4310 Movies

クワイエット・プレイス A Quiet Place (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

音に反応して人間を襲う地球外生物の脅威に対抗する家族の戦いを描く、製作マイケル・ベイ、製作総指揮、監督、脚本、出演ジョン・クラシンスキー、主演エミリー・ブラントミリセント・シモンズノア・ジュープ他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・クラシンスキー

製作
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッドリー・フラー
製作総指揮
セリア・D・コスタス
ジョン・クラシンスキー
アリソン・シーガー
アーロン・ジャナス
原案
ブライアン・ウッズ
スコット・ベック
脚本
ブライアン・ウッズ
スコット・ベック
ジョン・クラシンスキー
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
編集:クリストファー・テレフセン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
イヴリン・アボット:エミリー・ブラント
リー・アボット:ジョン・クラシンスキー
リーガン・アボット:ミリセント・シモンズ
マーカス・アボット:ノア・ジュープ
ボー・アボット:ケイド・ウッドワード
森の中の老人:レオン・ラッサム

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2018年製作 91分
公開
北米:2018年4月6日
日本:2018年9月28日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $188,024,360
世界 $340,939,360


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2020年。
音に反応して人間を襲う地球外生物により、人類は絶滅の危機に瀕していた。

89日目

ニューヨーク州リトル・フォールズ
リー・アボット(ジョン・クラシンスキー)は、妻のイヴリン(エミリー・ブラント)と聾唖者の長女リーガン(ミリセント・シモンズ)、長男マーカス(ノア・ジュープ)、次男ボー(ケイド・ウッドワード)と共に生き残っていた。

極力、音を立てないことを心掛けて、手話で会話をして裸足で歩行する生活を送っていたリーは、家族と共に、誰もいない町の雑貨店で必要なものを調達していた。

店内の薬局で、体調の悪いマーカスにイヴリンが薬を与えたことを確認したリーガンは、床に描いたロケットで宇宙に行くと手話で伝えるボーのことを心配する。

おもちゃ売り場で、ボーが”スペースシャトル”のおもちゃを棚から落とし、リーガンがそれを受け止める。

必要なものは揃えたので家に戻ろうとしたリーは、”スペースシャトル”のおもちゃを手にするボーからそれを取り上げて電池を抜く。

音がするのでダメだとボーに伝えたリーは、家族と共にその場を去ろうとする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2020年、ニューヨーク州リトル・フォールズ。。
音に反応して人間を襲う地球外生物により、人類は絶滅の危機に瀕していた。
極力、音をたてない日々を送り、家族と共に何とか生き延びていたリー・アボットは、幼い次男ボーを生物に殺されてしまう。
1年後、リーの妻イヴリンは出産を控えながら、ボーの死を自分の責任だと思う娘のリーガンと息子マーカスを、リーと共に守っていた。
リーがマーカスを連れて出かけている間、陣痛が始まったイヴリンは、地下室の階段で釘を踏んでしまい、激痛に耐えながらリーの帰りを待つのだが・・・。
__________

ハリウッドのヒットメーカー、マイケル・ベイが製作に参加し、ジョン・クラシンスキーが製作総指揮、監督、脚本、そして出演を兼ねた彼の意欲作であり、妻のエミリー・ブラントが主演を務めたことでも話題になった。

音に反応して人間を襲う、正体不明の地球外生物の脅威に対抗する家族の戦いを描くホラー。

恐ろしい生物に対抗する必要があり、音を立てられない生活する家族は会話も手話で行われるという、極めて特殊な状況下を描く内容は実に興味深い。

第91回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

この状況下で妊娠する夫婦の考えが理解できないなど批判する声もあるが、正体不明な生物が登場する時点で非現実的であり、リアリズム映画ではないことを考え、純粋にホラーを楽しむ目で観れば、それらを問題にすること自体がおかしい。

本作は批評家から絶賛され、わずか1700万ドルで製作されたにも拘らず、北米興行収入は約1億8800万ドル、全世界では約3億4100万ドルの大ヒットとなり、続編も製作される。

主演のエミリー・ブラントは、過酷な環境下で夫と共に子供達を守る女性を熱演し、その夫で、あらゆる手段を使い恐ろしい生物に対抗しようとする、ジョン・クラシンスキーの包容力のある人物を演ずる演技も注目したい。

実際に聾唖者である、弟の死を自分の責任だと考え父が責めているとも思い込む長女を好演するミリセント・シモンズ、その弟ノア・ジュープ、冒頭で生物に襲われる次男のケイド・ウッドワード、森の中の家に住む老人レオン・ラッサムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020