That's Movie Talk!     3978 Movies

チャンピオン Champion (1949) 4.12/5 (34)

  •  
  • 14
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

成功を夢見て野望に向かい突き進みボクサーとしての才能を開花させてチャンピオンになった男の生き様を描く、製作スタンリー・クレイマー、監督マーク・ロブソン、主演カーク・ダグラスマリリン・マクスウェルアーサー・ケネディポール・スチュワートルース・ローマン他共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト
監督:マーク・ロブソン

製作:スタンリー・クレイマー
原作:リング・ラードナー”Champion”
脚本:カール・フォアマン
撮影:フランク・プラナー
編集:ハリー・W・ガースタッド
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
マイケル”ミッジ”ケリー:カーク・ダグラス
グレース・ダイアモンド:マリリン・マクスウェル
コニー・ケリー:アーサー・ケネディ
トミー・ヘイリー:ポール・スチュワート
エマ:ルース・ローマン
パーマー・ハリス:ローラ・オルブライト
ジェローム・ハリス:ルイス・ヴァン・ロッテン
ルー:ハリー・シャノン
ジョニー・ダン:ジョン・デイ
ハモンド:ラルフ・サンフォード
マーガレット・ケリー:エスター・ハワード

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1949年製作 99分
公開
北米:1949年5月20日
日本:1951年8月17日
製作費 $600,000
北米興行収入 $2,500,000


アカデミー賞
第22回アカデミー賞

・受賞
編集賞
・ノミネート
主演男優(カーク・ダグラス
助演男優(アーサー・ケネディ
脚色・撮影(白黒)・音楽賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴからカリフォルニアに向かうマイケル”ミッジ”ケリー(カーク・ダグラス)と脚の悪い兄コニー(アーサー・ケネディ)は、貨物列車の車両で男たちに襲われる。

コニーに飛び降りるよう指示したミッジは、男たちに痛めつけられて金を奪われ、車両から突き落とされる。

無事を確認したミッジとコニーは、ヒッチハイクで車を止めて、運転していたボクサーのジョニー・ダン(ジョン・デイ)にロサンゼルスに向かうことを伝える。

恋人グレース・ダイアモンド(マリリン・マクスウェル)に反対されたジョニーだったが、席は空いていると言って、カンザスシティに向かうことを二人に伝えて車に乗せる。

知人からカフェの権利を買ったと言って、写真をジョニーに見せたミッジは、愛想のないグレースの態度が気になる。

カンザスシティ
ジョニーが試合をする会場で車を降りたミッジとコニーは、ドリンクを売れば金になると言ってくれたジョニーに感謝し、愛想のないグレースと別れる。

その場で雇ってもらえないミッジは、コニーを侮辱されたためにトラブルを起こす。

試合を控えるボクサーが、目の傷で試合は無理だと判断されたプロモーターのハモンド(ラルフ・サンフォード)は、腕っぷしの強そうなミッジを、35ドルの報酬で代わりに出場させる。

ボクシングの経験もないミッジは、リングで何とか戦い抜き、リングサイドにいたグレースに気づくものの相手にされない。

トミー・ヘイリー(ポール・スチュワート)という男から声をかけられたミッジは、素人だがガッツがあると言われ、ボクシングを本格的にやることを勧められる。

それを断るミッジに、気が変わったらロサンゼルスの”ブレディーズ・ジム”に来るようにと言われ、ハモンドの元に向かう。

経費を差し引いて10ドルしか渡さないことに腹を立てたミッジは、脅されたために引き下がろうとするが、ハモンドを殴って逃げ去る。

その後、コニーと共に目的のカフェに向かったミッジは、ウエイトレスのエマ(ルース・ローマン)に、自分達が店のオーナーであることを伝えて、共同経営者のバドのことを尋ねる。

