4315 Movies

フィフティ・シェイズ・フリード Fifty Shades Freed (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に発表された、E・L・ジェイムズの小説”Fifty Shades Freed”を基に製作された作品で、”フィフティ・シェイズ”シリーズの最終作。
結婚するものの様々な試練に直面する主人公二人の運命を描く、監督ジェームズ・フォーリー、主演ダコタ・ジョンソンジェイミー・ドーナンエリック・ジョンソンマーシャ・ゲイ・ハーデン他共演の官能ラブロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・フォーリー

製作
マイケル・デ・ルカ
E・L・ジェイムズ
デイナ・ブルネッティ
マーカス・ヴィシディ
原作:E・L・ジェイムズFifty Shades Freed
脚本:ナイオール・レナード
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:ダニー・エルフマン

出演
アナスタシア”アナ”グレイ:ダコタ・ジョンソン
クリスチャン・グレイ:ジェイミー・ドーナン
ジャック・ハイド:エリック・ジョンソン
キャサリン”ケイト”キャヴァナー:エロイーズ・マンフォード
ミア・グレイ:リタ・オラ
エリオット・グレイ:ルーク・グライムス
ホセ・ロドリゲス:ヴィクター・ラサック
ジェイソン・テイラー:マックス・マーティーニ
カーラ・メイ・ウィルクス:ジェニファー・イーリー
エレナ・リンカーン:キム・ベイシンガー
Dr.グレース・トレヴェリアン・グレイ:マーシャ・ゲイ・ハーデン
ジーア・マテオ:アリエル・ケベル
ルーク・ソーヤー:ブラント・ドーハティ
リズ・モーガン:エイミー・プライス=フランシス
ボイス・フォックス:タイラー・ホークリン
ゲイル・ジョーンズ:フェイ・マスターソン
レイ:カラム・キース・レニー
クラーク刑事:ヒロ・カナガワ
ジェリー・ローチ:ブルース・アルトマン
ロス・ベイリー:ロビン・リー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 110分
公開
北米:2018年2月9日
日本:2018年10月5日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $100,407,800
世界 $371,909,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
様々な苦難を乗り越えて結婚式の日を迎えたアナスタシア”アナ”グレイ(ダコタ・ジョンソン)と巨大企業”グレイ・エンタープライズ・ホールディングス”のCEOクリスチャン(ジェイミー・ドーナン)は、ハネムーンに旅立ち、プライベートジェットでパリに向かう。

ロクブリュヌ=カップ=マルタン
海辺で楽しむ二人は、いつものように激しく愛し合う。

部下ロス・ベイリー(ロビン・リー)からの報告で、何者かが社内のサーバールームに侵入し、出火したことを知ったクリスチャンは、アナと共に監視映像の犯人を見せられる。

自分の個人データが盗まれたことも知ったクリスチャンは、映像を確認したアナから、ジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)だと言われる。

シアトル
クリスチャンと共に帰国したアナは、メイドのゲイル・ジョーンズ(フェイ・マスターソン)に迎えられ、ボディガードのルーク・ソーヤー(ブラント・ドーハティ)とプレスコットがアナの警護することになる。

予定を変えて自分で食事を作ったアナは、子供が欲しいかクリスチャンに尋ねる。

当然だと答えたクリスチャンは、今は君を独占したいとアナに伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(2015)
・「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(2017)
・「フィフティ・シェイズ・フリード」(2018)

*(簡略ストー リー)
シアトル
様々な苦難を乗り越え、アナスタシア”アナ”は、巨大企業”グレイ・エンタープライズ・ホールディングス”のCEOクリスチャン・グレイと結婚する。
二人は幸せな日々を送るものの、考えの違いにより摩擦も生じる。
そんな時アナは、自分に恨みを持つ元上司のジャックに襲われ、ボディガードに救われるものの不安を抱える日々を送る・・・。
__________

世界に衝撃を与えた官能ラブロマンスの第三作で、最終章として製作された。

出会いから紆余曲折ありながら、ようやく結婚した主人公の二人だったが、微妙な意見の違いにより様々な試練に直面する。
超セレブとして何不自由ない生活を送りながら、自分が思うような自由や自立を手に入れることができないヒロインの苦悩などが描かれている。

相変わらず批評家からは酷評されるシリーズなのだが、北米興行収入は約1億ドル、全世界では3億7200万ドルの大ヒットとなり、前作とほぼ同じ記録を残した。

毎度、話題になるが、ハリウッド的華やかな美人スターでもないダコタ・ジョンソンと、巨大企業のCEOという風格もないジェイミー・ドーナンの主人公二人に魅力があると思えない。

主人公二人への復讐を誓うヒロインの元上司エリック・ジョンソン、クリスチャン(ジェイミー・ドーナン)の義兄(ルーク・グライムス)の恋人エロイーズ・マンフォード、クリスチャンの義妹リタ・オラ、ヒロインの友人ヴィクター・ラサック、クリスチャンの元恋人でビジネスパートナーのキム・ベイシンガー、クリスチャンの養母マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリスチャンのボディガード兼ドライバーのマックス・マーティーニ、出版社社長のブルース・アルトマン、ヒロインの母親ジェニファー・イーリー、クリスチャンのメイド、フェイ・マスターソン、ヒロインの同僚で共犯者だったエイミー・プライス=フランシス、建築士のアリエル・ケベル、ヒロインのボディガードのブラント・ドーハティ、作家のタイラー・ホークリン、ヒロインの義父カラム・キース・レニー、刑事のヒロ・カナガ、クリスチャンの部下ロビン・リーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020