4240 Movies

断崖 Suspicion (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

1932年に発表された、イギリスの推理小説家アンソニー・バークリーフランシス・アイルズ)の小説”Before the Fact”を基に製作された作品。
借金苦から逃れようとする男、その妻となった被害妄想の令嬢の噛み合わない関係を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコックケイリー・グラントジョーン・フォンテインナイジェル・ブルースセドリック・ハードウィックメイ・ウィッティレオ・G・キャロル他共演の心理スリラーの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:アンソニー・バークリーフランシス・アイルズ) ”Before the Fact
脚本
サムソン・ラファエルソン
アルマ・レヴィル
ジョーン・ハリソン
撮影:ハリー・ストラドリング
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
ケイリー・グラント:ジョニー・エイスガー
ジョーン・フォンテイン:リナ・マクレイドロウ・エイスガー
ナイジェル・ブルース:ゴードン・コクランス”ビーキィ”スウェイト
セドリック・ハードウィック:マクレイドロウ将軍
メイ・ウィッティ:マーサ・マクレイドロウ
イザベル・ジーンズ:ミセス・ニューシャム
ヘザー・エンジェル:エセル
オリオール・リイ:イソベル・セドバスク
レオ・G・キャロル:ジョージ・メルベック

アメリカ 映画
配給 RKO
1941年製作 99分
公開
北米:1941年11月14日
日本:1947年2月25日
製作費 $1,800,000
北米興行収入 $4,500,000


アカデミー賞
第14回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(ジョーン・フォンテイン
・ノミネート
作品・作曲賞(ドラマ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
若くて上品なのだが、どこか垢抜けないリナ・マクレイドロウ(ジョーン・フォンテイン)は、汽車の中で、厚かましい男性のジョニー・エイスガー(ケイリー・グラント)に出会う。

新聞に載っていたジョニーの記事で、リナは彼が社交界で派手な噂が絶えないことを知る。

その後、乗馬をするリナの姿を見たジョニーは、電車の時とは別人のような彼女の美しさに見とれてしまう。

リナが上流階級の令嬢だということを知り、ジョニーは女友達を引き連れて彼女を教会に誘う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映後約45分、今回は、ジョーン・フォンテインが立ち寄る町の本屋前の郵便ポストに手紙を出そうとしている。
やや遠景のショットなので、見過ごしてしまうかもしれない。

*(簡略ストー リー)
富豪令嬢のリナ・マクレイドロウは、汽車で出会った、社交界で噂の男性ジョニー・エイスガーに心惹かれる。
ジョニーが詐欺師まがいのプレイボーイだと知りつつも、世間知らずのリナは彼の虜になる。
両親には話さず駆け落ちしてしまったリナだったが、ジョニーが文無しで仕事をする気もなく、自分の持参金を当てにしていることを知る。
それでも、ジョニーを許してしまうリナは、その後、彼の不審な行動に疑問を持ち、ついには殺人を企んでいるのではないかと疑い始める・・・。
_________

世間知らずの令嬢の被害妄想、必死に借金苦から逃れようとする詐欺師まがいの男、つまり大人として未熟な男女が愛し合ってしまった結果の、言い知れぬ不安や疑念を抱く人間心理を見事にサスペンスにしたアルフレッド・ヒッチコックの演出は冴え渡る。

毒殺の恐怖に怯えるヒロインに運ぶ、ミルクだけが光る演出などはうならされる。

また、作家(オリオール・リイ)に招待された食事の席で、正装してテーブルにつく優雅な雰囲気の中、会話は殺人や毒殺の内容で終始し、美味しそうな料理をグロテスクに見せてアップで映すシーンや食べ物を粗末に描写するなど、ヒッチコックお得意の演出も楽しめる。

アカデミー作曲賞にノミネートされた、フランツ・ワックスマンの音楽も心に残る。

第14回アカデミー賞では、ジョーン・フォンテインが主演女優賞を受賞した。
・ノミネート
作品・作曲賞(ドラマ)

プレイボーイである憎みきれない小心者を演じたケイリー・グラントは、いつものようにユーモアも見せつつ、疑わしき主人公を好演している。

前年のヒッチコック作品の「レベッカ」(1940)でも好演し、アカデミー主演賞候補にもなったジョーン・フォンテインは、本作で見事に主演賞を獲得した。

その育ちからか、自ら恋焦がれて結婚したにも拘らず、自分本位に妄想を抱き苦悩する妻役を見事に演じている。

共演陣では、この時代の名作に軒並み出演している、主人公の母親であるメイ・ウィッティ、既にサーの称号を受けていた、父親役のセドリック・ハードウィックヒッチコック作品に6作出演する不動産業者レオ・G・キャロルらベテランの演技が、作品に重みを加えている。

主人公ジョニーの友人で、楽天家のナイジェル・ブルースの、洒脱な人柄が非常に印象に残る。

主人公の知人役イザベル・ジーンズ、メイド役のヘザー・エンジェル、ミステリー作家オリオール・リイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020