4551 Movies

別働隊 Captain Carey, U.S.A. (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦時に裏切り者に同僚を殺されたアメリカ”OSS/戦略情報局”工作員の復讐を描く、監督ミッチェル・ライゼン、主演アラン・ラッドワンダ・ヘンドリックスフランシス・レデラージョセフ・カレイア他共演の犯罪サスペンスであるフィルム・ノワール


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ミッチェル・ライゼン

製作:リチャード・メイボーム
原作:マーサ・オルブランドAfter Midnight
脚本:ロバート・ソーレン
撮影:ジョン・F・サイツ
編集:アルマ・マクロリー
音楽:ヒューゴ・フリードホーファー

出演
ウェブスター・ケアリー大尉:アラン・ラッド
ジュリア・デ・グレフィ男爵夫人:ワンダ・ヘンドリックス
ロッコ・デ・グレフィ男爵:フランシス・レデラー
ルナティ医師:ジョセフ・カレイア
フランチェスカ・デ・クレシ伯爵夫人:セリア・ラヴスキー
カルロ・デ・クレシ伯爵:リチャード・アヴォンデ
ルイージ:フランク・プーリア
サンドロ:ルイス・アルバーニ
セラフィナ:アンジェラ・クラーク
マンフレード・アクート:ローランド・ウィンタース
フランク:ポール・リーズ
ナンシー:ジェーン・ナイ
ピエトロ:ラス・タンブリン
アンジェリーナ:バージニア・ファーマー
盲目の音楽家:デヴィッド・レオナルド
刑事:エルヌー・ヴェレベス
シモンズ:レイ・ウォーカー
村人:アルゼンチン・ブルネッティ
村人:ジノ・コラード

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1950年製作 83分
公開
北米:1950年2月21日
日本:1951年7月10日


アカデミー賞
第23回アカデミー賞

・受賞
歌曲賞”Mona Lisa”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1944年、第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のイタリア
アメリカの”OSS/戦略情報局”工作員グループは、ドイツが支配する鉄道システムを破壊しようとしていた。

オルタ
OSSのウェブスター・ケアリー大尉(アラン・ラッド)とフランク(ポール・リーズ)は、協力者ルイージ(フランク・プーリア)の家で待機していた。

ケアリーは、ルイージの息子マリオの危険を知らせる”モナ・リザ”の曲で警戒する。

マリオの妻セラフィナ(アンジェラ・クラーク)から、パルチザンとここで会わないでほしいと言われケアリーは、ルナティ医師(ジョセフ・カレイア)の家で待ち合わせることにする。

フランクと共に船で島のクレシ家の城に向かったケアリーは、愛し合うジュリア・デ・クレシ(ワンダ・ヘンドリックス)に迎えられ、隠れ家の地下で、入手した敵の列車の配置予定表を確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1944年、第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のイタリア
アメリカの”OSS/戦略情報局”工作員ウェブスター・ケアリー大尉は、裏切りにより同僚と協力者だった恋人ジュリアを殺され負傷する。
戦後に帰国したケアリーは、戦地の隠れ家の城にあった絵を、街角のショウウィンドウで見つける。
その絵を売った者が裏切り者だと考えたケアリーはイタリアに向かい、現地で調査を始める。
隠れ家だった島の城に向かったケアリーは、生きていたジュリアが男爵ロッコと結婚したことを知り、危険を感じながら裏切り者を捜そうとするのだが・・・。
__________

1948年に発表された、マーサ・オルブランドの小説”After Midnight”を基に製作された作品。

第二次大戦時に、裏切られて同僚を殺されたアメリカ”OSS/戦略情報局”工作員の復讐を描く、犯罪サスペンスであるフィルム・ノワール

美術監督、そしてコスチューム・デザイナーとしても活躍したミッチェル・ライゼンの監督作品であり、主人公が戦時中に使った城のセット、戦後の主人公のスーツの着こなしや貴族の衣裳などで、彼の才能が活かされている。

イタリア北部の町を舞台に、戦中から戦後の混乱期の中で、主人公が裏切り者を捜す執念の復讐劇が緊張感と共に描かれた、見応えあるサスペンスに仕上がっている。

冒頭から登場する、主人公に危機を知らせる曲”モナ・リザ”が効果的に使われ、第23回アカデミー賞では歌曲賞を受賞した。
また、本作公開直後にナット・キング・コールにより歌われたこの曲は、大ヒットしてスタンダード・ナンバーとなった。

主演のアラン・ラッドは甘いマスクでありながら、裏切り者を捜す復讐鬼のような男を熱演している。
アメリカ人にしては小柄(168cm)な彼だが、それを全く感じさせない、堂々たる雰囲気でスクリーンを支配する演技も注目だ。

戦中に主人公と愛し合い協力する島の城に住む貴族であり、陰謀に巻き込まれるワンダ・ヘンドリックス、その夫である男爵のフランシス・レデラー、主人公に協力的ではあるが、怪しい雰囲気の町医者ジョセフ・カレイア、ヒロインの祖母である伯爵夫人セリア・ラヴスキー、その孫リチャード・アヴォンデ、戦中の主人公の協力者フランク・プーリア、その息子の妻アンジェラ・クラーク、その息子ラス・タンブリン、ホテルのオーナー役ルイス・アルバーニ、絵の密輸に関与した男ローランド・ウィンタース、殺される主人公の同僚で工作員のポール・リーズ、帰国後の主人公の恋人ジェーン・ナイ、城の使用人バージニア・ファーマー、主人公に協力する盲目の音楽家デヴィッド・レオナルド、主人公を監視する刑事のエルヌー・ヴェレベス、アメリカ領事館員のレイ・ウォーカー、村人のアルゼンチン・ブルネッティジノ・コラードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021