That's Movie Talk!     4031 Movies

ゾディアック Zodiac (2007) 4.09/5 (34)

  •  
  • 13
  • 1
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1968年からの数年間に実際に起きた殺人事件を基に、作品の主人公ロバート・グレイスミスが1986年に発表した同名小説の映画化。
監督デヴィッド・フィンチャー 、主演ジェイク・ギレンホールマーク・ラファロロバート・ダウニーJrブライアン・コックス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮:ルイス・フィリップス

製作
ジェームズ・ヴァンダービルト

マイク・メダヴォイ
ブラッドリー・フィッシャー

アーノルド・メッサー
セアン・チャッフィン
原作:ロバート・グレイスミスZodiac
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト

撮影 ハリス・サヴィデス
編集 アンガス・ウォール

音楽:デヴィッド・シャイア

出演
ジェイク・ギレンホールロバート・グレイスミス
マーク・ラファロデイヴィッド・トスキ
ロバート・ダウニーJrポール・エイブリー
アンソニー・エドワーズ:ウィリアム・アームストロング
ブライアン・コックスメルヴィン・ベリー
ジョン・キャロル・リンチアーサー・リー・アレン
クロエ・セヴィニー:メラニー・グレイスミス
イライアス・コティーズ:ジャック・マラナックス
ドナル・ローグ:ケン・ナーロウ
ダーモット・マローニー:マーティ・リー
フィリップ・ベイカー・ホール:シャーウッド・モーリル
チャールズ・フライシャー:ボブ・ヴォーン
クレア・デュヴァル:リンダ・デル・ブオノ
アダム・ゴールドバーグ:ダッフィー・ジェニングス
ジミ・シンプソン:マイク・マギュー

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
パラマウント・ピクチャーズ(北米)
2007年製作 157分
公開
北米:2007年3月2日
日本:2007年6月16日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $33,048,350
世界 $84,785,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1969年7月4日、カリフォルニア州、ヴァレーホ
若いカップルがデート中に銃撃され、男性は一命を取り留めるものの、女性は死亡する。

4週間後、サンフランシスコ・クロニクル
ヴァレーホの犯人だという、名前のない暗号化された犯行声明と予告文が届く。

犯罪リポーターのポール・エイブリーロバート・ダウニーJr)が担当となり、ヴァレーホの事件を調べ始める。

離婚して息子と暮らす風刺漫画家のロバート・グレイスミスジェイク・ギレンホール)は、その暗号文を見て解き始める。

エイブリーは事件についてを上司に報告し、社内ではそれが重要事項となり、グレイスミスは暗号文を家に持ち帰り解読しようとする。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1969年7月、カリフォルニア
若いカップルが銃撃され、男性は一命を取り留めるものの、女性は死亡する。
4週間後。
サンフランシスコ・クロニクル”に、名前のない暗号化された犯行声明文が届く。
犯罪リポーターのポール・エイブリーは、風刺漫画家ロバート・グレイスミスにその暗号文を見せ、パズル好きの彼は、れを解き始める。
再び新聞社に犯人からの暗号化された手紙が届き、今回は”ゾディアック”という名前が明記してあった。
その後、別の場所で再びカップルが襲撃されて、市内でタクシー・ドライバーが銃撃され死亡する。
市警デイヴィッド・トスキとアームストロングの両刑事は、その事件の捜査を任される。
エイブリーグレイスミスは協力し合い、事件について詳細に調査を始めるが、脅迫状を受け取ったエイブリーは、誇大妄想に悩まされ、薬とアルコール漬けになってしまう。
1971年。
トスキとアームストロングは、犯人として疑われているアーサー・リー・アレンに会うものの、犯人とは特定できず、彼とゾディアックの筆跡も違うことが分かるり、事件は謎のまま時間だけが過ぎていく・・・。
__________

容疑者死亡で、結局は未だに解決していない殺人事件を題材にしたドラマ。

忘れ去られようとしていた難事件を、執念の調査で著書にまとめたロバート・グレイスミスの姿は、ウォーターゲート事件でそれを追った記者ボブ・ウッドワードカール・バーンスタインを思い起こさせる。

記者、刑事、容疑者が互いに交差する複雑な作りと、聞きなれない地名などが登場し、やや難解なところはあるものの、20年以上にも及ぶ、主人公彼らの活躍や人間模様を、丁寧にサスペンスととして描いたデヴィッド・フィンチャーの演出は見応えがあり、2時間半以上の上映時間も、全く長さを感じさせない。

この事件をモデルにした作品「ダーティハリー」(1971)も登場する。

主演のジェイク・ギレンホールは、温厚で家庭的だが、ガッツのある風刺漫画家を好演し、マーク・ラファロも、庶民的な刑事を熱演、 脅迫を受け正気を失うリポーター役のロバート・ダウニーJr.も自虐的な怪演を見せる。

その他、刑事役アンソニー・エドワーズ、著名な弁護士メルヴィン・ベリーブライアン・コックス、筆跡鑑定士フィリップ・ベイカー・ホール、、容疑者のアーサー・リー・アレン役のジョン・キャロル・リンチ、主人公の妻クロエ・セヴィニー、殺人が起きる地域の警官イライアス・コティーズドナル・ローグトスキの上司役ダーモット・マローニー、事件関係者のチャールズ・フライシャークレア・デュヴァル、記者アダム・ゴールドバーグ、最初の被害者の22年後ジミ・シンプソンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up