4236 Movies

ロープ Rope (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

興味本位で実行される密室での殺人を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ジェームズ・スチュワートジョン・ドールファーリー・グレンジャーセドリック・ハードウィック共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作
アルフレッド・ヒッチコック
シドニー・バーンスタイン
原作:パトリック・ハミルトンRope”(戯曲)
脚本
アーサー・ローレンツ
ヒューム・クローニン
撮影
ジョセフ・A・ヴァレンタイン
ウィリアム・V・スコール
編集:ウィリアム・H・ジグラー
音楽:レオ・F・フォーブスタイン

出演
ジェームズ・スチュワート:ルパート・カデル
ジョン・ドール:ブランドン・ショー
ファーリー・グレンジャー:フィリップ・モーガン
セドリック・ハードウィック:ヘンリー・ケントリー
コンスタンス・コリアー:アニータ・アトウォーター
ジョーン・チャンドラー:ジャネット・ウォーカー
ダグラス・ディック:ケネス・ローレンス
エディス・エヴァンソン:ウィルソン
ディック・ホーガン:デヴィッド・ケントリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1948年製作 80分
公開
北米:1948年8月28日
日本:1962年10月20日
製作費 $1,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークマンハッタン
カーテンの閉まっているアパートの一室。耽美主義者ブランドン・ショー(ジョン・ドール)と友人フィリップ・モーガン(ファーリー・グレンジャー)は、大学のクラスメイトだったデヴィッド・ ケントリー(ディック・ホーガン)を絞殺する。

二人の絞殺の理由は別になく、自分達の優れた能力を試してみたかっただけだった。

デヴィッドの死体をチェストに隠したブランドンは、完璧な殺人に酔いしれるが、フィリップは動揺を隠せない。

二人は、その上のスリルを味わうために、田舎に帰る予定のフィリップの送別会を名目に、パーティーの準備 までしてあった。

さらにブランドンは、死体の入ったチェストを開けさせないために、パーティーの食卓にすることまで考え、フィリップを驚かせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
今回は、二度登場するヒッチコックだが、彼を確認するのは不可能だと思う。
まず、オープニングで、女性と通りを歩く男性。

二度目は、上映後、約55分、アパートの中から見える、お馴染みのヒッチコックの似顔絵が、赤く点滅する窓越しのネオン・サインとして登場する。

どちらも小さいので、注意して見ていても、彼だとは判別できないだろう。

*(簡略ストー リー)
元学友のブランドンとフィリップは、同じくクラスメイトだったデヴィッドを絞殺する。
自分達の優れた才能を試しただけだった二人だが、ブランドンは、犯行、そして、これから起きる出来事に”期待”して自分の行動に酔いしれる。
しかし、それに対しフィリップは早くも動揺を隠せない。
遺体を部屋の中のチェストに隠し、パーティーの準備をしてあった二人の元に、やがて殺害したデヴィッドに関係する人々が現れる。
大胆にもブランドンは、死体を隠してあるチェストを食卓にして、そして犯行に使ったロープも無造作に引き出しにしまう。
その後、デヴィッドが姿を現さないことを疑問に思い始めた招待客の中で、学友達の出身校の舎監であり出版を手がけるルパート・カデルが、ブランドンとフィリップの挙動を不審に思い始める・・・。
__________

ガス燈」(1944)でも知られる、イギリスの戯曲家パトリック・ハミルトンの、1929年に初演された同名舞台劇の映画化。

実際に1924年に起きた、”レオポルドとローブ”事件を元にしているドラマ。

映画の進行時間と、夕方から夜にかけてのドラマ展開の時間が一致する設定になっている作品。

さらに、10分間ずつをつなげたワンシーン撮影も試みている画期的な作品でもある。

非常に凝った手法が話題を呼んだ作品なのだが、時間経過だけを追うと、なんともあっさりした送別会のパーティーだという疑問を持たれるかも知れない。
そのあたりは、現実に戻りあくまでも”舞台劇”として解釈して観たほうが良い。

密室の出来事なのでやや地味に思える作品だが、随所にサスペンスの醍醐味が味わえるシーンが挿入され、さすがにアルフレッド・ヒッチコック作品だと思わせる見事な演出を見せてくれる。

例えば、パーティー終了後、家政婦役のエディス・エヴァンソンが、死体の入っているチェストの上の食卓を少しずつ片付けていくシーン。

男性達の会話が気になりながらも、画面左下に映る死体の入っているチェストが、いつ開けられるか見入ってしまう場面は、死体も見せずに緊張感を煽るいかにもヒッチコックらしい演出だ。

今後、ヒッチコックと何作もでコンビを組むことになるジェームズ・スチュワートは、学友達の大学の舎監という役柄で、まだ40歳だった彼はメイクでかなり老けた男性に見せている。
殺人を犯す二人を中心に展開していくドラマなので、中盤からクライマックス以外は淡々と演じ、ラストでの怒りと落胆を表現する演技はさすがだ。

殺人という行為を犯した瞬間から、全く対照的な行動をとり始めるジョン・ドールファーリー・グレンジャーの、甲乙つけ難いそれぞれの感情表現なども注目だ。

ヒッチコックの傑作「断崖」(1941)でも存在感を見せてくれたセドリック・ハードウィックは、登場するだけで画面が引き締まって見えるほどの、威厳ある雰囲気が漂う名優だ。

C・ハードウィックの同伴者役のコンスタンス・コリアー、被害者の婚約者ジョーン・チャンドラー、その元婚約者ダグラス・ディック、家政婦役のエディス・エヴァンソン、被害者のディック・ホーガンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020