That's Movie Talk!     3994 Movies

終着駅 Terminal Station (1953) 3.82/5 (34)

  •  
  • 15
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋に落ちたイタリア人教師との別れを決意したアメリカ人女性の心情と苦悩を描く、製作総指揮デヴィッド・O・セルズニック、製作、監督ヴィットリオ・デ・シーカ、脚本ベン・ヘクトトルーマン・カポーティ、主演ジェニファー・ジョーンズモンゴメリー・クリフトリチャード・ベイマージーノ・チェルヴィ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ジェニファー・ジョーンズ / Jennifer Jones / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
製作:ヴィットリオ・デ・シーカ
製作総指揮:デヴィッド・O・セルズニック
原案:チェーザレ・ザヴァッティーニ
脚本
チェーザレ・ザヴァッティーニ
ルイジ・キアリーニ
ジョルジオ・プロスペリ
ベン・ヘクト
トルーマン・カポーティ
撮影:G・R・アルド
編集
ジーン・ベイカー
エラルド・デ・ロマ
衣裳デザイン:クリスチャン・ディオール
音楽:アレッサンドロ・チコニーニ

出演
メアリー・フォーブス:ジェニファー・ジョーンズ
ジョヴァンニ・ドリア:モンゴメリー・クリフト
ポール:リチャード・ベイマー
警察署長:ジーノ・チェルヴィ

イタリア/アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ
De Sica Productions
Selznick International Pictures
1953年製作 89分
公開
イタリア:1953年4月2日
北米:1954年5月10日
日本:1953年9月15日


アカデミー賞
第27回アカデミー賞

・ノミネート
衣裳デザイン賞(白黒)
クリスチャン・ディオール


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ローマ
アメリカ人の人妻メアリー・フォーブス(ジェニファー・ジョーンズ)は、ジョヴァンニ・ドリア(モンゴメリー・クリフト)のアパートに向かう。

ドアベルを鳴らすことができないメアリーは、その場を去り中央駅(ローマ・テルミニ駅)に向かい、ミラノ経由でパリに向かおうとする。

パリ直通には時間があるためにミラノ行きを選んだメアリーは、滞在中の地元在住の姉の家に電話をする。

姉が留守だったために甥のポール(リチャード・ベイマー)と話したメアリーは、荷物をまとめて運んできてほしいと言って頼む。

7時のミラノ行きに乗るとポールに伝えたメアリーは、電話を譲ってくれた男性のことを忘れて、礼も言わずにその場を去る。

ジョヴァンニに帰らなくてはならないという電報をうとうとしたメアリーは、それを思い留まりメモを残す。

”部屋の前に行ったものの、ドアの向こうの幸せを手に入れることをためらってしまいました・・・すべてを失う気になれない自分を許してほしい、いつまでも愛しています・・・”

