4237 Movies

疑惑の影 Shadow of a Doubt (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

裕福な未亡人ばかりを狙う連続殺人犯の姪を巻き込んだ逃亡劇を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演テレサ・ライトジョセフ・コットンマクドナルド・ケリーパトリシア・コリンジヘンリー・トラヴァースヒューム・クローニン他共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:ジャック・H・スカーボール
原作:ゴードン・マクドネル
脚本
ソーントン・ワイルダー
アルマ・レヴィル
サリー・ベンソン
撮影:ジョセフ・A・ヴァレンタイン
編集:ミルトン・カールース
音楽
ディミトリ・ティオムキン
チャールズ・プレヴィン

出演
シャーロット”チャーリー”ニュートン:テレサ・ライト
チャールズ・オークリー:ジョセフ・コットン
ジャック・グレアム:マクドナルド・ケリー
エマ・ニュートン:パトリシア・コリンジ
ジョセフ・ニュートン:ヘンリー・トラヴァース
フレッド・ソーンダース:ウォーレス・フォード
ハーブ・ホーキンス:ヒューム・クローニン
アン・ニュートン:エドナ・メイ・ウォナコット
ロジャー・ニュートン:チャールズ・ベイツ
ポッター夫人:フランセス・カーソン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1943年製作 108分
公開
北米:1943年1月12日
日本:1946年12月17日


アカデミー賞
第16回アカデミー賞

・ノミネート
原作賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
大金を持ったチャールズ・オークリー(ジョセフ・コットン)は、自分を尾行する二人の男を振り切り街を離れようとする。

姉エマ・ニュートン(パトリシア・コリンジ)を訪ねることにしたチャールズは、ニュートン家に電報を打つ。

カリフォルニア州、サンタ・ローザ
帰宅した銀行員ジョセフ・ニュートン(ヘンリー・トラヴァース)は、悶々とした日々に不満を抱く娘シャーロット”チャーリー”(テレサ・ライト)の愚痴を聞かされる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映開始後約16分、列車で西部に向かう犯人の個室の傍らで、背を向けてカードをしている男性がヒッチコック
今回は非常に分かり易い。

*(簡略ストー リー)
殺人犯チャールズ・オークリーは、追手から逃れ東部から西部の姉エマの家に向かい身を潜めようとする。
そんなこととも知らず、チャールズを慕う姪のチャーリーは、最愛の叔父の訪問に感激してしまう。
チャーリーは、チャールズの変わった行動も気にせずに日々を過ごしていたが、やがて国の調査員グレアムとソーンダースが現れる。
彼らを警戒するチャールズだったが、グレアムはチャーリーを呼び出し、家族には秘密で、チャールズが未亡人殺害犯の容疑者だと告げる。
大きなショックを受けたチャーリーは、迫る恐怖と、守らねばならない家族の幸せの狭間で思い悩む・・・。
__________

卑劣で残虐な犯行とは裏腹に、極力その様子を感じさせないように、スマートで紳士的な犯人に描写し、目を覆いたくなるような犯行シーンも殆どない。
恋心にも近い愛情故に、名前まで叔父と同じ愛称チャーリーと呼ばれる姪が、一瞬にして悪魔を見るような表情に変わる怖さ。
更に、家族を不幸にさせないよう、ことを運ぼうとするお互いの心理戦など、ハリウッド進出間もないアルフレッド・ヒッチコックは、話題作、そして傑作を連発していただけに、既にその演出は円熟期に達している。

追われる容疑者が、どんな犯行を犯したかが明らかになるまで、細かな表現や小道具などで、徐々にそれを観客に知らせていく巧みな演出なども圧巻だ。

”メリー・ウィドウ”と名付けられる殺人事件で、犯人が敏感に反応する優雅なワルツ、”メリー・ウィドウ”が効果的に使われる、ディミトリ・ティオムキンチャールズ・プレヴィンの音楽も素晴らしい。

1991年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

大人になりきれない女性にとっては、きつ過ぎる体験にも拘らず、家族を守るために、健気に立ち向かおうとする主演のテレサ・ライト、後半には悪魔のように変貌し彼女に襲い掛かる、追い詰められた犯人を好演するジョセフ・コットン、その特異な”対決”は見応えある。

主人公を愛情で支えるようになる刑事マクドナルド・ケリー、同じくウォーレス・フォード、母親パトリシア・コリンジ、父親ヘンリー・トラヴァース、犯罪フィクションを考えるのが趣味の隣人ヒューム・クローニン、主人公の妹エドナ・メイ・ウォナコット、弟チャールズ・ベイツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020