4236 Movies

知りすぎていた男 The Man Who Knew Too Much (1956)

  •  
  •  
  • 105
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

アルフレッド・ヒッチコックが、イギリス時代の1934年に製作した「暗殺者の家」のリメイク。
旅行中の医師一家が某国の陰謀に巻き込まれる姿を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ジェームズ・ステュアートドリス・デイ他共演のサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest
ドリス・デイ / Doris Day / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作
チャールズ・ベネット
D・B・ウィンダム=ルイス
脚本
ジョン・マイケル・ヘイズ
アンガス・マクファイル
撮影 ロバート・バークス
編集 ジョージ・トマシーニ
音楽 バーナード・ハーマン

出演
ジェームズ・ステュアート:ベンジャミン”ベン”マッケンナ
ドリス・デイ:ジョセフィーン”ジョー”コンウェイ・マッケンナ
ブレンダ・デ・バンジー:ルーシー・ドレイトン
バーナード・マイルズ:エドワード・ドレイトン
ラルフ・トルーマン:ブキャナン警部
ダニエル・ジェラン:ルイ・ベルナール
クリス・オルセン:ヘンリー”ハンク”マッケンナ
レジー・ナルダー:リーン
アラン・モウブレイ:ヴァル・パーメル
ヒラリー・ブルック:ジャン・ピーターソン
キャロリン・ジョーンズ:シンディ・フォンテイン
ノエル・ウィルマン:ウォバーン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1956年製作 120分
公開
北米:1956年6月1日
日本:1956年7月26日
製作費 $2,500,000
北米興行収入 $10,250,000


アカデミー賞
第29回アカデミー賞

・受賞
歌曲賞
Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アメリカ人医師ベンジャミン”ベン”マッケンナ(ジェームズ・ステュアート)は、かつてはブロードウェイのスターだった妻ジョセフィーン”ジョー”(ドリス・デイ)と、息子ハンク(クリス・オルセン)を連れ、パリで学会に出席した後、モロッコへと休暇旅行に向かう。

カサブランカからマラケシュへ行く途中、バスの中でハンクが、誤って女性のベールを取ってしまう。

それを、現地のアラブ人男性に責められているところを、ルイ・ベルナール(クリス・オルセン)という親切なフランス人男性に救われ、ベンはお礼をするために彼を部屋に招待する。

マラケシュ
ベルナールは、アラビア料理店にベンらを招待することになり、一旦別れるが、彼がハンクに怒ったアラブ人と親しげに話しているのを見たジョーは不審に思う。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映から約25分後、今回は、マラケシュの市場でアクロバットを見ている場面で登場する。
後姿で出演しているので、見過ごしてしまうかもしれない。

*(簡略ストー リー)
パリの学会を終えマラケシュへの休暇旅行に向かった外科医ベン・マッケンナ一家は、異国の文化に触れながら楽しい旅行を続けていた。
途中、親切なフランス人ベルナールに出会ったベンと妻ジョーは、彼と食事をすることになる。
しかし、ベルナールはそれをキャンセルして、翌日、市場で殺害されてしまう。
ベルナールは死に際に、ベンに意味不明な言葉を残すが、その後、彼の息子ハンクが、現地で親しくなったイギリス人のドレイトン夫妻に誘拐されてしまう。
ベンは、ベルナールが諜報員で、自分達が身に覚えのない事件に巻き込まれたことに気づき、ジョーと共にハンクを救い出すため、夫妻が向かったと思われるロンドンに向かうのだが・・・。
__________

ユーモア、スリル、謎解き、そして見事な挿入歌の効果など、娯楽の要素がふんだんに盛り込まれたサスペンス映画の秀作。

シンバルの音と共に、暗殺の銃弾が放たれようとする緊迫感や、数々の小道具の使い方なども抜群で、ヒッチコックの無駄のない軽快な演出は冴え渡る。

また、音楽担当のバーナード・ハーマンが、アーサー・ベンジャミンカンタータ”Storm Clouds”を、実際にロンドン交響楽団を指揮して盛り上げるクライマックスも迫力十分だ。

ロイヤル・アルバート・ホールでの演奏の最中、曲だけ流れ、セリフなしで暗殺の瞬間の緊迫感を伝える、10分間の見事な演出も圧巻だ。

事件が解決し映画が終わる、わずか20秒の間に、もう一ひねりして笑わせてくれるラストも素晴しい。

第29回アカデミー賞では、歌曲賞を受賞した。

Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be)

裏窓」(1954)、「めまい」(1958)など、ヒッチコックお気に入りスターのジェームズ・ステュアートは、インテリだが不器用そうなところがあり、温厚に見えて癇癪持ちでもある、人間味溢れる医師役を好演している。

実際には、ジェームズ・ステュアートととは16歳の年の差があるドリス・デイだが、実生活で16歳で結婚しているだけあり、30代前半には見えない、母親としての落ち着きが感じられる。

また、アカデミー賞を受賞した”ケ・セラ・セラ”を見事なハスキー・ボイスで披露してくれる。

その他、暗殺計画犯ブレンダ・デ・バンジーバーナード・マイルズ、警部ラルフ・トルーマン、その助手ノエル・ウィルマン、諜報員ダニエル・ジェラン、殺し屋のレジー・ナルダー、主人公の息子クリス・オルセン、ジョー(ドリス・デイ)のロンドンの友人アラン・モウブレイヒラリー・ブルックキャロリン・ジョーンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020