4216 Movies

イングリッシュ・ペイシェント The English Patient (1996)

  •  
  • 13
  • 107
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1992年に発表された、カナダ人の小説家マイケル・オンダーチェ同名小説を基に製作された作品。
イギリス人の患者”と言われ、身元不明のまま従軍看護師の看護を受ける男性のたどった運命とロマンスを描く、監督、脚本アンソニー・ミンゲラ、主演レイフ・ファインズクリスティン・スコット・トーマスジュリエット・ビノシュウィレム・デフォーコリン・ファース他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

レイフ・ファインズ / Ralph Fiennes / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・ミンゲラ
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
スコット・グリーンステイン
製作:ソウル・ゼインツ

原作:マイケル・オンダーチェThe English Patient
脚本:アンソニー・ミンゲラ
撮影:ジョン・シール
編集:ウォルター・マーチ

衣装デザイン:アン・ロス
音楽:ガブリエル・ヤレド

出演
アルマシー:レイフ・ファインズ
キャサリン・クリフトン:クリスティン・スコット・トーマス
ハナ:ジュリエット・ビノシュ
デヴィッド・カラヴァッジョ:ウィレム・デフォー
ジェフリー・クリフトン:コリン・ファース
キップ:ナヴィーン・アンドリュース
ミューラー:ユルゲン・プロホノフ
ハーディ:ケヴィン・ウェイトリー

アメリカ/イギリス 映画
配給 ミラマックス
1996年製作 161分
公開
北米:1996年11月15日
日本:1997年4月26日
製作費 $27,000,000
北米興行収入 $78,651,400
世界 $231,976,430


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
助演女優(ジュリエット・ビノシュ)
編集
撮影・音楽・衣装デザイン音楽・音響賞
・ノミネート
主演男優(レイフ・ファインズ)
主演女優(クリスティン・スコット・トーマス)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1944年10月、第二次大戦下。
アフリカの砂漠で飛行機事故に遭い、大火傷を負った男が遊牧民に救われ、イタリア南東のサン・ジロラモの野戦病院に運ばれてくる。

カナダ軍の従軍看護師ハナ(ジュリエット・ビノシュ)は、記憶を失ったその男に付き添っていたが、移動部隊を離れて廃墟となった修道院に彼を運び込み、看病することにする。

やがて男は、断片的ではあるが記憶が甦ってくる・・・。
__________

ハンガリーの伯爵家に生まれたアルマシー(レイフ・ファインズ)は、1930年代末にイギリスの地理学協会に参加し、アフリカで地図作りをしていた。

ある日、アルマシーの元に、協会から派遣されたイギリス人ジェフリー・クリフトン(コリン・ファース)と妻のキャサリン(クリスティン・スコット・トーマス)が現れる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

原作者マイケル・オンダーチェは本作でブッカー賞を受賞した。

*(簡略ストー リー)
第二次大戦下。
アフリカの砂漠で飛行機事故に遭い、大火傷を負った男が、イタリア南東の修道院に運ばれ、カナダ軍の従軍看護師ハナが、その記憶を失った男に付き添う。
やがて男は、断片的ではあるが、記憶が少しずつ甦る・・・。
ハンガリーの伯爵家生まのアルマシー/男は、イギリスの地理学協会に参加し、アフリカで地図作りをしていた。
アルマシーの元に、イギリス人ジェフリーと妻キャサリンが派遣される。
その後、ジェフリーはキャサリンを残してカイロに戻り、アルマシーは彼女らと共に砂漠の調査に向かう。
やがて、アルマシーとキャサリンは惹かれ合うようになり、カイロに戻り結ばれる。
開戦が迫る中、二人は逢引を重ね、キャサリンはアルマシーの愛を受け入れつつも、夫への罪悪感から帰国を望む。
しかし、二人の関係を知ったジェフリーが、アルマシーめがけ、キャサリンを同乗させて飛行機を墜落させる。
ジェフリーは死亡し、重傷を負ったキャサリンを助けようと、アルマシーは砂漠を渡り、ドイツ軍に捕らえられながらも飛行機を手に入れる。
キャサリンの元に向かったアルマシーは、息絶えた彼女を乗せて飛び立つのだが、撃墜され、記憶を失った身元不明の”イギリス人の患者”となったのだった・・・。
__________

第二次大戦前夜から戦時下、そして終戦に及ぶ、イタリアと北アフリカを舞台にしたラブ・ロマンス。

アンソニー・ミンゲラが、砂漠の美しさや、冒険家と人妻の恋を、官能的な映像美で描いた作品。

第69回アカデミー賞では12部門にノミネートされ、作品、監督賞をはじめ9部門で受賞した。

・受賞
作品・監督
助演女優(ジュリエット・ビノシュ)
編集
撮影・音楽・衣装デザイン音楽・音響賞
・ノミネート
主演男優(レイフ・ファインズ)
主演女優(クリスティン・スコット・トーマス)
脚色賞

北米ではまずまずの成績に終わったが、世界中で絶賛され、興行収入は全世界で約2億3200万ドルの大ヒットとなった。

北米興行収入 $78,651,400

大火傷を負った記憶を失った身元不明の謎の男”イギリス人の患者”が、甦る記憶と共に、人妻との恋やそのために、戦争の犠牲となってしまう身近な人々の死まで知るという、フラッシュバックを多用した巧みなストーリー展開に加え、スパイと考えられるその男を追う、元情報員が絡む物語などは、サスペンスとしても楽しめる仕上がりになっている。

また、支配国イギリスの軍隊に配属された、人情味あるインド人将校と、患者を看護するカナダ人従軍看護師のうたかたの恋なども、繊細なタッチで描かれている。

不倫や戦争の空虚さなど重苦しいテーマを描いた作品ではあるが、ジョン・シールによる撮影やガブリエル・ヤレドの音楽などで、優美なイメージを残す作品となっている。

主演のレイフ・ファインズは、患者と回想シーンとで、同一人物ではあるが、実質的には二役をこなす構成になっていて、修羅場を潜り抜けた瀕死の男と若き冒険家を、実力派らしく見事に演じてアカデミー主演賞候補になった。

同じくアカデミー主演賞候補になった調査員の妻クリスティン・スコット・トーマスも、夫と冒険家の恋の狭間で苦悩する女性を、悲しくも甘美に演じている。

そんな患者に起こったドラマを、少しずつ紐解きながら、戦地で健気に看護活動をするジュリエット・ビノシュの清楚な美しさ、強さと弱さを併せ持つ女性の、言葉少ない感情表現は見事で、アカデミー助演賞受賞に相応しい名演をみせてくれる。

主人公を裏切り者と見なす、元情報員ウィレム・デフォー、妻の浮気を知り嫉妬して、自虐的な死を遂げるイギリス情報部の協力者コリン・ファース、ハナ(J・ビノシュ)とのはかない恋や、部下の死に心を痛めながら戦地を去って行くインド人少尉役ナヴィーン・アンドリュースドイツ軍の北アフリカ戦線の冷酷な尋問官役のユルゲン・プロホノフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020