4312 Movies

ボーイズ・ライフ This Boy’s Life (1993)

  •  
  • 11
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1989年に発表された、トバイアス・ウルフの小説”This Boy’s Life”を基に製作された作品。
奔放な母親と暴力的な義父と暮らす少年の苦悩と成長を描く、監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ、主演ロバート・デ・ニーロエレン・バーキンレオナルド・ディカプリオ他共演のドラマ。


ドラマ

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ

製作:アート・リンソン
製作総指揮
ピーター・グーバー
ジョン・ピータース
原作:トバイアス・ウルフThis Boy’s Life
脚本:ロバート・ゲッチェル
撮影:デイヴィッド・ワトキン
編集:ジム・クラーク
音楽:カーター・バーウェル

出演
ドワイト・ハンセン:ロバート・デ・ニーロ
キャロライン・ウルフ・ハンセン:エレン・バーキン
トバイアス“トビー”ウルフ:レオナルド・ディカプリオ
アーサー・ゲイル:ジョナ・ブレッチマン
パール・ハンセン:エリザ・ドゥシュク
ノーマ・ハンセン:カーラ・グギノ
スキッパー・ハンセン:ザック・アンズリー
ロイ:クリス・クーパー
チャック・ボルガー:トビー・マグワイア
キャシー:トレーシー・エリス
マリアン:キャシー・キニー
ハワード:ゲリット・グレアム
ジミー・ヴォーヒーズ:ショーン・マーレイ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1993年製作 114分
公開
北米:1993年4月9日
日本:1993年11月6日
北米興行収入 $4,104,960


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1957年。
暴力的な恋人から逃れたキャロライン・ウルフ(エレン・バーキン)は、息子のトバイアス“トビー”(レオナルド・ディカプリオ)と共に、ウラン鉱を探して大金を稼ぐつもりで、フロリダからユタへ向かう。

10月15日、ソルトレイクシティ
ウランの話は当てが外れたキャロラインとトビーは、車も壊れたために捨てて、街で暮らすことにする。

問題児のトビーは思うような生活ができないことで不満が募り、兄を連れて家を出た父と別れなければよかった言われたキャロラインは気分を害する。

そんなキャロラインは、自分を追ってきた恋人のロイ(クリス・クーパー)からの電話を受ける。

訪ねて来たロイから銃をプレゼントされたトビーは喜ぶ。

ロイに迫られたキャロラインは、それを拒めずに愛し合う。

再びロイから逃げることにしたキャロラインは、トビーと共にバスで街を離れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
暴力的な恋人から逃げるためにフロリダからユタソルトレイクシティに移り住んだキャロラインと息子のトビーは、その後シアトルで暮らすことになる。
修理工のドワイト・ハンセンと知り合い付き合うようになったキャロラインは、彼にトビーを預けることを考える。
二人がうまくいけば結婚する考えのキャロルから、他に方法がないと言われたトビーは、仕方なくしそれに従う。
自分に刃向かうことは許さないと言って、威圧的な態度でトビーを脅すドワイトは、しつけのつもりで彼に接する。
そんなドワイトの仕打ちに耐えながら苦悩するトビーは、いつか町を出ることを夢見る日々を送るのだが・・・。
__________

作家トバイアス・ウルフの少年期の体験を基にした原作を、「メンフィスベル」(1990)や「ドク・ハリウッド」(1991)などの話題作を手掛けたイギリス人のマイケル・ケイトン=ジョーンズが監督した作品。

問題児であり不良少年だったトバイアス・ウルフが、いかにして自分の生きる道筋を見つけたか、その多感な少年期に受けた辛い体験を苦悩と共に描くドラマ。

1950年代末の良きアメリカ、激動する世の中のなかで、田舎町に閉じ込められているような日々を送る少年の複雑な思いを切実に描いた作品。

その少年を演ずるレオナルド・ディカプリオが大スターとなったために、今では主演のように表記されるものの、偏屈な義父を怪演するロバート・デ・ニーロが主演であり、彼と結婚するエレン・バーキンが、奔放で楽天的な女性をいい雰囲気で好演している。

ファーストクレジットではないが、主人公と言える少年を熱演して各方面から高い評価を得たレオナルド・ディカプリオは、同年末に公開される「ギルバート・グレイプ」(1993)の演技が絶賛され、アカデミー助演賞にノミネートされた。

評価もまずまずで魅力的なキャスティングであったにも拘わらず、興行的には成功しなかった作品。

当初はトビー(レオナルド・ディカプリオ)と対立するものの、友情が芽生える同級生のジョナ・ブレッチマン、ドワイト(ロバート・デ・ニーロ)の娘エリザ・ドゥシュクカーラ・グギノ、息子のザック・アンズリー、キャロライン(エレン・バーキン)の恋人クリス・クーパー、トビーの不良仲間トビー・マグワイアショーン・マーレイ、キャロルとトビーの同居人トレーシー・エリスキャシー・キニー、トビーと面接をする”ヒル・スクール”の職員ゲリット・グレアムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020