4551 Movies

素晴らしき休日 Holiday (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

妹の結婚相手に恋してしまう富豪令嬢が巻き起こす騒動を描く、監督ジョージ・キューカー、主演キャサリン・ヘプバーンケーリー・グラントドリス・ノーランリュー・エアーズヘンリー・コルカーエドワード・エヴェレット・ホートン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・キューカー

製作:エヴェレット・リスキン
原作:フィリップ・バリーHoliday
脚本
ドナルド・オグデン・スチュワート
シドニー・バックマン
撮影:フランツ・プラナー
編集
アル・クラーク
オットー・マイヤー
音楽:シドニー・カトナー

出演
リンダ・シートン:キャサリン・ヘプバーン
ジョナサン”ジョニー”ケース:ケーリー・グラント
ジュリア・シートン:ドリス・ノーラン
エドワード”ネッド”シートンJr.:リュー・エアーズ
エドワード・シートンSr.:ヘンリー・コルカー
ニック・ポッター:エドワード・エヴェレット・ホートン
スーザン・ポッター:ジーン・ディクソン
ローラ・クラム:ビニー・バーンズ
シートン・クラム:ヘンリー・ダニエル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1938年製作 95分
公開
北米:1938年6月15日
日本:1939年2月8日


アカデミー賞
第11回アカデミー賞

・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
ジョナサン”ジョニー”ケース(ケーリー・グラント)は、友人の大学教授ニック・ポッター(エドワード・エヴェレット・ホートン)と教師である妻スーザン(ジーン・ディクソン)の元に向かう。

ジョニーが結婚することを知ったニックとスーザンは、レークプラシッドで知り合った女性ジュリア・シートン(ドリス・ノーラン)の話を聞くが、相手の家族のことなどを知らない彼が心配になる。

ジュリアの家に向かったジョニーは、巨大な建物に驚き裏口に向かう。

執事のヘンリーに案内されたジョニーは大邸宅に驚き、額を怪我して現れたジュリアの兄ネッド(リュー・エアーズ)が、教会に行くことを知る。

エレベーターで2階に上がったジョニーはジュリアに迎えられ、彼女が銀行家である大富豪シートン家の令嬢だと知る。

急に現実的になれなくなったジョニーは悩むものの、愛は変わらないと言ってエレベーター内でジュリアにキスする。

そこに姉のリンダ(キャサリン・ヘプバーン)が現れ、ジュリアはジョニーを紹介して結婚することを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ニューヨーク
苦労して育つものの努力して将来有望視される青年ジョナサン”ジョニー”ケースは、休暇先で知り合ったジュリアとの結婚を決意する。
ジュリアが銀行家である大富豪シートン家の令嬢だと知ったジョニーは、彼女の姉リンダに素性を探られる。
ジュリアの父親エドワードは、突然、結婚すると言われて戸惑うが、ジョニーが優秀なビジネスマンだと知り一応、納得する。
リンダは、ジョニーが長期休暇をとり人生の意味を探ろうとしていることを知り、ジュリアの幸せを願いつつ、彼に興味を持ち惹かれるのだが・・・。
__________

1928年に上演された、フィリップ・バリーの戯曲”Holiday”を基に製作された、1930年公開の”Holiday”のリメイク。

妹の結婚相手に恋してしまう富豪令嬢が巻き起こす騒動を描くロマンチック・コメディの秀作。

若くして多くの話題作を手掛けていたジョージ・キューカーが監督し、大成功した「新婚道中記」(1937)のケーリー・グラントアイリーン・ダンの共演が予定されたものの、ジョージ・キューカーキャサリン・ヘプバーンをヒロインに起用したという経緯がある。

風変わりな青年が登場してドタバタ・コメディ・タッチで始まるのだが、人生の意味を考えようとする彼の心の動きが焦点となり、それがヒロインに影響を与えてさらなるトラブルに発展する。
単純なコメディではなく、人生哲学を深く掘り下げた重みのあるセリフが心に残るドナルド・オグデン・スチュワートの見事な脚本、それを活かしながらのジョージ・キューカーの軽快な演出が見どころの作品。
ドナルド・オグデン・スチュワートは、舞台で大学教授ニック・ポッター役を演じた。

作品の評価は高かったものの、興行的には成功しなかった理由は、大恐慌で疲弊し職もない人々が多い中で、仕事を辞めて人生を見つめ直そうとする”ジョニー・ケース”の考えに、人々が共感できなかったからだと思われる。

映画の舞台となる、富豪シートン家の邸宅の豪華なセットは話題になり、第11回アカデミー賞では美術賞にノミネートされた。

主演のキャサリン・ヘプバーンは、富豪令嬢として何不自由ない日々を送りながらも、人生の目標が見つけられないロマンチストの女性を好演し、周囲と違う考えが彼女に影響を与える風変わりな青年を演じ、度々アクロバティックな演技も見せてくれる、ケーリー・グラントの熱演も見ものだ。

ジョニー(ケーリー・グラント)との結婚を決意するものの、相手の考えを尊重しない富豪令嬢ドリス・ノーラン、その兄で、アルコール依存症リュー・エアーズ、その父親である富豪の銀行家ヘンリー・コルカー、1930年版でも同じ役を演じている、ジョニーの友人である大学教授エドワード・エヴェレット・ホートン、その妻ジーン・ディクソン、主人公のいとこヘンリー・ダニエル、その妻ビニー・バーンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021