4352 Movies

勝利への潜航 Hellcats of the Navy (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争下、日本軍の機雷を調査し輸送航路を突き止めようとするアメリカ海軍潜水艦の活躍を描く、監督ネイザン・ジュラン、主演ロナルド・レーガンナンシー・デイヴィスアーサー・フランツ他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:ネイザン・ジュラン

製作:チャールズ・H・シニア
原作
”Hellcats of the Sea”
チャールズ・A・ロックウッド
ハンス・クリスチャン・アダムソン
脚本
デヴィッド・ラング
バーナード・ゴードン
撮影:アーヴィングリップマン
編集:ジェローム・トムズ
音楽:ミーシャ・バカレイニコフ

出演
ケイシー・アボット中佐:ロナルド・レーガン
ヘレン・ブレア中尉:ナンシー・デイヴィス
ドン・ランドン少佐:アーサー・フランツ
フレディ・ウォーレン:ロバート・アーサー
チャールズ・A・ロックウッド海軍中将:モーリス・マンソン
ポール・プレンティス中尉:ウィリアム・レスリー
キャロル:ウィリアム・フィリップス
ウェス・バートン中尉:ハリー・ラウター
チェスター・W・ニミッツ海軍元帥:セルマー・ジャクソン
チャーリー中尉:マイケル・ガース
チック:ジョー・ターケル
ジャグ:ドン・キーファー
本人:チェスター・W・ニミッツ海軍元帥

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1957年製作 82分
公開
北米:1957年5月
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
太平洋戦争下。
アメリカ海軍の潜水艦”スターフィッシュ”の艦長ケイシー・アボット中佐(ロナルド・レーガン)は、日本の輸送船航路の機雷に近づいたことを、副官のドン・ランドン少佐(アーサー・フランツ)から知らされる。

潜水隊を準備させるようアボットから指示されたランドンは、眠っていたウェス・バートン中尉(ハリー・ラウター)を起こす。

アボットの恋人で看護師のヘレン・ブレア中尉(ナンシー・デイヴィス)とデートしたことを話すランドンから、彼女を諦めるようにと言われたバートンだったが、その気はなかった。

日本軍の機雷が探知機に反応しない理由を調べるため、その回収を命ぜられたバートンらは、潜水服を着て海中に向かう。

作業は終わり艦は浮上するものの、バートンの姿が見えない。

敵が近づき、アボットは艦内に入るようランドンらに指示する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
太平洋戦争下。
アメリカ海軍の潜水艦”スターフィッシュ”の艦長ケイシー・アボット中佐は、日本海域に接近するための機雷調査の任務に就いていた。
機雷回収時に敵に攻め込まれたアボットは、1人の部下をやむを得ず見捨てる決断をする。
アボットは、その判断に納得がいかない副官のランドンと対立しながら、敵施設の破壊作戦に成功し、日本の輸送航路を突き止めようとするのだが・・・。
__________

1955年に発表された、チャールズ・A・ロックウッドハンス・クリスチャン・アダムソンの小説”Hellcats of the Sea”を基に製作された作品。

アメリカ国防総省海軍の全面協力により製作された作品であり、太平洋戦争時に”太平洋艦隊司令長官”だったチェスター・W・ニミッツ海軍元帥が冒頭で登場し、部下の武勲を称えるメッセージを伝える。

命令に従い任務を遂行しつつ、非情な決断を迫られ部下を失った潜水艦艦長の苦悩が切実に描かれ、戦争映画としての醍醐味も楽しめる作品に仕上がっている。

その苦悩する艦長を熱演する俳優時代のロナルド・レーガンと、彼と既に結婚していたナンシー・デイヴィスが、恋人である看護師役を演じている。

主人公と対立する副官アーサー・フランツ、主人公の上官チャールズ・A・ロックウッド海軍中将のモーリス・マンソン、乗組員のロバート・アーサー、ウィリアム・レスリー、ウィリアム・フィリップス、ハリー・ラウター、マイケル・ガース、ジョー・ターケルドン・キーファーチェスター・W・ニミッツ海軍元帥のセルマー・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020