しかし、電報もメモも渡す気がなくなったメアリーは、7時が迫ることを確認して、7歳の娘キャシーのために子供服を買う。

入場券だけ買ってホームに向かったメアリーは、切符は車内で買えることを確認して乗車する。

席に着いたメアリーは、子供服を見ながら娘のことを想い出し、それを置いて席を立つ。

ホームを見つめるメアリーは、ジョヴァンニが現れたために驚き、列車を降りる。

黙って去ろうとしてことを責められたメアリーは、手紙を書いたことをジョヴァンニに伝えるものの、姉に電話をしなければ会うことはできなかったと言われる。

ジョヴァンニは、手紙ではなく直接、言ってほしいとメアリー伝える。

そこに現れたポールは、ジョヴァンニのことを気にしながら、メアリーに別れを告げてその場を去る。

列車は動き始め、メアリーが乗らなかったためにジョヴァンニは、8時半のパリ行きに乗ると言う彼女と共にカフェに向かい話し合う。

残るのなら力にはなるが、1か月一緒にいたにも拘わらず黙って去ろうとした気持ちが理解できないとメアリーに伝えたジョヴァンニは、自分達の関係を確認する。

気持ちは分かっているはずだと言われたジョヴァンニは、出会った時のことをメアリーに話し、誘いを断らなかった理由を尋ねる。

メアリーから自分の気持ちを訊かれたジョヴァンニは、一目で虜になったことを伝えて、いい人だと思ったので誘いを受けたと言われる。

昨夜、死ぬことまで考えたと言うメアリーは、キャシーの顔が浮かばないために動揺したことを話し、娘を捨てるなどできないとジョヴァンニに伝える。

何度も話し合って決めたことで、三人で暮らすはずだと言われたメアリーは、昨夜、電話があった夫の様子から、気づいているかもしれないとジョヴァンニに話す。

8年も連れ添った夫とは別れられないと言うメアリーは、自分を捨てるつもりかと尋ねるジョヴァンニに、あなたの人生を台無しにしたくないと伝える。

夫には自分とキャシーしかいないと言うメアリーは、生まれた時に死にかけた娘を、夫と共に育てて必ず幸せにすると神に誓ったことを話す。

自分がいなければ何もできない夫の話をするメアリーに、聞きたくないと伝えたジョヴァンニは、一生、彼の世話をする気なのか彼女に問う。

閉店時間となったために二人は店を移り、ジョヴァンニからアパートで話すことを提案されたメアリーは、行けば二度と帰れなくなると伝える。

教師のジョヴァンニは、イタリア人である父が働いていたピサの大学に職があるために、生家で暮らすことを考えていたと話し、再びアパートに行くことを提案してメアリーと店を出る。

