4237 Movies

フレンジー Frenzy (1972)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

アルフレッド・ヒッチコック(製作、監督)が祖国イギリスロンドンを舞台に連続絞殺事件を描く、主演ジョン・フィンチバリー・フォスターバーバラ・リー・ハントアンナ・マッセイ他共演のサスペンス・スリラー。


スリラー/ホラー

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:アーサー・ラ・バーンGoodbye Piccadilly, Farewell Leicester Square
脚本:アンソニー・シェーファー
撮影:ギルバート・テイラー
編集:ジョン・ジンプソン
音楽:ロン・グッドウィン

出演
リチャード・イアン”ディック”ブレイニー:ジョン・フィンチ
ロバート”ボブ”ラスク:バリー・フォスター
ブレンダ・マーガレット・ブレイニー:バーバラ・リー・ハント
バーバラ・ジェーン”バブス”ミリガン:アンナ・マッセイ
フェリックス・フォーサイス:バーナード・クリビンズ
オックスフォード警部:アレック・マッコーエン
オックスフォード夫人:ヴィヴィアン・マーチャント
ヘティ・ポーター:ビリー・ホワイトロー
モニカ・バーリング:ジーン・マーシュ
スピアマン巡査部長:マイケル・ベイツ
ジョニー・ポーター:クライヴ・スウィフト

イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1971年製作 116分
公開
イギリス:1972年5月25日
北米:1972年6月21日
日本:1972年7月29日
製作費 $2,000,000
世界 $16,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドンテムズ川
ネクタイで首を絞められた、全裸の女性の死体が発見される。

連続で起きている殺人事件に、人々は警察の捜査の甘さを指摘する。

パブのバーテンダーである、リチャード・イアン”ディック”ブレイニー(ジョン・フィンチ)は、あることで店長フェリックス・フォーサイス(バーナード・クリビンズ)に言いがかりをつけられ、店をクビになる。

ブレイニーは、同僚で恋人のバーバラ・ジェーン”バブス”ミリガン(アンナ・マッセイ)に心配されながら、その場を去っていく。

その後、友人のロバート”ボブ”ラスク(バリー・フォスター)に愚痴をこぼしたブレイニーは彼に励まされ、競馬の確実な予想を知らされてパブに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

1966年に発表された、イギリス人作家アーサー・ラ・バーンの小説”Goodbye Piccadilly, Farewell Leicester Square”を基に製作された作品。

★ヒッチコック登場場面
上映開始後約3分、オープニング・クレジットの直後、演説を聞いている民衆の中の男性の一人がヒッチコック
画面の中心で、シルクハットを被っているのでとても分かり易い。
その後、女性の死体が発見され、野次馬としてその場で人々の話を聞いている。

*(簡略ストー リー)
ロンドンで起きる連続考察事件が解決しないまま、人々は不安の日々を過ごしていた。
バーテンダーのブレイニーは、癇癪を起してパブをクビになり、結婚相談所を経営する元妻のブレンダに会いに行く。
しかし、翌日、ブレイニーの親友で、性的異常者のラスクは、顧客としてブレンダの元に向かい、実は絞殺魔だった彼は、彼女に襲い掛かり殺害してしまう。
ブレンダの秘書の証言などで、夫ブレイニーが容疑者となるが、彼は、パブの同僚で恋人のバーバラと、友人に誘われてパリに向かおうとする。
そんな時、ラスクの魔の手はバーバラに迫り、彼女も殺害されてしまう。
そして、行き場のなくなったブレイニーは、親友のラスクに助けを求めるのだが・・・。
__________

70歳になったアルフレッド・ヒッチコックが、久し振りに祖国イギリスロンドンを舞台にして、連続絞殺事件を描いたサスペンス・スリラー。

ハリウッド製でなく、大物俳優が出演している作品でもないが、母国を舞台にしたアルフレッド・ヒッチコックのユーモアのセンスやカメラワーク、またイギリスの文化を見事に映し出した演出は、やや低調気味だった彼の復活を感じさせる作品として評価された。

ヒッチコックは衰えるどころか、食べ物をとんでもなくグロテスクに描写したり、相変わらずの”女性蔑視”とも取れる表現はエスカレートしていく一方という感じで、そんなシーンが、これでもかというほど挿入されている。

特に、警部オックスフォードがシンプルな料理を望むのに対し、凝り性の妻が、見るからにまずそうな料理を夫に振舞うシーンなどは、食事を拷問のように見せるという、ヒッチコックの真骨頂が見事に発揮されていて、何度見ても笑えてしまう。

オープニング・クレジットの、ロンドンの空撮から被害者発見現場となるテムズ川岸に至るショットは、明らかに「サイコ」(1960)のオープニングを意識している。

その他、犯行現場や犯行そのものを見せずに、その恐怖感を伝える長回しなど、ヒッチコックらしい手法が満載された見所の多い作品だ。

切羽詰り、焦った行動が全て犯行の裏付けになってしまい、ラスト1分前までそれが続いてしまうという不運な主人公ジョン・フィンチ、早々に犯人と分かるのだが、追われる容疑者を尻目に犯行を続けるバリー・ フォスター、犠牲になる主人公の元妻役バーバラ・リー・ハントと、恋人アンナ・マッセイ(名優レイモンド・マッセイの娘)、パブの店長バーナード・クリビンズ、妻の料理に苦労する警部アレック・マッコーエン、その妻ヴィヴィアン・マーチャント、主人公を疑う女性ビリー・ホワイトロー、その夫役クライヴ・スウィフト、結婚相談所の秘書ジーン・マーシュ、巡査部長のマイケル・ベイツ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020