4237 Movies

引き裂かれたカーテン Torn Curtain (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★☆☆

冷戦下の東ベルリン他を舞台にミサイル理論を盗み出そうとする物理学者の極秘行動を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ポール・ニューマンジュリー・アンドリュースリラ・ケドロヴァハンスイェルク・フェルミー他共演のスパイ・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ブライアン・ムーア
撮影:ジョン・F・ウォーレン
編集:バッド・ホフマン
音楽:ジョン・アディソン

出演
マイケル・アームストロング教授:ポール・ニューマン
サラ・ルイーズ・シャーマン:ジュリー・アンドリュース
クチンスカ伯爵夫人:リラ・ケドロヴァ
ハインリッヒ・ゲルハルト:ハンスイェルク・フェルミー
ヤコビ:デヴィッド・オパトッシュ
グスタフ・リント教授:ルドウィッグ・ドナス
カール・マンフレッド教授:ギュンター・ストラック
ヘルマン・グロメク:ウォルフガング・キーリング
農夫:モート・マイルズ
農夫の妻:キャロリン・コンウェル
コスカ:ギセラ・フィッシャー
バレリーナ:タマーラ・トゥマーノワ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1966年製作 128分
公開
北米:1966年7月14日
日本:1966年10月1日
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アメリカからデンマークコペンハーゲンへ向かう、国際物理学者会議に出席する科学者一行の中に、 アメリカ人物理学者マイケル・アームストロング(ポール・ニューマン)と、助手で婚約者のサラ・ルイーズ・シャーマン(ジュリー・アンドリュース)がいた。

アームストロングは、コペンハーゲンの書店で本を受け取るようにという電報を、一旦は間違えだと言ってその受け取りを拒むが、その後、了解したという内容の返信を送る。

コペンハーゲン
一行はホテルに向かい、アームストロングがシャワーを浴びている間に、シャーマンが書店からの電話で本を受け取りに出かけてしまう。

本屋の場所が分からなかったシャーマンだったが、同行していたカール・マンフレッド教授(ギュンター・ストラック)に案内されることになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映開始後約8分、コペンハーゲンのホテルのロビーで、赤ちゃんを抱きかかえている男性。
とても分かり易い。

*(簡略ストー リー)
物理学会に参加する著名な物理学者マイケル・アームストロングは、助手で婚約者のシャーマンと共にコペンハーゲン入りする。
その後、アームストロングの不審な行動に気づいたシャーマンは、彼が東ベルリンに向かうことを知る。
彼を追ったシャーマンは、アームストロングが亡命を希望したために驚いてしまう。
しかし、アームストロングは、実は自分の実験を成功させるために、東側の情報を盗み出そうとするスパイだった。
危険が伴う行動のために、アームストロングは、それをシャーマンには告げられなかったのだ。
仕方なくアームストロングはシャーマンに真相を知らせ、現地諜報員の協力を得て、情報を持つ教授に接触しようとするのだが・・・。
___________

大スター、ポール・ニューマンと「メリー・ポピンズ」(1964)や「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)で、世界的な人気を得た直後であったジュリー・アンドリュースが共演するヒッチコック作品ということで、大いに話題になった作品。

しかし、スリラーではないにしてもサスペンスとしての面白味は今一で、ついにヒッチコックの演出も衰えてしまったかと言われ、彼としては平凡な作品。

期待のユーモアも、主人公達が見せる場面ではなく、世界的バレリーナのタマーラ・トゥマーノワが、物理学者のお陰で、スターの自分が無視されるシーンと、伯爵夫人役のリラ・ケドロヴァのコミカルな演技くらいで、物足りない感じがする。

東西冷戦の真っ只中ということもあり、緊迫感を煽られるのかと思いきや、それも中途半端だ。

さすがのポール・ニューマンも、物理学者という役柄が彼のイメージでもなく、色気のないところが学者的とは言えるジュリー・アンドリュースは、ポール・ニューマンの添え物のようで存在感がない。

終盤に登場して印象に残る、アメリカ行きを希望する伯爵夫人役のリラ・ケドロヴァ国家保安省シュタージ)のハンスイェルク・フェルミーウォルフガング・キーリング、現地諜報員役のデヴィッド・オパトッシュモート・マイルズ、妻のキャロリン・コンウェル、ギセラ・フィッシャー、主人公の協力者ギュンター・ストラック、ミサイル開発の鍵を握る教授ルドウィッグ・ドナスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020