4315 Movies

チャッピー Chappie (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

警察ロボットとして開発されたAI(人工知能)を搭載するドロイドが人間の”意識”を持ち進化しながら犯罪に巻き込まれる姿を描く、監督、脚本ニール・ブロムカンプ、主演シャールト・コプリーデーヴ・パテールニンジャヨーランディ・ヴィッサーヒュー・ジャックマンシガニー・ウィーバー他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ニール・ブロムカンプ

製作:サイモン・キンバーグ
製作総指揮:ベン・ウェイスブレン
脚本
ニール・ブロムカンプ
テリー・タッチェル
撮影:トレント・オパロック
編集
ジュリアン・クラーク
マーク・ゴールドブラット
音楽:ハンス・ジマー

出演
チャッピー:シャールト・コプリー
ディオン・ウィルソン:デーヴ・パテール
ニンジャ:ニンジャ
ヨーランディ:ヨーランディ・ヴィッサー
アメリカ:ホセ・パブロ・カンティージョ
ヴィンセント・ムーア:ヒュー・ジャックマン
ミシェル・ブラッドリー:シガニー・ウィーバー
ヒッポ:ブランドン・オーレット
ピットブル:ジョニー・セレマ
本人:アンダーソン・クーパー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2015年製作 120分
公開
北米:2015年3月6日
日本:2015年5月23日
製作費 $49,000,000
北米興行収入 $31,569,270
世界 $102,069,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
あるジャーナリストは、”チャッピー”のような予想外の進歩はあり得ると考え、MITの認知科学者は、これほど早く現実化されるとは思わなかったという意見を述べる。

18か月前、南アフリカヨハネスブルグ
犯罪が多発する街の治安を守るために、警察にAI/人工知能を搭載した世界初のロボット警官隊が配備される。

CNNアンダーソン・クーパー360°”。
アンダーソン・クーパーは、ロボットを開発した大手兵器メーカー”テトラバール”を特集し、CEOのミシェル・ブラッドリー(シガニー・ウィーバー)の取材の様子などを伝える。

テトラバール側は、心配されるハッキング対策もガードキーによって万全であると発表している。

エンジニアのヴィンセント・ムーア(ヒュー・ジャックマン)は、AIには信仰的に反対し、人間が操作するロボット”ムース”を開発していた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
南アフリカヨハネスブルグ
犯罪が多発する街の治安を守るために、警察にAI(人工知能)を搭載した世界初のロボット警官隊が配備される。
警官ロボット”スカウト”のAIを開発した大手兵器メーカー”テトラバール”のエンジニアのディオンは、より人間に近い更なるプログラムの開発を、CEOのミシェルから許可されなかった。
納得いかないディオンは、廃棄されたドロイドとプログラム・インストール用のガードキーを持ち出して家に向かう途中、ギャングのニンジャらに誘拐されてしまう。
街を支配しようとするギャングのヒッポに脅されていたニンジャは、ドロイドを利用して現金輸送車の襲撃を考え、ディオンにそれを組み立てさせる。
”チャッピー”と名付けられた、今までとは違う”意識”をインストールされたドロイドは、赤ん坊のように知識を吸収していく。
一方、戦闘用のロボット”ムース”の開発予算を削られていたディオンの同僚であるエンジニアのヴィンセントは、ディオンを恨み行動を探り妨害しようとするのだが・・・。
__________

第9地区」(2009)で世界的な名声を得て、「エリジウム」(2013)もヒットさせたニール・ブロムカンプが脚本も兼ねた注目作品。

ニール・ブロムカンプの出身地であるヨハネスブルグを舞台に、AI(人工知能)を搭載した警官ロボットと、そのプログラムを利用した犯罪に立ち向かう開発者の活躍を描くSFアクション。

単なるAIよりも更に進化した、人間の”意識”を持つ知能が開発されるという発想自体はありがちではあるが、それが搭載されたドロイドが、生まれたばかりの人間の赤ん坊のような状態から知識を吸収していく様子を描く描写が興味深い。

実写と合体させたドロイドの映像は自然だが、犯罪都市と化している街の雰囲気などは、ヨハネスブルグなど現地でロケをしているにも拘らず、どこかアメリカ的であるところに斬新さがない。

批評家の評価も低く、北米興行収入は約3200万ドルに留まったが、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

ニール・ブロムカンプと組むのは三作目となり、主人公であるドロイド”チャッピー”の声だけを担当するシャールト・コプリー、警官ロボット”スカウト”のAIの開発者で、新たに”意識”をプログラムして、チャッピーを犯罪者から救おうとするエンジニアのデーヴ・パテール、チャッピーを犯罪に利用しようとするギャングのニンジャ、その仲間で、母親のようにしてチャッピーに優しく接するヨーランディ・ヴィッサー、同じく仲間のホセ・パブロ・カンティージョ、ディオン(デーヴ・パテール)の開発の陰で戦闘用ロボットの予算を削られて彼を恨むエンジニアのヒュー・ジャックマン、その上司であるCEOシガニー・ウィーバー、街を支配しようとするギャングのブランドン・オーレット、本人として登場するジャーナリストのアンダーソン・クーパーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020