン、バロー(クレイグ・T・ネルソン)の部下ポール・ベン=ヴィクター、主人公の婚約パーティーのゲストで本人役のジョン・メイヤー、主人公の出世に嫉妬する同僚ダン・バッケダール、主人公に判決を下す判事エリオット・グレイ、主人公の相手をするゲイの男性マット・ウォルシュ、ダーネルに惹かれるゲイの男性T・J・ジャゴダウスキー、主人公が惹かれるギャングの女ドミニク・ペリー、本人役でジミー・ファロンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021