4213 Movies

シェーン Shane (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1949年に発表された、ジャック・シェーファー同名小説の映画化。
悪党の嫌がらせに遭う開拓民に手を貸す孤独な流れ者のガンマンを描く、製作、脚本ジョージ・スティーヴンス、主演アラン・ラッドジーン・アーサーヴァン・ヘフリンブランドン・デ・ワイルドジャック・パランスベン・ジョンソン他共演による、映画史上に残る西部劇の名作。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・スティーヴンス
製作:ジョージ・スティーヴンス
原作:ジャック・シェーファー
脚本:A・B・ガスリーJr.
撮影:ロイヤル・グリグス
編集
ウィリアム・ホーンベック

トム・マクアドー
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
シェーン:アラン・ラッド

マリアン・スターレット:ジーン・アーサー
ジョー・スターレット:ヴァン・ヘフリン
ジョーイ・スターレット:ブランドン・デ・ワイルド
ジャック・ウィルソン:ウォルター・ジャック・パランス
クリス・キャロウェイ:ベン・ジョンソン
ルーファス・ライカー:エミール・メイヤー
フランク・トーリ:イライシャ・クックJr.
リズ・トーリ:エレン・コービー

アメリカ 映画
配給 パラマウン・ピクチャーズ

1953年製作 118分
公開
北米:1953年4月23日
日本:1953年10月20日
製作費 $3,100,000
北米興行収入 $20,000,000


アカデミー賞 ■
第26回アカデミー賞
・受賞
撮影賞(カラー)
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウォルター・ジャック・パランス/ブランドン・デ・ワイルド)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワイオミング
開拓地のある牧場に、1人の流れ者(アラン・ラッド)が現れる。

男は開拓民のジョー・スターレット(ヴァン・ヘフリン)の家に立ち寄り、彼に挨拶する。

その後、男は、スターレットの息子ジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)が持つライフルに敏感に反応する。

その直後、立ち退きを要求する近隣地域を牛耳るルーファス・ライカー(エミール・メイヤー)とその手下達の姿が見え、男はスターレットにその仲間と間違われ追い帰される。

しかし、男はそこに現れたライカー一味を見ると、スターレットの友人だと言って彼に加勢し、一味を追い払ってしまう。

スターレットは男に謝罪し夕食に招待し、改めて挨拶して彼を歓迎する。

その男シェーンは、スターレットの妻マリアン(ジーン・アーサー)の手料理でもてなされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
流れ者のガンマン、シェーンは、開拓地の入植者スターレットの家に立ち寄る。
スターレットは、シェーンが立ち退きを要求している地域を牛耳るライカーの手下だと思い込む。
しかし、シェーンは現れたライカーを追い払うため、スターレットに加勢する。
誤解の解けたスターレットは、シェーンに謝罪して、妻マリアンと息子ジョーイと共に彼を歓迎する。
その後、シェーンはスターレットの手伝いをすることになり、拳銃を外して開拓民達と共に生活を始める。
町に向かったシェーンは、ライカーの手下クリスの嫌がらせに遭いながら、無抵抗のまま帰ってくる。
シェーンを慕うジョーイは、彼を腰抜けだと言う開拓民の言葉が信じられずにいた。
再び家族と共に町に向かったシェーンは、ジョーイの前で、戦う勇気を見せるためにクリスらに立ち向かう。
そして、シェーンが、開拓民とは違う人種だと気づいたライカーは、早撃ちの殺し屋ウィルソンを雇い呼び寄せる・・・。
__________

西部劇にはよくありがちな流れ者の物語なのだが、原作に基づき、少年ジョーイの視点から描いているところが注目だ。

ジョージ・スティーヴンスらしい、派手さを押さえたきめ細やかで現実味のある演出は見事で、特にスターレット一家の母子がシェーンを慕う姿、開拓民の苦悩や生活の描写などが素晴しい。

第26回アカデミー賞では、撮影賞(カラー)を授賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優
(ウォルター・ジャック・パランス/ブランドン・デ・ワイルド)
脚本賞

1993年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

実際にワイオミングで行われ、アカデミー賞を獲得した撮影そしてロケが、素朴さと逞しさを感じさせる作品に、見事な効果をあげている。

ヴィクター・ヤングの美しい主題曲”遥かなる山の叫び声”と共に、少年ジョーイがシェーンに別れを告げる映画史上に残るラストシーンは秀逸だ。

同じくクライマックスの決闘シーンも、数ある西部劇の中でも屈指の名シーンとなった。

アメリカ人としては非常に小柄なアラン・ラッド(165cm)なのだが、何箇所かを除き、大男の悪党ベン・ジョンソン(188cm)達と同じ画面に登場しても全く見劣りしない力強さがある。
ジャック・パランスは193cm

イデス・ヘッドの担当する洒落た衣装で登場するジョン・ウェインなどとは違い、大き目のだぶついた鞣革の上着にガンベルトという、やや野暮ったいアラン・ラッドの現実に近い衣装もいい。

小柄な体とは対照的な、ドスの利いた低い声も印象的だ。

当時、既に50歳を過ぎていたとは思えないジーン・アーサーの質素な美しさと、思慮深く優しい温かみのある母親役の好演も見逃せない。

開拓者として逞しく生きようとするヴァン・ヘフリンの熱演も光る。

その後、1972年に30歳の若さでこの世を去ることになるブランドン・デ・ワイルドの、飾り気のない少年役は忘れられない名演となりアカデミー助演賞候補にもなった。

出番は少ない、同じく同賞候補になるウォルター・ジャック・パランスの凄みのある殺し屋役も出色で、あの不敵な面構えは、誰にも真似できないだろう。

当時は”ウォルター”も付け加えられてクレジットされていた。

後年のクリント・イーストウッド作品「ペイルライダー」(1985)は、リメイクではないが、多くの場面で本作と同じ状況が登場する。

シェーンの人柄に触れ、改心する悪党ベン・ジョンソン、悪党のボス、エミール・メイヤー、やたらに粋がるがあっさりとジャック・パランスに殺される開拓民のイライシャ・クックJr.、その妻エレン・コービーなど、それぞれの個性を活かした役柄を演ずる共演者も好演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020