4292 Movies

ニュースの真相 Truth (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑”を追及した”CBS”の報道番組”60ミニッツⅡ”のプロデューサー、メアリー・メイプスとアンカーのダン・ラザーらの闘いを描く、製作、監督、脚本ジェームズ・ヴァンダービルト、主演ケイト・ブランシェットロバート・レッドフォードトファー・グレイスデニス・クエイドエリザベス・モスブルース・グリーンウッド他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ヴァンダービルト
製作
ブラッドリー・J・フィッシャー
ウィリアム・シェラック
ジェームズ・ヴァンダービルト
ブレット・ラトナー
ダグ・マンコフ
アンドリュー・スポールディング
製作総指揮
ミケル・ボンドセン
ジェームズ・パッカー
ニール・タバツニック
スティーヴン・シルヴァー
原作:メアリー・メイプス”Truth and Duty”
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト
撮影:マンディ・ウォーカー
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:ブライアン・タイラー

出演
メアリー・メイプスケイト・ブランシェット
ダン・ラザーロバート・レッドフォード
マイク・スミス:トファー・グレイス
ロジャー・チャールズ中佐:デニス・クエイド
ルーシー・スコット:エリザベス・モス
アンドリュー・ヘイワードブルース・グリーンウッド
ジョシュ・ハワード:デヴィッド・ライオンズ
マーク・ロルスタッド:ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
ビル・バーケット中佐:ステイシー・キーチ
ニッキー・バーケット:ノニ・ハズルハースト
ローレンス・ランファー:ダーモット・マローニー
ベッツィ・ウェスト:レイチェル・ブレイク
ディック・ハイビー:アンドリュー・マクファーレン
ホッジス将軍(電話の声):ウィリアム・ディヴェイン

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2015年製作 125分
公開
北米:2015年10月16日
日本:2016年8月5日
製作費 $9,600,000
北米興行収入 $2,541,850
世界 $5,383,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2004年10月、ワシントンD.C.
アメリカ合衆国大統領選挙で、ジョージ・W・ブッシュの再選賛成に国民の半数近くが賛成するものの、反対がわずかに上回る状況だった。

大統領の軍歴詐称疑惑を追及したことで、その後、窮地に立たされていた”CBS”のプロデューサー、メアリー・メイプスケイト・ブランシェット)は、弁護士のディック・ハイビー(アンドリュー・マクファーレン)に会い、経緯を話し始める。
__________

2004年4月、ニューヨーク
60ミニッツⅡ”のクルー、ロジャー・チャールズ中佐(デニス・クエイド)、らと共に番組(アブグレイブ報道)の準備をするメイプスは、表彰されるダン・ラザーロバート・レッドフォード)の元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2004年。
CBS”の報道番組”60ミニッツⅡ”のプロデューサー、メアリー・メイプスは、大統領選を控えるジョージ・W・ブッシュの、兵役優遇などの証拠となる文書の存在を知り、マイク、ロジャー、ルーシーらスタッフと共に取材を始める。
文書を受け取っていたバーケット中佐に会ったメイプスはそれを渡され、本物であるかなどと同時に周囲の調査を始める。
そして、アンカーのダン・ラザーにより、番組でブッシュの軍歴詐称疑惑が報道される。
ところが、文書は当時のタイプライターにはない文字が使われ、”Microsoft Word”で作成されたことなどが指摘される。
集中攻撃を浴びたCBS及びメイプスらは窮地に立たされ、対抗策を考えるのだが・・・。
__________

ジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑”を追及した”CBS”の報道番組”60ミニッツⅡ”のプロデューサー、メアリー・メイプスが2005年に発表した回顧録”Truth and Duty”を基に製作された作品。

ゾディアック」(2007)「アメイジング・スパイダーマン」(2012)などの脚本家として知られるジェームズ・ヴァンダービルトが製作、脚本も兼ねた初監督作品。

当時この事件は、ダン・ラザーが”CBS”との契約を切られたことで話題になったのだが、本作では、”60ミニッツⅡ”のプロデューサー、メアリー・メイプスが中心となった報道の裏側が描かれている。

また、父親から虐待を受けてそれに耐え、反骨精神を身につけたメアリー・メイプスの、ダン・ラザーとの父娘のような信頼関係が大きなテーマとなっている。

序盤は、物語の進展と演出に深みを感じないものの、実力派スターの演技に支えられ終盤にかけてドラマは盛り上がる。

これだけのキャスト、スタッフにも拘らず興行的には失敗に終わった作品であり、内容的に評価は分かれ、政治的な偏りや説教じみているシーンが目立つのが気になる。

公開後の当事者の対応も様々で、ダン・ラザーらは好意的に受け止めているが、CBS側は総じて批判的な反応を示している。

主演のケイト・ブランシェットは、報道にすべての情熱を傾け、フェミニストと言われながら信念を貫く主人公メアリー・メイプスを熱演し、誰もが知るダン・ラザーに、似過ぎないことを意識しているように思えるロバート・レッドフォードの深い演技は注目だ。

主人公と共に”大統領の軍歴詐称疑惑”を報道するスタッフのトファー・グレイスデニス・クエイドエリザベス・モス、”CBS”社長アンドリュー・ヘイワードブルース・グリーンウッド、”60ミニッツⅡ”プロデューサー、ジョシュ・ハワードのデヴィッド・ライオンズ、主人公を支える夫マーク・ロルスタッドのジョン・ベンジャミン・ヒッキー、文書の提供者であるビル・バーケット中佐ステイシー・キーチ、病気の夫を気遣うその妻ノニ・ハズルハースト、報道に関する調査委員の弁護士ダーモット・マローニーCBSのプライムタイム担当執行役員ベッツィ・ウェストのレイチェル・ブレイク、主人公の弁護士アンドリュー・マクファーレン、主人公に情報提供をする将軍(電話の声)のウィリアム・ディヴェインなどが共演している


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020