4545 Movies

知らなすぎた男 The Man Who Knew Too Little (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年に発表された、ロバート・ファラーの小説”Watch That Man”を基に製作された作品で、1934年のアルフレッド・ヒッチコック作品”The Man Who Knew Too Much”及び、そのリメイクである1956年の「知りすぎていた男」のパロディ。
ロンドンを舞台に、冷戦復活を画策する陰謀に巻き込まれながら芝居だと思い続けるアメリカ人男性が引き起こす騒動を描く、監督ジョン・アミエル、主演ビル・マーレイピーター・ギャラガージョアンヌ・ウォーリーアルフレッド・モリーナ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・アミエル

製作
アーノン・ミルチャン
マイケル・G・ネイサンソン
マーク・ターロフ
原作:ロバート・ファラー”Watch That Man”
脚本
ロバート・ファラー
ハワード・フランクリン
撮影:ロバート・M・スティーヴンズ
編集:パメラ・パワー
音楽:クリストファー・ヤング

出演
ウォレス・リッチー:ビル・マーレイ
ジェイムズ・リッチー:ピーター・ギャラガー
ローレライ”ローリー”:ジョアンヌ・ウォーリー
ボリス”ザ・ブッチャー”ブラバスキー:アルフレッド・モリーナ
ロジャー・ダゲンハースト卿:リチャード・ウィルソン
セルゲイ・ニコラエヴィッチ:ニコラス・ウッダーソン
ギルバート・エンブルトン:ジョン・スタンディング
ホーキンス:サイモン・チャンドラー
ルドミラ・クロポトキン博士:ジェラルディン・ジェームズ
バーバラ・リッチー:アンナ・チャンセラー
ユーリ:クリフ・パリシ
ディミトリ:ジョン・トムソン
スペンサー:テリー・オニール
アナベル:ジャクリーン・フィリップス
オットー:デクスター・フレッチャー
SM趣味の老女:シーラ・リード
暴漢:エディー・マーサン
コンスエラ:イザベル・ヘルナンデス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1997年製作 94分
公開
北米:1997年11月14日
日本:1998年11月21日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $13,717,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
イギリスロシアによる協定が結ばれる夜を前に、ある組織が実行する両国首脳の暗殺計画が進められ、”マトリョーシカ人形”に時限爆弾が仕掛けられて5時間後の爆発がセットされる。

アメリカ人のウォレス・リッチー(ビル・マーレイ)は、空港の入国手続きを行う。

今日は自分の誕生日なので、銀行員の弟ジェイムズ(ピーター・ギャラガー)を驚かすなど、よけいなことを話したウォレスは手続きに手間取る。

その頃ジェイムズは、ドイツ人の銀行家を招く大切な会合を自宅で開くために準備をしていた。

街角の一室では”ライブ劇場”が行われ、演出家のアナベル(ジャクリーン・フィリップス)は、役者のオットー(デクスター・フレッチャー)とデズに演技の指示を与える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
イギリスロシアによる協定が結ばれることになり、冷戦復活を画策するダゲンハースト卿と国防大臣のエンブルトンらは、ロシアの諜報員セルゲイらと協力して両国首脳の暗殺計画を進める。
ビデオ店で働くアメリカ人のウォレス・リッチーは、銀行家の弟ジェイムズを訪ねて誕生日を祝ってもらおうとする。
自宅で大事な商談があるジェイムズは、素人が参加できる”ライブ劇場”にウォレスを参加させようとする。
電話ボックスで指示を受けたウォレスは、それがダゲンハースト卿から殺し屋への指令司令だと気づかないまま、指定された場所に向かう。
エンブルトンの情婦ローリー殺害を命ぜられたウォレスは、ある手紙を手に入れれば大金が手に入ると彼女から言われる。
芝居が発展していくと考えたウォレスは興奮し、陰謀に巻き込まれていることに気づかないまま、命を狙われながらローリーと行動を共にするのだが・・・。
__________

脚本も担当したロバート・ファラーの原作を基に、1934年のアルフレッド・ヒッチコック作品”The Man Who Knew Too Much”及び、そのリメイクである1956年の「知りすぎていた男」のパロディ。
音楽と雰囲気は”007”&”ピンクパンサー”を合わせたような作品。

少々おめでたいアメリカ人男性が、国家を揺るがす陰謀に巻き込まれながら引き起こす騒動を描く爆笑コメディ。

単なる巻き込まれ型のサスペンスではなく、主人公はそれに気づかず芝居に参加していると思い込んでいる姿が笑わせてくれる。
更には、事件解決後も、主人公だけが芝居が続いていると信じて終わるラストも可笑しい。

とぼけた雰囲気の主演のビル・マーレイは正にはまり役で、自分だけが興奮して”演技”を続ける役柄を愉快に演じている。

個性豊かな共演陣も注目で、主人公の弟で銀行家のピーター・ギャラガー、主人公に協力する娼婦のジョアンヌ・ウォーリー、主人公を追うロシアのスパイで、最後には敵にエールを贈るアルフレッド・モリーナ冷戦復活を目的とした暗殺計画の首謀者リチャード・ウィルソン、そのアシスタントのサイモン・チャンドラー、彼らと手を組むロシアの諜報員ニコラス・ウッダーソン、計画に加担する国防大臣のジョン・スタンディング、ジェイムズ(ピーター・ギャラガー)の妻アンナ・チャンセラー、ボリス(アルフレッド・モリーナ)の部下クリフ・パリシジョン・トムソン、殺し屋のテリー・オニール、”ライブ劇場”の演出家ジャクリーン・フィリップス、それに参加する役者デクスター・フレッチャー、SM趣味の老女シーラ・リード、主人公を襲う暴漢エディー・マーサン、ジェイムズの家のメイド、イザベル・ヘルナンデスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021