4551 Movies

ゴールデン・ボーイ Golden Boy (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1937年に上演された、クリフォード・オデッツの戯曲”Golden Boy”を基に製作された作品。
ボクシングの世界で生きる女性と音楽家とボクサー人生の選択に悩む青年との関係を描く、監督ルーベン・マムーリアン、主演バーバラ・スタンウィックアドルフ・マンジューウィリアム・ホールデンリー・J・コッブジョセフ・カレイア他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ルーベン・マムーリアン

製作:ウィリアム・パールバーグ
原作:クリフォード・オデッツGolden Boy
脚本
サラ・Y・メイソン
ヴィクター・ヒアマン
ルイス・メルツァー
ダニエル・タラダッシュ
撮影
ニコラス・ムスラカ
カール・フロイント
編集:オットーマイヤー
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ローナ・ムーン:バーバラ・スタンウィック
トム・ムーディ:アドルフ・マンジュー
ジョー・ボナパルト:ウィリアム・ホールデン
ボナパルト:リー・J・コッブ
エディ・フュゼリ:ジョセフ・カレイア
シギー:サム・レヴェーン
ロキシー・ルイス:エドワード・ブロフィ
アンナ:ベアトリス・ブリン
カープ:ウィリアム・H・ストラウス
ボルネオ:ドン・ベドー
ドレイク:チャールズ・レイン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1939年製作 99分
公開
北米:1939年9月5日
日本:1940年4月


アカデミー賞
第12回アカデミー賞

・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
ボクシング・エージェントのトム・ムーディ(アドルフ・マンジュー)は妻との離婚を考え、アシスタントのローナ・ムーン(バーバラ・スタンウィック)と結婚するつもりだった。

ムーディは、ジムの使いで来たボクサーで、イタリア系アメリカ人のジョー・ボナパルト(ウィリアム・ホールデン)から、期待のボクサー、ネルソンが手首を折ったことを知らされて焦る。

経営危機だったムーディーは頭を抱え、ジョーはネルソンの代わりに自分を売り込むものの、相手にされない。

ローナと共にジムに着いたムーディは、怪我をしたネルソンを非難して追い出す。

ムーディは、トレーナーのボルネオ(ドン・ベドー)から、ジョーがスパーリングでネルソンを倒したことを知らされて憤慨するが、21歳の彼に賭けてみることをローナに提案され、仕方なく戦わせることにする。

ジョーは、食料品店を経営する父(リー・J・コッブ)に電話をして、遅くなることを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ニューヨーク
ボクシング・エージェントのムーディは妻との離婚を考え、世話をしてきたアシスタントのローナ・ムーンとの結婚を決意する。
ムーディーは、自分に売り込む若いボクサーのジョーにチャンスを与え、彼の活躍で経営難を脱することができる。
実は音楽家になる夢もあったジョーは、父の期待に応えたいとも思っていた。
そんなジョーは、大金を手に入れられるボクシングを選び、支えてくれるローナとの関係を深めながら才能を開花させるのだが・・・。
__________

クリフォード・オデッツの戯曲”Golden Boy”を基に製作され、グルジア(現ジョージア)出身であり、舞台でも活躍し話題作を手掛けていたルーベン・マムーリアンが監督した作品。

大金を手に入れられるボクシングか、父の望む音楽家としての人生を歩むかで悩む青年の生き方を中心に、彼に関わる女性との恋や家族との関係を描くドラマ。

ようやく幸せを掴みかけた幸薄い女性が、現れた青年の生き方に心を動かされ、彼と苦楽を共にして人生を歩む決心をする姿が、ルーベン・マムーリアンの繊細且つ力強い演出と共に描かれた秀作。

主演は、ボクシング・エージェントの愛人であり、心乱れる女性を好演するバーバラ・スタンウィックではあるが、物語の中心人物は前年にデビューした21歳のウィリアム・ホールデンで、ボクサーと音楽家の選択で苦悩する青年を熱演し、ハリウッドを代表するスターになる資質を見せてくれる。
この共演をきっかけにして、2人の友情は1981年にウィリアム・ホールデンが亡くなるまで続き、彼女が1982年アカデミー名誉賞を授与された際に、前年に亡くなった彼について”・・・私のゴールデン・ボーイ・・・”と語ったスピーチが記憶に残る。
”A few years ago, I stood on this stage with William Holden as a presenter. I loved him very much, and I miss him. He always wished that I would get an Oscar. And so, tonight, my golden boy, you got your wish.”

息子の幸せを願い音楽家にしたい、ウィリアム・ホールデンの父親を演ずるリー・J・コッブの、撮影当時27歳とは思えない見事な演技も見逃せない。

ドラマを盛り上げるヴィクター・ヤングの音楽は印象的で、第12回アカデミー賞では、作曲賞にノミネートされた。

妻と離婚し主人公(バーバラ・スタンウィック)との結婚を考えるボクシング・エージェントのアドルフ・マンジュー、ジョー(ウィリアム・ホールデン)や周囲を利用して金儲けを考えるマフィアのボス役ジョセフ・カレイア、ジョーの義兄サム・レヴェーン、ジョーの姉ベアトリス・ブリン、ジョーのマネージャー役エドワード・ブロフィ、ボナパルト(リー・J・コッブ)の友人ウィリアム・H・ストラウス、ジョーのトレーナー役ドン・ベドー、新聞記者チャールズ・レイン などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021