キャシーのために買った服を列車に忘れたことに気づいたメアリーは、ポールを見かけたために声をかける。

遊んでいたと言うポールにパリ直通の列車にしたと伝えたメアリーは、ジョヴァンニを紹介する。

出発時間までポールと過ごそうとするメアリーが、わざと彼を呼び寄せ自分と別れようとしたために、ジョヴァンニは彼女を殴ってしまう。

周囲の人々は驚き、ジョヴァンニはその場を去り、それを見ていたポールは涙するメアリーに近づく。

ジョヴァンニを許せないポールは彼のことを非難し、メアリーを気遣う。

駐車場の車に向かったジョヴァンニだったが、駅に戻りメアリーを捜す。

納得できないポールに、ジョヴァンニは悪い人ではないと伝えたメアリーは、今夜は家に向かい明日、帰ればいいと言われる。

それでは遅過ぎると伝えたメアリーは、1等ではなく3等の待合室に向かう。

メアリーは、気分が悪くなった女性に声をかけられる。

パリ行きのホームに向かったジョヴァンニは、メアリーを捜す。

女性が妊娠4か月だと夫から知らされたメアリーは、イギリスの炭鉱が閉鎖されたために帰国したと言われ、妻を救護室に連れて行く。

待合室に向かったジョヴァンニは、メアリーがいないためにホームに戻る。

診察を受けた女性が、ベッドで休めば回復することを知ったメアリーは、ホテルに行くことを夫に勧める。

自分はいいが妻が嫌がると夫から言われたメアリーは、子供が生まれるために、彼女が無駄遣いはしたくないと考えていることを知る。

現金を夫に渡そうとしたメアリーは、十分、親切にしてもらったと感謝され、彼と妻に別れを告げる。

妻から幸せを願っていると言われたメアリーは、家族思いの妻を誇りに思うと言う夫と別れる。

お菓子を買ったメアリーは、それを彼らの子供達に上げる。

ポールに帰るよう指示したメアリーは、出発までいると言う彼に、一人になりたいと伝える。

パリで手紙を書くと言うメアリーは、クリスマスに遊びに来るようにとポールに伝えて別れる。

帰ろうとしたポールは、ジョヴァンニから声をかけられてメアリーのことを訊かれるものの、知らないと言って何も教えなかった。

メアリーを捜したポールは、ジョヴァンニのことを話そうとする。

ホームに戻ったジョヴァンニは、別のホームにメアリーがいることに気づき、線路を渡って彼女の元に向かおうとする。

列車に轢かれそうになりながらも、自分に駆け寄るジョヴァンニを受け入れてしまったメアリーは、空き車両に向かう。

求め合う二人はキスして、謝罪するジョヴァンニに、メアリーは何も悪くないと伝える。

二度と会わないので幸せになってほしいと言われたメアリーは、このままこうしていたいとジョヴァンニに伝える。

車掌に見つかった二人は風紀上の問題を指摘され、警察署に連れて行かれる。

メアリーが15分後の列車に乗るため、自分が罪を追うと署員に伝えたジョヴァンニだったが、署長を待つことになる。

問題になることを恐れるジョヴァンニは焦り、彼を落ち着かせたメアリーは、どんなことになっても構わないので夫に話すと伝える。

大統領の歓迎式典が始まり、それを見物するポールに気づいたメアリーとジョヴァンニは身を隠す。

式典は終わり、メアリーの手荷物を預かっているという場内放送が流れる。

署長(ジーノ・チェルヴィ)が戻り、部屋に呼ばれたメアリーとジョヴァンニは、駅にいた理由を訊かれる。

それに答えたメリーは、夫や子供のことを訊かれる。

職業を訊かれたジョヴァンニは、教師だと答える。

車掌の証言を確認した署長は、起訴状が出ているので裁判にかけられることを二人に伝える。

メアリーには夫と子供がいると言う署長は、今回の件が公になれば彼女の人生が破滅しかねないと考える。

列車の出発時間を尋ねた署長は、10分前であることを確認しする。

メアリーがそれに乗るつもりであることを確認した署長は、起訴状を破り二人に身分証を返して釈放する。

荷物を受け取ったメアリーは、ジョヴァンニと共にホームに向かう。

ジョヴァンニから、パリに着いた後のことを訊かれたメアリーは、直ぐに帰国すると伝える。

手紙も電報もやめたほうがいいと伝えたメアリーは、ジョヴァンニから、無事についたことだけは知りたいと言われ、それを承知する。

相席が空いていることを確認したメアリーは、荷物を運ぶジョヴァンニと共に乗車する。

メアリーは、降りなくてはならないジョヴァンニに、一生、悔やむことになり、あなたのことを想うと伝える。

美しい君を恋し続けると、涙するメアリーに伝えたジョヴァンニはs、動き出した車両から降りて転んでしまう。

走り去る列車を見つめるジョヴァンニは、振り向いてその場を去る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ローマ
アメリカ人の人妻メアリー・フォーブスは、現地に住む姉を訪ねて滞在していた間に、教師のジョヴァンニと出会い恋に落ちた。
しかし、夫と娘がいるメアリーはジョヴァンニとの別れを決意し、彼に会うことができないまま中央駅(ローマ・テルミニ駅)に向かう。
パリに向かう予定のメアリーは、ホームに現れたジョヴァンニに気づいて列車を降り、黙って去ろうとしたことを責める彼と話し合うことになるのだが・・・。
__________

デヴィッド・O・セルズニックが、イタリアを代表する映画監督となっていたヴィットリオ・デ・シーカ(製作兼)と組み、妻であるジェニファー・ジョーンズモンゴメリー・クリフトの共演により製作した作品。

チェーザレ・ザヴァッティーニイタリア側に加え、ベン・ヘクトトルーマン・カポーティが脚本に参加している。

ヒロインは人妻であり、旅先の過ちを悔いながら家族の元に帰ろうとする中で、関係を諦められない相手の懇願により動揺する、揺れ動く女心が切実に描かれている。

着の身着のまま街を離れようとした場所が駅であり、その場に集う、主人公達の問題とは無関係な人々の人間模様なども様々な形で描く、ヴィットリオ・デ・シーカの人物描写と演出手腕に注目したい。

第27回アカデミー賞では、クリスチャン・ディオールが衣裳デザイン賞(白黒)にノミネートされた。

舞台となる中央駅(ローマ・テルミニ駅)は、第二次大戦後間もない時期でありながら、その近代的なデザインなどが実に興味深い。

ヒロインの心の迷いを見事に表現する、アレッサンドロ・チコニーニの音楽も印象的だ。

主演のジェニファー・ジョーンズは、家族との幸せを捨てきれずに苦悩するヒロインを好演し、彼女を愛し、思い通りにならない、もどかしい気持ちを整理しきれない青年を演ずるモンゴメリー・クリフトの演技も心に残る。

ヒロインの甥として登場する撮影当時14歳のリチャード・ベイマー、主人公二人の将来を考えて罪には問わない警察署長ジーノ・チェルヴィなどが共演している。



  •  
  • 15
  • 2
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up