4260 Movies

キャッツ Cats (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1939年に発表された、T・S・エリオットの詩集”キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法”を基にした、アンドルー・ロイド・ウェバーの空前のロングラン・ヒット・ミュージカル”キャッツ”の映画化。
製作、監督、脚本トム・フーパー、出演フランチェスカ・ヘイワードジュディ・デンチイドリス・エルバジェニファー・ハドソンレベル・ウィルソンジェームズ・コーデンイアン・マッケランテイラー・スウィフトローリー・デヴィッドソンロビー・フェアチャイルド他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:トム・フーパー

製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
トム・フーパー
製作総指揮
アンドルー・ロイド・ウェバー
アンジェラ・モリソン
ジョー・バーン
原作
アンドルー・ロイド・ウェバーキャッツ
T・S・エリオットキャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法
脚本
リー・ホール
トム・フーパー
撮影:クリストファー・ロス
編集:メラニー・オリヴァー
音楽:アンドルー・ロイド・ウェバー

出演
白猫ヴィクトリア:フランチェスカ・ヘイワード
オールド・デュトロノミー:ジュディ・デンチ
マキャヴィティ:イドリス・エルバ
グリザベラ:ジェニファー・ハドソン
Mr.ミストフェリーズ:ローリー・デヴィッドソン
マンカストラップ:ロビー・フェアチャイルド
ジェニエニドッツ:レベル・ウィルソン
バストファー・ジョーンズ:ジェームズ・コーデン
ラム・タム・タガー:ジェイソン・デルーロ
劇場猫”ガス”アスパラガス:イアン・マッケラン
ボンバルリーナ:テイラー・スウィフト
スキンブルシャンクス:スティーヴン・マックレー
マンゴジェリー:ダニー・コリンズ
ランペルティーザ:ナオイム・モーガン
グロールタイガー:レイ・ウィンストン
カッサンドラ:メット・トーレイ
ディミータ:ダニエラ・ノーマン
プラトー:ラリー・ブルジョア
ソクラテス:ロラン・ブルジョア
コリコパット:ジェイ・バトート
ジェミマ:ジョナデット・カルピオ
アロンゾ:ブルーイー・ロビンソン
ジェリーロラム:フレヤ・ローリー
エレクトラ:イダ・サキ
タントミール:ジジ・ストラレン
アドメートス:エリック・アンダーウッド
グリドルボーン:メリッサ・マッデン・グレー

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 110分
公開
イギリス:2019年12月20日
北米:2019年12月20日
日本:2020年1月24日
製作費 $95,000,000
北米興行収入 $27,166,800
世界 $73,834,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
路地に捨てられた白猫ヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)は、現れた猫の集団”ジェリクルキャッツ”に出会う。

その様子を見ていた犯罪者のマキャヴィティ(イドリス・エルバ)は、ヴィクトリアに言い寄る。

ジェリクルキャッツの元に戻ったヴィクトリアは、リーダーのマンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド)と手品猫Mr.ミストフェリーズ(ローリー・デヴィッドソン)から、年に一度の月夜の舞踏会”ジェリクボール”が”エジプシャン・シアター”で開催されることを知らされる。

長老オールド・デュトロノミー(ジュディ・デンチ)が、夜明け前に生まれ変われる猫を発表し、天上に昇れることを知ったヴィクトリアは、歌で競い合うと言うマンカストラップから猫たちを紹介される。

昼間は座って過ごし太ってしまったガンビー・キャットのジェニエニドッツ(レベル・ウィルソン)は、夜になるとネズミやゴキブリの教育をしていた。

ジェニエニドッツをからかう、わがままであまのじゃくなラム・タム・タガー(ジェイソン・デルーロ)は、ヴィクトリアらメス猫たちを魅了する。

そこに嫌われ者のグリザベラ(ジェニファー・ハドソン)が現れ、ヴィクトリアは、かつてスターだった彼女がマキャヴィティと組んだことを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
路地に捨てられた白猫ヴィクトリアは、猫の集団”ジェリクルキャッツ”に出会う。
ヴィクトリアは、リーダーのマンカストラップから、年に一度の月夜の舞踏会”ジェリクボール”が”開かれ、長老オールド・デュトロノミーが、生まれ変われる猫を発表し、選ばれた者が天上に昇れることを知らされるのだが・・・。
__________

T・S・エリオットの詩集を原作に、1981年5月11日にロンドンウエスト・エンドニュー・ロンドン・シアターで初演され、全世界でロングランを続ける大ヒット・ミュージカルの映画化。

製作と脚本を兼ねたトム・フーパーが監督し、”ロイヤル・バレエ団”のプリンシパルであるフランチェスカ・ヘイワードをはじめとした世界的なダンサー、ベテラン俳優のジュディ・デンチ他、豪華スター競演などが話題になった作品。

しかし、本作は各方面で酷評され、1億ドルに迫る製作費をかけた超大作ではあるものの、北米興行収入は約2700万ドルに留まり、全世界でも約7400万ドルに終わり、ラジー賞の主要部門を総なめにした大失敗作でもある。

映画化ということもあり、視覚的に最先端技術を使うことは仕方ないとしても、猫たちの造形が気味悪いだけで、見るに堪えないというのが正直な感想だ。

才能ある一流のダンサーと実力派人気スターの個性も活かしきれないトム・フーパーの演出も平凡であり、駄作に終わってしまったのは、ミュージカル・ファンにとっては非常に残念だ。

白猫ヴィクトリアのフランチェスカ・ヘイワード、ジェリクルキャッツの長老オールド・デュトロノミーのジュディ・デンチ、犯罪王マキャヴィティのイドリス・エルバ、天上に昇る者として選ばれるグリザベラのジェニファー・ハドソン、手品猫Mr.ミストフェリーズのローリー・デヴィッドソン、ジェリクルキャッツのリーダー、マンカストラップのロビー・フェアチャイルド、”ギャンビー・キャット”ジェニエニドッツのレベル・ウィルソン、太ったセレブ猫バストファー・ジョーンズのジェームズ・コーデン、わがままであまのじゃくなラム・タム・タガーのジェイソン・デルーロ、劇場猫”ガス”アスパラガスのイアン・マッケラン、セクシーなメス猫ボンバルリーナのテイラー・スウィフト、鉄道猫スキンブルシャンクスのスティーヴン・マックレー、泥棒猫マンゴジェリーのダニー・コリンズとランペルティーザのナオイム・モーガン、マキャヴィティと組むグロールタイガーのレイ・ウィンストン、メス猫カッサンドラのメット・トーレイ、ディミータのダニエラ・ノーマン、プラトーのラリー・ブルジョア、ソクラテスのロラン・ブルジョア、オス猫コリコパットのジェイ・バトートとタントミールのジジ・ストラレン、子猫ジェミマのジョナデット・カルピオとエレクトラのイダ・サキ、オス猫アロンゾのブルーイー・ロビンソン、メス猫ジェリーロラムのフレヤ・ローリー、アドメートスのエリック・アンダーウッド、ペルシャ猫グリドルボーンのメリッサ・マッデン・グレーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020