4501 Movies

アンクル・ドリュー Uncle Drew (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チームを失ったストリートボールのコーチが、かつての名選手を集めた老人チームでトーナメントの”ラッカー・クラシック”に挑む姿を描く、監督チャールズ・ストーン三世、主演カイリー・アービングリル・レル・ハウリーシャキール・オニールクリス・ウェバーレジー・ミラーネイト・ロビンソンリサ・レスリーエリカ・アッシュ他共演のスポーツ・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・ストーン三世
製作
マーティ・ボーウェン
ウィク・ゴッドフリー
脚本:ジェイ・ロンギノ
撮影:カーステン・ゴピナス
編集
ジェフ・フリーマン
ショーン・ヴァラ
音楽:クリストファー・レナーツ

出演
アンクル・ドリュー:カイリー・アービング
ダックス・ウィンスロー:リル・レル・ハウリー
ビッグ・フェラ:シャキール・オニール
プリーチャー:クリス・ウェバー
ウィルバー”ライツ”ウォレス:レジー・ミラー
ブーツ:ネイト・ロビンソン
ベティ・ルー:リサ・レスリー
マヤ:エリカ・アッシュ
アンジェロ:J・B・スムーヴ
ルイス:マイク・エップス
ジェス:ティファニー・ハディッシュ
ムーキー・バス:ニック・クロール
キャスパー・ジョーンズ:アーロン・ゴードン
マリオ:ウェズリー・ウィザースプーン
レフリー:バリー・ラーセン

カメオ出演
セレマ・マセケラ
ジョン・カリパリ
ジョン・ハモンド
スクープ・ジャクソン
ピー・ウィー・カークランド
アール・モンロー
クリス・マリン
ビル・ウォルトン
ジョージ・ガービン
スティーブ・ナッシュ
デヴィッド・ロビンソン
ジェリー・ウェスト
ディケンベ・ムトンボ
ニーニー・リークス
リック・バリー
リック・ロス
スコット・ヴァン・ペルト

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2018年製作 103分
公開
北米:2018年6月29日
日本:2018年11月9日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $42,469,950
世界 $46,664,410


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークハーレム
数々の伝説を生んだ”ストリートボール”の聖地”ラッカー・パーク”で、かつて最高のプレーヤーと言われた男がいた。

その男アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)は、1968年に仲間達と共に”ラッカー・クラシック”を勝ち進んだ。

しかし、チームメイトの恋人を決勝前夜に寝取ったドリューは、チームと共に試合に現れず失踪してしまった・・・。

ラッカー”のチャンピオンを狙うチームのコーチ、ダックス・ウィンスロー(リル・レル・ハウリー)は、少年時代に”マイケル・ジョーダン”に憧れていたものの、あることがきっかけでプレーを諦めてしまった。

大物プレーヤーのキャスパー・ジョーンズ(アーロン・ゴードン)がいるために自信を見せるダックスは、練習中に現れた、”ラッカー”で7回優勝したライバルのムーキー・バス(ニック・クロール)にからかわれる。

ムーキーがキャスパーを引き抜こうとしていることを気にするダックスは、キャスパーとの信頼関係を確認する。

養護施設で育ったダックスは、”マイケル・ジョーダン”のことばかり考えながら成長し、バスケットボールの才能を発揮する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークハーレム
ストリートボール”のトーナメント”ラッカー・クラシック”で優勝を目指すコーチのダックスは、かつて”マイケル・ジョーダン”に憧れていたバスケ少年だったが、たった一度のミスにより選手を諦めた辛い過去があった。
そんなダックスは、ライバルのムーキーに主力選手キャスパーらを引き抜かれてしまい、チームを失う。
賞金10万ドルを当てにしていた恋人ジェスにも捨てられたダックスは、友人アンジェロから、伝説のプレイヤー”アンクル・ドリュー”を捜すようにと助言される。
老人ではあるものの衰えないプレーをするドリューと出会ったダックスは、新チームを作るために、彼のかつてのチームメイトをを訪ねる旅に出るのだが・・・。
__________

NBAの現役選手や名プレーヤーが、メイクで老人に扮してチームを組むことなどが話題になった作品。

かつて手に入れらなかった栄光を掴むチャンスを得た老人達が、そのチャンスを与えてくれたコーチと共に奮闘する姿を描く痛快コメディ。

アメリカの文化でもある”ストリートボール”の世界が生き生きと描かれ、ユーモアの中に人情味を感じさせるチャールズ・ストーン三世の演出と、一流プレーヤーの個性的な演技が見どころの作品。

伝説のプレーヤーである主人公の”アンクル・ドリュー”を演ずるカイリー・アービング、チームを奪われるものの、そのおかげで”家族”とも言える友人を手に入れるリル・レル・ハウリー、アンクル・ドリューを恨んでいたチームメイトのシャキール・オニール、同じく風変わりな牧師のクリス・ウェバー、その妻リサ・レスリー、視力に問題があるレジー・ミラー、車いす生活からプレーができるようになるネイト・ロビンソン、その孫娘エリカ・アッシュ、アンクル・ドリューを知る老人のJ・B・スムーヴ、その友人マイク・エップス、ダックス(リル・レル・ハウリー)の恋人ティファニー・ハディッシュ、ダックスのライバルチームのコーチ、ニック・クロール、彼に引き抜かれる大物プレーヤーのアーロン・ゴードンウェズリー・ウィザースプーン、レフリー役で、カレッジ・バスケットボールのコーチ、バリー・ラーセンなどが共演している。

カメオ出演
セレマ・マセケラ
ジョン・カリパリ
ジョン・ハモンド
スクープ・ジャクソン
ピー・ウィー・カークランド
アール・モンロー
クリス・マリン
ビル・ウォルトン
ジョージ・ガービン
スティーブ・ナッシュ
デヴィッド・ロビンソン
ジェリー・ウェスト
ディケンベ・ムトンボ
ニーニー・リークス
リック・バリー
リック・ロス
スコット・ヴァン・ペルト


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021