That's Movie Talk!     4099 Movies

ワンダー Wonder (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

遺伝子疾患で普通の人とは違う顔で生まれた少年の苦悩や喜びそして家族愛を描く、監督、脚本スティーヴン・チョボスキー、主演ジュリア・ロバーツオーウェン・ウィルソンジェイコブ・トレンブレイイザベラ・ヴィドヴィッチ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・チョボスキー
製作
デヴィッド・ホバーマン
トッド・リーバーマン
製作総指揮
ジェフ・スコール
ロバート・ケッセル
マイケル・ビューグ
R・J・パラシオ
アレクサンダー・ヤング
原作:R・J・パラシオWonder
脚本
スティーヴン・チョボスキー
スティーヴ・コンラッド
ジャック・ソーン
撮影:ドン・バージェス
編集:マーク・リヴォルシー
音楽
マーセロ・ザーヴォス
ビー・ミラー

出演
イザベル・プルマン:ジュリア・ロバーツ
ネイト・プルマン:オーウェン・ウィルソン
オーガスト”オギー”プルマン:ジェイコブ・トレンブレイ
オリヴィア”ヴィア”プルマン:イザベラ・ヴィドヴィッチ
トゥシュマン校長:マンディ・パティンキン
ブラウン:ダヴィード・ディグス
リサ:ソニア・ブラガ
ミランダ:ダニエル・ローズ・ラッセル
ジャスティン・ホランダー:ナジ・ジーター
ジャック・ウィル:ノア・ジュープ
サマー:ミリー・デイヴィス
ジュリアン・オールバンズ:ブライス・ガイザー
シャーロット・コディ:エル・マッキノン
オールバンズ夫人:クリスタル・ロウ
ペトーサ:アリ・リーバート
マイルズ:カイル・ハリソン・ブライトコフ
エディ:ウィリアム・ディッキンソン
ヘンリー:ジェームズ・ヒューズ
エイモス:タイ・コンシリオ

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2017年製作 113分
公開
北米:2017年11月17日
日本:2018年6月15日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $132,422,810
世界 $305,937,720


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークブルックリン
10歳の少年オーガスト”オギー”プルマン(ジェイコブ・トレンブレイ)は、”フランスシェッティ‐クレーン症候群”が原因で顔が変形して生まれ、27回の手術を繰り返した。

顔を隠すためにいつも宇宙服ヘルメットを被るオギーは、父ネイト(オーウェン・ウィルソン)と母イザベル(ジュリア・ロバーツ)、姉のオリヴィア”ヴィア”(イザベラ・ヴィドヴィッチ)、そして愛犬デイジーと共に暮らしていた。

イザベルは、自宅学習で自分が教えていたオギーを、新学期から学校に通わせようと考えるものの、ネイトはそれに反対する。

オギー

入学を控えて緊張するオギーは、イザベルに連れられて夏休み中の学校に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブルックリン
フランスシェッティ‐クレーン症候群”が原因で顔が変形して生まれ、27回の手術を繰り返した10歳の少年オーガスト”オギー”プルマンは、母イザベルの家庭学習を受けていたが、新学期から学校に通うことになる。
両親イザベルとネイト、姉ヴィアに見送られて登校したオギーは、生徒たちの視線を気にしながら授業を受ける。
クラスメイトのジュリアンの嫌がらせに遭いながらもジャックと仲良くなったオギーは、少しずつ学校に慣れるのだが・・・。
__________

2012年に発表された、R・J・パラシオのベストセラー小説”Wonder”を基に製作された作品。

小説家及び脚本家でもあるスティーヴン・チョボスキーの監督作品(脚本兼)で、遺伝子疾患”フランスシェッティ‐クレーン症候群”のために、普通の人とは違う顔で生まれた少年の苦悩や喜びそして家族愛を描くドラマ。

まだ10歳であるため親の保護を受けているものの、様々な体験をして苦悩しながら日々を送る少年が、初めて経験する学校という外の世界に戸惑いつつ、家族や友人たちに支えながら成長していく姿が活き活きと描かれている、辛いことを必ず経験するのが人生であることを教えてくれる感動のドラマ。

本作は批評家、一般から好評価を受けて絶賛され、北米興行収入は約1億3200万ドル、全世界では3億ドルを超す大ヒットとなった。

第90回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

主人公が、容姿が原因でイジメられる展開など、全てが予想できる内容の中で、これだけ人の心に訴える物語に仕上げた、スティーヴン・チョボスキーの演出と脚本は見事だ。

息子の将来を考え学校に行かせる決断をする母親ジュリア・ロバーツ、家族を愛する優しい父親オーウェン・ウィルソン、ハンデを背負いながら別世界に挑戦する主人公の少年を好演するジェイコブ・トレンブレイ、弟思いの姉イザベラ・ヴィドヴィッチ、子供たちの成長を温かく見守る校長のマンディ・パティンキン、主人公の担任である英語教師ダヴィード・ディグス、主人公の亡くなった祖母ソニア・ブラガ、ヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)の親友ダニエル・ローズ・ラッセル、ヴィアと親交を深める学生のナジ・ジーター、主人公の親友になる少年ノア・ジュープ、同じく女子生徒のミリー・デイヴィス、主人公に嫌がらせをする少年ブライス・ガイザー、その母親クリスタル・ロウ、主人公のクラスメイト、エル・マッキノン、理科の教師アリ・リーバート、主人公のクラスメイトで、はじめはイジメに加わるもののその後に親友になるカイル・ハリソン・ブライトコフ、ウィリアム・ディッキンソン、ジェームズ・ヒューズ、タイ・コンシリオなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up