4553 Movies

フォエバー・フレンズ Beaches (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

少女時代に出会い30年間続いた二人の女性の友情を描く、監督ゲイリー・マーシャル、製作、主演ベット・ミドラーバーバラ・ハーシージョン・ハード他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ゲイリー・マーシャル

製作
ベット・ミドラー
ボニー・ブルックハイマー・マーテル
マーガレット・ジェニングス・サウス
製作総指揮:テリー・シュワルツ
原作:アイリス・レイナー・ダートBeaches
脚本:メアリー・アグネス・ドナヒュー
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:リチャード・ハルシー
美術
アルバート・ブレナー
ギャレット・ルイス
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演
セシリア・キャロル”C.C.”ブルーム:ベット・ミドラー
セシリア・キャロル”C.C.”ブルーム(11歳):メイム・ビアリク
ヒラリー・ホィットニー:バーバラ・ハーシー
ヒラリー・ホィットニー(11歳):マーシー・リーズ
ジョン・ピアース:ジョン・ハード
リチャード・ミルシュタイン医師:スポルディング・グレイ
リオナ・ブルーム:レイニー・カザン
マイケル・エセックス:ジェームズ・リード
ヴィクトリア・エッセックス:グレイス・ジョンストン
判事:ヘクター・エリゾンド
映画監督:ゲイリー・マーシャル

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1988年製作 123分
公開
北米:1988年12月21日
日本:1989年9月15日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $57,041,870


アカデミー賞
第61回アカデミー賞

・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1988年、ハリウッド・ボウル
スター歌手のセシリア・キャロル”C.C.”ブルーム(ベット・ミドラー)は、リハーサル中にある連絡を受けて空港に向かう。

ロサンゼルス国際空港
サンフランシスコ行きの便が霧のために運航できず、C.C.は、レンタカーで現地に向かいながら30年前を思い出す。

1958年、アトランティック・シティ
ビーチで迷子になっていたヒラリー・ホィットニー(マーシー・リーズ)に声をかけたC.C.(メイム・ビアリク)は、ヒラリーが名前を忘れたホテルを知っていると伝える。

地元の”ピンカースの子供ショー”のスターだと言うC.C.は、母リオナ(レイニー・カザン)に呼ばれて、ハリウッドのスカウトが来ると言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
1985年に発表された、アイリス・レイナー・ダートの小説”Beaches”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1958年、アトランティック・シティ
歌と踊りで活躍する快活な少女セシリア・キャロル”C.C.”ブルームは、ビーチで迷子になっていた富豪令嬢のヒラリーに出会う。
意気投合した二人は、ヒラリーがサンフランシスコに戻った後も文通を続け、成人するまでそれは続いた。
仕事もないC.C.はオーディションを受ける日々が続いていたが、弁護士となっていたヒラリーが、父の言いなりに生きる人生に嫌気がさして家出して現れたために再会を喜ぶ。
同居を始めた二人は、苦しいながらも充実した日々を過ごした。
そんな時、小劇団を主宰する演出家のジョンと出会ったC.C.は彼の舞台に誘われる。
ジョンがヒラリーと親しくなったことに嫉妬しながら、主役に抜擢されたC.C.の演技は絶賛され、スターになるチャンスを掴むのだが・・・。
__________

テレビ界から映画界と活躍を続けていたゲイリー・マーシャルが監督し、製作も兼ねるベット・ミドラーが主演した作品。

大スターへの道を歩む歌手と富豪令嬢ではあるが幸薄い人生の女性の30年間の友情を描き、ゲイリー・マーシャルらしいユーモアを交えた演出が見所の作品で、終盤ではメロドラマ・タッチの展開にもなる。

製作も兼ねていることもあり、自分自身を演じているようなベット・ミドラーの貫録すら感じさせる存在感ある演技は注目で、彼女の歌のパフォーマンスの場面も多くファンには嬉しい作品。

ベット・ミドラーの演技が大袈裟過ぎるという意見もあるが、キャラクターを生かした適役であり、個人的には、彼女としてはごく普通の演技をしていると思う。
あのくらいでなくては、世界の人々を魅了させるスターにはなれないだろう。

多くの楽曲の中で、終盤で流れる”Wind Beneath My Wings”は、”ビルボード”で全米1位を獲得し、グラミー賞最優秀レコード賞最優秀楽曲賞を受賞した。

第61回アカデミー賞では美術賞にノミネートされた。

主人公との友情を続けながら病で命を落とす美しい女性を演ずるバーバラ・ハーシー、主人公の少女期を印象深く演ずるメイム・ビアリク、彼女と出会い友情が芽生えるヒラリーの少女期マーシー・リーズ、主人公とヒラリーとの三関係も微妙な舞台演出家のジョン・ハード、ヒラリーの主治医で主人公と親交を深めるスポルディング・グレイ、主人公の母親レイニー・カザン、ヒラリーの夫ジェームズ・リード、彼とヒラリーの娘グレイス・ジョンストン、主人公の結婚式を執り行う判事ヘクター・エリゾンド、そして、ゲイリー・マーシャルが映画監督役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021