娘のエマに呼ばれたオーナーのルー(ハリー・シャノン)は、店を売る気はないと言って、バドをクビにしたことをミッジとコニーに伝える。

月100ドル、住み込みという条件で雇うことをルーから提案されたミッジとコニーは納得するしかなく、エマには手を出すなと言われる。

その後、コニーと共に店で働き始めたミッジは、エマと惹かれ合うようになる。

コニーもエマが気になる存在となり、海岸で楽しむ二人を見つる。

いつも幸せでないような雰囲気のミッジと話しをしたエマは、気ままに生きるつもりであり、善良では金は稼げないと言われる。

ミッジから、成功して金持ちになり、母親を大切にするという考えを聞いたエマは、彼との愛を確かめる。

家に戻ったエマは、二人に近づくことをよく思わないルーから、出て行った母親と同じだと言われる。

その後、結婚話を持ち出されたミッジは、その気がないことを伝えて、まだ時期が早いと言って彼女を納得させる。

銃を手にして現れたルーに、自分たちは結婚するとエマは伝える。

それを否定するミッジだったが、ルーの指示で無理矢理結婚させれれることになる。

結婚はするものの、ルーとエマにハメられたと言うミッジは納得できず、コニーと共にその場を去りロサンゼルスに向かう。

職業紹介所で”ブレディーズ・ジム”の張り紙を見たミッジとコニーは、その場に向かいトミーに話しかける。

足を洗ったと言うトミーは、腐りきった業界には関わらない方がいいとミッジに伝える。

納得しないミッジが、必ず成功すると言って引き下がらないため、仕方なくマネージャーを引き受けたトミーは、厳しいトレーニングを始めさせる。

ミッジにすべてを教えたトミーは、彼に試合を組み満足いく戦いをさせる。

コニーから、公言したことができると証明できたのだからやめるべきだと言われたミッジは納得できない。

リング上で相手を殺したがっていると言われたミッジは、それが悪いことなのか理解できない。

自分を苦しめている者達に復讐しているようだと言われたミッジは、それがよくないことだと考えるコニーに、自分にはリッチな生活が見えると伝えて説得する。

エマのことが気になり、何通も手紙を書いたコニーだったが、宛先人不明で戻ってきてしまう。

その後、ボクサーとしての才能を開花させたミッジは、連勝を続ける。

カンザスシティ
かつてピンハネされてハモンドから25ドルを取り戻したミッジは、その場でも完勝する。

シカゴ
稼げるようになったミッジは、母マーガレット(エスター・ハワード)に新しい部屋をプレゼントする。

ランキングを4位まで上げたミッジは、1位のジョニーと戦えるチャンスがあることをトミーから知らされる。

ニューヨーク
ジョニーとの王者を懸けた対戦を控えるミッジは、引退間近のジョニーを勝たせて王者を譲り、1年待てば自分のものになるという業界の掟をトミーから知らされる。

今後も稼ぎ続けるにはそれに従うしかないミッジは、仕方なく納得する。

リングに上がったミッジは、ジョニーから次は勝てると言われ、リングサイドで、業界の大物ジェローム・ハリス(ルイス・ヴァン・ロッテン)の隣りに座るグレースを見つめる。

自分を軽蔑するグレースの態度に憤慨したミッジは、ゴングと同時にジョニーを攻めまくり、ノックアウトして勝利してしまう。

リングを下りたミッジは、グレースに住所を教えてその場を去る。

控室に向かい、コニーにタクシーを呼ぶよう指示したトミーは、急いで逃げようとする。

路地から通りに出ようとしたコニーは、何者かに襲われる。

控室を出たトミーは男たちが待ち構えていることに気づき、ミッジを先に逃がして電話を掛けようとするものの、何者かに殴り倒される。

リングで男たちに襲われたミッジは、叩きのめされる。

ジョニーに賭けて損をした相場師たちにミッジが襲われた事件は、新聞で報道される。

脅迫に屈せずに試合に勝ったミッジは、痛い目に遭ったものの英雄となる。

タイトルマッチも決まったミッジは、結果はよかったと言って、傷つき落ち込むコニーとトミーを励ます。

グレースから電話があり部屋に呼ばれたミッジは、自分のペースに引き込み操る彼女の虜になる。

ハリスにミッジのことを話したグレースは、彼が金になることを伝えて、連れてくるようにと言われる。

グレースに連絡がつかなくなったミッジは、ニューヨークでは試合はできないと言うトミーの話を聞こうとせずに街に留まる。

ミッジをじらすことに成功したグレースは、部屋に現れた彼に、ハリスと契約することを提案する。

トミーを裏切れないミッジは、借金もあることをグレースに伝えるものの、彼女に説得される。

ハリスに会ったミッジは、マンハッタンの街並みを見つめながら、自分と組めばすべてを手に入れることができて、ボクシング以外の世界でも成功できると言われて納得する。

その件をトミーに話したミッジは、借金のことを訊かれたために必ず返すと伝える。

現れたコニーにその話をしたトミーは、操り人形だとミッジに伝えてその場を去る。

父親同然だった恩人のトミーとを追い払ったミッジを責めるコニーは、エマ、ジョニー、トミーを裏切ったミッジを見限る。

バーで働いていたエマと再会して話をしたコニーは、彼女が職を転々としていたことを知る。

再婚したルーとは会っていないと言うエマは、ミッジのことを尋ねない理由を訊かれる。

新聞で知っていると答えたエマは、離婚しない理由を訊かれても明確には答えず、ミッジは離婚したいのかとコニーに尋ねる。

自分は離婚してもいいと伝えたエマは席を外して涙し、コニーから、病気の母のところに一緒に行ってもらいたいと言われる。

ミッジの妻でもあるし、使うべき金もあると言われたエマは、彼はそれを望んでいないと伝える。

コニーから、ミッジはやがて帰るので寄りを戻すなら最後のチャンスだと言われたエマは、自分に好意を寄せる彼に、ミッジのことがまだ忘れられないと伝えながら、指輪をはめてもらう。

