4233 Movies

ハリーの災難 The Trouble With Harry (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

1950年に発表された、ジャック・トレヴァー・ストーリーの小説”The Trouble with Harry”を基に製作された作品。
秋深まる山間の村で起きた男性死亡事件をコミカルに描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演エドマンド・グウェンジョン・フォーサイスシャーリー・マクレーンミルドレッド・ナトウィック他共演のコメディ。


コメディ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ジャック・トレヴァー・ストーリー”The Trouble with Harry”
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影:ロバート・バークス
編集:アルマ・マクローリー
音楽:バーナード・ハーマン

出演
エドマンド・グウェン:アルバート・ワイルス船長
ジョン・フォーサイス:サム・マーロウ
シャーリー・マクレーン:ジェニファー・ロジャース
ミルドレッド・ナトウィック:アイヴィー・グレイヴリー
ミルドレッド・ダノオック:ウィグス夫人
ローヤル・ダノ:カルヴィン・ウィグス保安官補
ジェリー・メイザース:アーニー・ロジャース
ドワイト・マーフィールド:グリーンボウ医師

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1996年製作 99分
公開
北米:1955年10月3日
日本:1956年2月26日
製作費 $1,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
バーモント州。
秋深まる小さな村、森の中で奇妙な事件が起きる。

4歳の男の子、アーニー・ロジャース(ジェリー・メイザース)は、森に遊びに行った際に、男の死体を見つける。

ウサギを撃つために森にいた元船長のアルバート・ワイルス(エドマンド・グウェン)は、空き缶や禁猟区域の看板に命中した自分の弾を確認しながら歩いていた。

そして、ワイルスは男の死体を見つけ、自分が誤って撃ち殺したものと思う。

死体を隠そうとしたワイルスだったが、そこに、アイヴィ・グレイヴリー(ミルドレッド・ナトウィック)が現れる。

悪気はなかったと、動揺するワイルスに同情するアイヴィは、彼を午後のお茶に誘いその場を立ち去る。

その直後、アーニーと母親のジェニファー(シャーリー・マクレーン)が現れ、彼女は、死体の男を知り合いの”ハリー”だと確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映から約22分、青年画家マーロウ(ジョン・フォーサイス)の絵を見ている、老紳士のリムジンの後ろを歩いていく、コートを着た男性がヒッチコック
注意してよ~く見ていないと、全く分からない。

*(簡略ストー リー)
秋深まるある山間の村で、男の死体が発見される。
ウサギを撃っていた元船長アルバート・ワイルスは、自分がその男を殺したものと思い動揺する。
そこに、彼に同情する婦人のアイヴィと死体の第一発見者の少年アーニーの母ジェニファーなどが次々と現れる。
ワイルスは、スケッチに来て死体を発見した青年画家マーロウと共に、それを一旦隠す。
その後、ジェニファーが死体の男の知り合いだと知ったマーロウは、彼女の元を訪ねる。
マーロウは、死体の男ハリーが、実は訳あって結婚したジェニファーの夫であり、彼女が現れた彼を殴ったと知らされる。
ハリーを殴り殺したと、アイヴィから告白されていたワイルスと共に、マーロウは森に向い死体を埋めようとする。
自分が撃ったウサギも見つかったことで、ハリーを撃っていないことに気づいたワイルスは、埋めた死体を再び掘り起こそうとする・・・。
__________

もともと、ヒッチコック作品にはユーモアは欠かせない要素だが、かねてから彼が提唱する”殺人は喜劇だ”の最たるものがこの作品。

”殺人”という事実(実は病死)のみが恐怖を連想させるだけで、4人の人の好い田舎の村人が、あたふたする姿をユーモラスに、また軽快なタッチでに描いたシンプルな中に捻りを効かせたヒッチコックの演出は素晴しい。

主人公は死体であり、その死体の顔は遠めにしか見えない、そこで青年画家が死に顔をスケッチする。
余りにもインパクトのあるスケッチが、クライマックスで絶妙な小道具として使われるという、脚本と演出も見事である。

ロケは、バーモントの山間で1954年の10月から12月にかけて行われ、その紅葉は実に美しい。

ヒッチコック作品の常連、バーナード・ハーマンの拍子抜けしたメロディと、彼らしいテンポの良いテーマ曲も効果的に使われている。

同じヒッチコック作品の傑作サスペンス「海外特派員」(1941)では、殺人鬼を演じたエドマンド・グウェンは、はにかみ屋の元船長、陰日向のない青年画家ジョン・フォーサイス、撮影当時まだ20歳だったシャーリー・マクレーンは、美しいというより、あどけなさと色気が入り混じる不思議な魅力を感じる、デビュー作に思えない注目の存在だ。

ジョン・フォード作品の常連でもある、オールドミス役のミルドレッド・ナトウィックの出演もファンには嬉しいばかりだ。

神経質そうな保安官補ローヤル・ダノと、可愛らしい坊やジェリー・メイザースも印象に残る。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020