4215 Movies

オズの魔法使 The Wizard of Oz (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1900年に発表された、ライマン・フランク・ボーム同名小説の映画化。
アメリカで最も愛されている児童文学であり教育推薦映画としても認められている、ハリウッド映画史上に残る不朽の名作にしてファンタジー・ミャージカルの傑作。
製作マーヴィン・ルロイ、監督ヴィクター・フレミング、主演ジュディー・ガーランドフランク・モーガンレイ・ボルジャーバート・ラージャック・ヘイリービリー・バーク他共演。


ミュージカル

ジュディ・ガーランド / Judy Garland / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィクター・フレミング
製作:マーヴィン・ルロイ
原作:ライマン・フランク・ボーム
脚本
ノエル・ラングレイ

フローレンス・ライアソン
エドガー・アラン・ウルフ
編集:ブランシュ・セーウェル
美術・装置
セドリック・ギボンズ

ウィリアム・A・ホーニング
音楽
ハロルド・アレン

ハーバート・ストサート
エドガー・イプセル・ハーバーグ虹の彼方に”(作詞)

出演
ジュディ・ガーランド:ドロシー・ゲイル
フランク・モーガン:マーヴェル教授/門番/御者/オズの魔法使
レイ・ボルジャー:ハンク / かかし
バート・ラー:ジーク / 臆病ライオン
ジャック・ヘイリー:ヒッコリー/ ブリキ男
ビリー・バーク:北の魔女(良い)グリンダ
マーガレット・ハミルトン:ミス・ガルチ/西の意地悪な魔女
チャーリー・グレープウィン:ヘンリー・ゲイル
クララ・ブランディック:エム・ゲイル

アメリカ 映画
配給 MGM

1939年製作 101分
公開
北米:1939年8月15日
日本:1954年12月22日
製作費 $2,777,000
北米興行収入 $14,836,980
世界 $16,538,430


アカデミー賞 ■
第12回アカデミー賞
・受賞
作曲・歌曲
特別賞(ジュディ・ガーランド)
・ノミネート
作品・美術・撮影(カラー)・特殊効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カンザスの片田舎。
おじのヘンリー・ゲイル(チャーリー・グレープウィン)と、おばのエム(クララ・ブランディック)夫妻に育てられているドロシー(ジュディ・ガーランド)は、意地の悪い地主ミス・ガルチ(マーガレット・ハミルトン)に、愛犬トトが彼女を襲ったと言われ奪われそうになる。

家に帰ったドロシーは、早速、おじ夫婦や使用人のハンク(レイ・ボルジャー)、ジーク(バート・ラー)、そしてヒッコリー(ジャック・ヘイリー)に、そのことを聞いてもらおうとするが、皆、忙しくてドロシーにかまっていられなかった。

その後、ドロシーは、家に現れたミス・ガルチにトトを取り上げられてしまう。

しかし、トトはドロシーの元に逃げ戻ってきてしまい、ドロシーは、おじ夫婦に叱られると思い家出してしまう。

ドロシーは、途中で出会った占い師マーヴェル教授(フランク・モーガン)から、家族が心配していることを占いで知らされ、家に戻ることにする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カンザス
おじ夫婦と暮らす少女ドロシー・ゲイルは、愛犬トトを意地の悪い地主ガルチに奪われたことをきっかけに、家出してしまう。
しかし、出会った占い師に、家族が心配していると言われドロシーは家に戻る。
竜巻に巻き込まれたドロシーは気絶して別世界で目覚める。
カンザスに帰るために、オズの魔法使に会うことになったドロシーは、親切な良い魔女グリンダの導きでエメラルドの国を目指すことになる。
途中ドロシーは、知恵を欲しがるかかし、ハートを欲しがるブリキ男、勇気を欲しがるライオンに出会い彼らの協力を得る。
ドロシーは、悪い西の魔女の妨害に遭いながらも、ようやくエメラルドの国にたどり着くのだが・・・。
__________

自分を思ってくれる家族や友人、故郷の大切さを、実に楽しく明確に教えてくれる、子供から大人まで十分に楽しめる素晴らしい作品。

1989年、アメリカ議会図書館国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第12回アカデミー賞では、作品賞をはじめ6部門でノミネートされ、作曲と歌曲、ジュディ・ガーランドが特別賞を受賞した。
・ノミネート
作品・美術・撮影(カラー)・特殊効果賞

後に”オズの魔法使”の代名詞とも言える存在になる、愛くるしい16才のジュディ・ガーランドのドロシー役は、既にスターだったとはいえ、傑出した魅力で輝きを放っている。

故郷の外の世界を見てみたい気持を歌う、心にしみる「虹の彼方に」のジュディ・ガーランドの歌声は今後も世界中の人々に永遠に親しまれるだろう。

夢のシーンの総天然色カラー映像は、1930年代の作品とはとても思えない驚く程の美しさだ。

同年「風と共に去りぬ」(1939)でアカデミー監督賞を受賞したヴィクター・フレミングの、多彩な登場人物をバランスよく描写した演出も見事だ。

オズの魔法使と占い師マーベル教授他のフランク・モーガン、ハンクとかかしのレイ・ボルジャー、ジークとライオン役のバート・ラー、ヒッコリーとブリキ男役のジャック・ヘイリー、 おじチャーリー・グレープウィンとおばクララ・ブランディックらの、ドロシーを温かく見守る人々の優しさも心和む。

夢の世界で、ドロシーを幾たびも助ける良い魔女のビリー・バーク、現実と夢の世界の両方で意地悪な役のマーガレット・ハミルトンなどが共演している。

参考:
かかし役レイ・ボルジャーは、当初はブリキ男に配役され、それが不満で製作者マーヴィン・ルロイを説得して、かかし役に変更された。

当初かかし役だったバディー・イブセンは、それを承諾しブリキ男役を引受けるのだが、撮影開始の9日目にアルミニウムの銀色のメイクにアレルギーを起こしてしまい、ジャック・ヘイリーに交代したという裏話がある。

バディー・イブセンは、テレビの「じゃじゃ馬億万長者」で有名だが往年のミュージカルにも多数出演している。
ティファニーで朝食を」(1961)で、主人公ホリー(本名ルーラメイ・バーンズ)演ずるオードリー・ヘップバーンを田舎に連れ戻そうとする夫役も演じている。

ブリキ男ジャック・ヘイリーの息子ジャック・ヘイリーJr.は、後に「ザッツ・エンターテインメント」(1974)を監督し、当時の彼の妻はライザ・ミネリであり、彼女の母がジュディ・ガーランドというのも何かの縁だろうか。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020