4501 Movies

トゥルース・オア・デア Truth or Dare (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

呪われたゲームに参加してしまった大学生達に襲い掛かる恐怖を描く、製作総指揮、監督、脚本ジェフ・ワドロウ、主演ルーシー・ヘイルタイラー・ポージーヴァイオレット・ビーン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジェフ・ワドロウ

製作
ジェイソン・ブラム
クーパー・サミュエルソン
製作総指揮
ジェフ・ワドロウ
クリストファー・ローチ
脚本
ジェフ・ワドロウ
ジリアン・ジェイコブズ
クリストファー・ローチ
マイケル・ライス
撮影:ジャック・ジューフレ
編集:ショーン・アルバートソン
音楽:マシュー・マージェソン

出演
オリヴィア・バロン:ルーシー・ヘイル
ルーカス・モレノ:タイラー・ポージー
マーキー・キャメロン:ヴァイオレット・ビーン
ブラッド・チャン:ヘイデン・セットー
カーター/サム・ミーハン:ランドン・リブロン
タイソン・カラン:ノーラン・ジェラード・ファンク
ペネロピ・アマリ:ソフィア・テイラー・アリ
ロニー:サム・ラーナー
ジゼル・ハモンド:オーロラ・ペリノー
ハン・チャン:トム・チョイ
ケイラックス:ジョー・オックマン
デーモン:ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 100分
公開
北米:2018年4月13日
日本:未公開
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $41,411,020
世界 $95,330,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メキシコ
国境まで18㎞に迫ったガソリンスタンドで車を降りたジゼル・ハモンド(オーロラ・ペリノー)は、タバコを買おうとする。

電話を受けた店主から”真実か挑戦か?”と訊かれたジゼルは、もうゲームは嫌だと伝える。

尚も同じことを訊かれたジゼルは、その場にいた客の女性にオイルをかけて、こうするしかないと言いながら火を点けて焼き殺す。
__________

大学生のオリヴィア・バロン(ルーシー・ヘイル)は、友人のマーキー・キャメロン(ヴァイオレット・ビーン)から、スプリングブレイクの旅行のことを訊かれる。

ハビタット”(国際連合人間居住計画)に参加することを考えていたオリヴィアだったが、マーキーやペネロピ・アマリ(ソフィア・テイラー・アリ)とボーイフレンドの医学生タイソン・カラン(ノーラン・ジェラード・ファンク)に説得され、旅行に行くことを決める。

ブラッド・チャン(ヘイデン・セットー)、マーキーのボーイフレンドのルーカス・モレノ(タイラー・ポージー)らと共に出発したオリヴィアは、メキシコに向かう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
メキシコロザリト・ビーチ
スプリングブレイクを利用して友人達と旅行に来た大学生のオリヴィア・バロンは、青年カーターと知り合い、古い教会に案内されて”真実か挑戦”というゲームを始める。
遊び感覚でゲームを楽しんだオリヴィアらだったが、カーターから、真実を言わなくても挑戦を拒んでも死んでしまうことを知らされる。
大学に戻っても”真実か挑戦”かという言葉などが付きまとうオリヴィアは、ゲームが終わっていないことに気づくのだが・・・。
__________

呪いのゲームに参加してしまった大学生達の恐怖を描く、製作総指揮、監督、脚本ジェフ・ワドロウ演出によるホラー。

真実を言わなくても挑戦を拒んでも死んでしまうという呪いのゲームに終わりがないため、同じようなことの繰り返しが続き、観ていて飽きると共に苛立ってしまう。

B級ホラーの枠を脱していない製作費350慢ドルの低予算映画ではあるが、北米興行収入は約4100万ドル、全世界ではなんと1億ドルに迫るヒットとなった。

誠実そうな優等生という雰囲気ではあるが、けっこう大胆な行動をする女子大生のルーシー・ヘイル、彼女の友人で互いに好意を持つタイラー・ポージー、彼のガールフレンドである主人公の友人ヴァイオレット・ビーン、同じくゲイの友人ヘイデン・セットー、その父親で警察官のトム・チョイ、主人公らにゲームを教える青年ランドン・リブロン、ゲームの犠牲になる医学生のノーラン・ジェラード・ファンク、そのガールフレンドのソフィア・テイラー・アリ、犠牲になる学生のサム・ラーナー、他のグループのゲームの参加者オーロラ・ペリノーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021