4451 Movies

グッド・ボーイズ Good Boys (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

思春期を迎えた仲良し3人組の少年たちが巻き起こす騒動を描く、製作セス・ローゲン、監督、脚本ジーン・スタプニツキー、主演ジェイコブ・トレンブレイ、キース・L・ウィリアムズ、ブレイディ・ヌーン他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジーン・スタプニツキー

製作
セス・ローゲン
リー・アイゼンバーグ
エヴァン・ゴールドバーグ
ジェームズ・ウィーヴァー
製作総指揮
ジョシュ・フェイゲン
ブラッディ・フジカワ
ジョン・パワーズ・ミドルトン
脚本
ジーン・スタプニツキー
リー・アイゼンバーグ
撮影:ジョナサン・ファーマンスキー
編集:ダニエル・ギャブ
音楽:ライル・ワークマン

出演
マックス:ジェイコブ・トレンブレイ
ルーカス:キース・L・ウィリアムズ
ソー:ブレイディ・ヌーン
ハンナ:モリー・ゴードン
リリー:ミドリ・フランシス
ソーレン:アイザック・ワン
ブリクスリー:ミリー・デイヴィス
ベンジー:ジョシュ・カラス
マックスの父親:ウィル・フォーテ
ルーカスの父親:リル・レル・ハウリー
ルーカスの母親:レッタ
セールスの女性:ミカエラ・ワトキンス
サックス巡査:サム・リチャードソン
テイラー:メイシー・ジュイルズ
スカウト:ゾリア・ウォン
マーカス:クリスチャン・ダレル・スコット
アティカス:チャンス・ハーツフィールド
ソーレンの母親:ベニータ・ハ
クロード:スティーヴン・マーチャント
リー:リー・アイゼンバーグ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 89分
公開
北米:2019年8月16日
日本:2020年6月12日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $83,140,310
世界 $111,037,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
思春期を迎えた6年生のマックス(ジェイコブ・トレンブレイ)は、様々なことに興味を持ち始める。

出張で出かける父親(ウィル・フォーテ)は、仕事用のドローンには絶対に触るなとマックスに伝える。

マックスは、親友のルーカス(キース・L・ウィリアムズ)とソー(ブレイディ・ヌーン)と共に、”ビーンバッグ”というチームを作りいつも一緒に行動していた。

高校生のハンナ(ブレイディ・ヌーン)は、ボーイフレンドのベンジー(ジョシュ・カラス)といちゃついていたところをマックスらに見られる。

苛立つベンジーは3人を追い払う。

その日3人はソーの家に泊ることになり、マックスは、憧れのブリクスリー(ミリー・デイヴィス)のことを考えるだけで幸せな気分になる。

翌日、ルーカスとソーは、ライバルの”スケーター・ボーイズ”のリーダー、アティカス(チャンス・ハーツフィールド)を意識するが、マックスはブリクスリーのことで頭が一杯で、彼女にプレゼントするネックレスを作っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
思春期を迎えた6年生のマックス、ルーカス、ソーは、”ビーンバッグ”というチームを作り、いつも行動を共にしていた。
同級生のソーレンの家のパーティーに招待されたマックスは、キスゲームがあることを知り、憧れのブリクスリーにキスするチャンスだと考える。
キス未経験のマックスは、触ることを父に禁じられていたドローンを使い、近所の女子高生ハンナの家を盗撮してキスの仕方を知ろうとするのだが・・・。
__________

セス・ローゲンが製作を担当し、製作者、脚本家として活躍していたジーン・スタプニツキーの長編初監督作品。

6年生の少年3人組が巻き起こす騒動を描いた作品なのだが、大人向け映画だとしてもきわどいセリフの連続で、小学生を主人公にした内容にも拘わらず、その下品さは信じ難いほどだ。

その下品なユーモアに頼り過ぎている感じはあるが、出演者の魅力的な演技と、人生の厳しさを教えるメッセージ性のある内容は批評家から高い評価を受けた。

2000万ドルで製作された作品は、北米興行収入約8300万ドル、全世界では約1億1100万ドルという、予想をはるかに上回るヒットとなった。

期待の子役スターである主演のジェイコブ・トレンブレイは、思春期を迎えて様々なことを体験する少年を熱演している。

主人公の親友で、両親の離婚で悩む真面目な少年キース・L・ウィリアムズ、同じく親友で、歌が好きでプライドが高いブレイディ・ヌーン、彼ら3人と共に騒動を巻き起こす女子高生モリー・ゴードンミドリ・フランシス、その弟で主人公の同級生アイザック・ワン、主人公が憧れる少女ミリー・デイヴィス(「ワンダー」2017でもジェイコブ・トレンブレイと共演)、ドラッグのディーラーでもある大学生ジョシュ・カラス、主人公の父親ウィル・フォーテ、マーカス(キース・L・ウィリアムズ)の両親リル・レル・ハウリーレッタ、ドローン売り場の女性ミカエラ・ワトキンス、警官のサム・リチャードソン、主人公の同級生で後に仲良しになる少女メイシー・ジュイルズとゾリア・ウォン、主人公の同級生クリスチャン・ダレル・スコット、チャンス・ハーツフィールド、ソーレン(アイザック・ワン)の母親ベニータ・ハ、主人公3人から心肺蘇生用の人形を買う青年スティーヴン・マーチャントなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021