その後、チャンピオンとなったミッジは、ハリスから妻のパーマー(ローラ・オルブライト)を紹介される。

ナイトクラブでパーマーと踊ったミッジは、彼女が彫刻家であることを知る。

その後ミッジは、パーマーと共に行動し、美術館に向かい彫刻を見る。

同じ頃、ジョニーが復帰戦に勝利し、ミッジとの再戦も考えられた。

パーマーの彫刻のモデルになったミッジは、ハリスと結婚した理由を訊かれ、学生時代に家が財産を失い、女優を目指していた時にハリスと出会って結婚したと答える。

ハリスは自分を尊敬しているので後悔はしていないとミッジに伝えたパーマーは、今では違うはずだと言われて動揺する。

強引に迫られたパーマーは、ミッジを拒むことはできなかった。

二人の関係に気づいたグレースは嫉妬してミッジに結婚を迫り、それを拒む彼から、自部は既婚者だと言われる。

それを信じないグレースに、シカゴに行ったら実家を訪ね、そこにケリー夫人がいなければ結婚すると伝えたミッジは、彼女から騙されたと言われる。

結婚のことは一度も訊かれなかったとグレースに伝えたミッジは、もうどうなってもいいと言って、金を使うだけの教養のない彼女を相手にしない。

かつて同じ仕打ちをされたと言うミッジは、今度は自分が同じ目に遭わせると伝える。

なんでもすると言うグレースだったが、ミッジはそれを拒む。

最悪のスキャンダルにすると言われたミッジは、病院行きになるとパーマーに伝えて脅し、彼女を追い払う。

年間最優秀アスリートに選ばれたミッジはスピーチし、記者から次の試合のことを訊かれるものの、タフな試合が続いたので少し休むと答える。

表彰式の件をラジオで知ったマーガレットはミッジを誇りに思うことをコニーに伝えて、シカゴに戻ることを願う。

ミッジが帰るとは思えないエマは、それを考えることに疲れたと言いながら、この世には他にも男性はいると伝える。

それが自分であることを確認したコニーは、エマと互いの愛を確かめ合う。

ハリスからミッジとの関係を問われたパーマーは、それを認めて、彼と結婚したいことを伝える。

ミッジは相応しくない相手だとパーマーに伝えたハリスは、すべて金で考えるのは自分の仕事であり、彼以上に君を必要としていると言って理解を求める。

そこにミッジが現れたことに気づいたパーマーは、すべて自分が正しいことを証明すると彼女に伝えて彼を招き入れる。

用意してあった小切手を受け取ったミッジは、ハリスから、ジョニーと6月に試合を組んだことを知らされる。

急がなくてもいいと言うミッジに、金遣いが荒いからであり、借金も返してほしいと伝える。

去ろうとするミッジを呼び止めたハリスは、パーマーの件で話があると伝えて、トラブルは避けたいことと、彼女は手放したくないと言って彼を牽制する。

ミッジが納得しないために、ハリスは、借金を帳消しにして契約書も破棄していいと伝える。

更にダニーの賞金6万5000ドルは全額渡すと言われたミッジは、それをあっさりと受け入れてパーマーを失望させる。

ジョニーとの対戦に備えて特訓をするべきだとミッジに助言して見送ったハリスは、ショックを受けるパーマーと共に食事に出かける。

その後、母が危篤というコニーからの電報を受けたミッジは動揺する。

トミーを部屋に呼び借金を返したミッジは、報酬の10%で彼に協力を求める。

1/3なら引き受けると言われたミッジはそれに同意し、明日は街を離れるので、来週からトレーニングを始めることを伝える。

シカゴ
マーガレットの家に着いたミッジはエマに迎えられ、母が亡くなったことをコニーから知らされる。

エマが自分と離婚してコニーと結婚することを知ったミッジは、それを喜ぶものの、試合まで待ってほしいと伝える。

迷惑をかけた埋め合わせをしたいと言うミッジは、トミーが戻ってきたことをコニーに伝えて、二人に協力を求める。

これが最後の試合で引退も考えていると言うミッジのために、エマの気持ちを確認したコニーは、協力することをミッジに伝える。

トレーニングを始めたミッジは、自分を避けるエマの態度が気になり、その理由を尋ねる。

憎んではいないと伝えたエマは、ミッジから、まだ気があるはずだと言われてキスされ、それを拒むことができない。

試合当日。
控室で準備をするミッジは、コニーからエマがいなくなったと言われ、彼女を2度も傷つけたことを責められる。

最低の男だと罵られたミッジはコニーを殴り倒してしまい、呼ばれたためにリングに向かう。

起き上がったコニーも会場に向かい、グレース、ハリスとパーマーなどがリングサイドに現れる。

ゴングが鳴り、ジョニーからいきなりダウンを奪ったミッジは、幸先いいスタートを切る。

その後は互角の戦いが続き、終盤に向かいジョニーが攻勢に出る。

ダウンしたミッジはゴングに救われ、トミーから、これ以上は無理なのでタオルを投げると言われるものの、戦い抜く考えを変えない。

ゴングが鳴りダウンを奪われたミッジは万事休すと思われたが、グレースの顔を睨みつけて立ち上がり反撃する。

ジョニーからダウンを奪ったミッジは、ノックアウト勝ちで勝利する。

控室に戻ったミッジは、正気を失ったように興奮して勝利を実感する。

金持ちのおもちゃにはなりたくないと言うミッジはロッカーを殴り、トミーに助けを求めながら意識を失う。

ミッジが倒れたことを駅で知ったエマは、コニーの元に向かう。

控室から出てきたトミーは、ミッジが脳内出血で亡くなったことを、集まっていた記者達に伝える。

記者からコメントを求められたコニーは、エマとトミーを見つめながら、ミッジはチャンピオンだったと伝える。

ミッジはチャンピオンとして試合に挑み、ボクシング界の誇りを背負い世を去ったと伝えたコニーは、エマと共にその場を去る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シカゴからカリフォルニアに向かうマイケル”ミッジ”ケリーと脚の悪い兄コニーは、友人と共にカフェを共同経営するつもりだった。
ヒッチハイクで車に乗せてもらったボクサーのジョニーから、会場の仕事を紹介されたミッジだったが、ジョニーの恋人グレースに冷たい態度をされる。
負傷したボクサーの代わりに試合に出たミッジは、マネージャーのトミーから、素人だがガッツがあると言われてボクサーになることを勧められる。
それを断ったミッジは、コニーと共にカフェに向かうものの、友人に騙されたことを知り、その場で住み込みで働くしかなかった。
カフェのオーナー、ルーの娘エマと惹かれ合うようになり、責任を取らされて無理矢理結婚させられたミッジは、彼女を捨ててコニーと共にロサンゼルスに向かう。
トミーに再会してマネージャーを頼んだミッジは、その後、ボクサーとしての才能を開花させて連勝を続けるのだが・・・。
__________

1916年に発表された、リング・ラードナーの小説”Champion”を基に製作された作品。

プロデューサーとして活躍し始めたスタンリー・クレイマーによる2作目の製作作品であり、同年齢の若手監督マーク・ロブソンと組んだスポーツドラマの秀作。

無一文である放浪者同様の男がなり上がっていく物語自体は平凡ではあるが、その過程で、人を裏切りながらも成功を掴み、最期には燃え尽きてしまう姿が力強く描かれた、見応えのある作品に仕上がっている。

繊細な人物描写による複雑な人間関係を描くマーク・ロブソンの演出も見もので、パワフルな主人公の雰囲気を表現するディミトリ・ティオムキンの音楽も印象に残る。

フィルム・ノワールに分類される作品でもあり、そのイメージを感じさせるフランク・プラナーの映像も注目だ。

第22回アカデミー賞では編集賞を受賞し、主演男優(カーク・ダグラス)、助演男優(アーサー・ケネディ)、脚色、撮影(白黒)、音楽賞(ドラマ・コメディ)にノミネートされた。

30代前半にして円熟味も感じさせる主演のカーク・ダグラスは、成功を手にして燃え尽きるボクサーを熱演している。

当初は浮浪者のような主人公を相手にしないものの、金になると思うと近づく魔性の女的な存在マリリン・マクスウェル、主人公を見守る思慮深い兄を好演するアーサー・ケネディ、主人公のマネージャー兼トレーナーのポール・スチュワート、主人公と結婚するものの愛が叶えられずに苦悩する女性ルース・ローマン、カフェのオーナーであるその父親ハリー・シャノン、ボクシング業界の大物ルイス・ヴァン・ロッテン、その妻で主人公と愛し合うローラ・オルブライト、主人公のライバルであるボクサーのジョン・デイ、主人公に最初に試合をさせるプロモーターのラルフ・サンフォード、主人公の母親エスター・ハワードなどが共演している。



  •  
  • 14
  •  
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up