4296 Movies

メンフィス・ベル Memphis Belle (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦中に西ヨーロッパで活躍した爆撃機B-17メンフィス・ベル”とクルー達を描いた1944年公開のドキュメンタリー映画”Memphis Belle: A Story of a Flying Fortress”を基に製作された作品。
製作デイヴィッド・パトナム、監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ、主演マシュー・モディーンエリック・ストルツテイト・ドノヴァンデヴィッド・ストラザーンジョン・リスゴー他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
製作
デイヴィッド・パトナム

キャサリン・ワイラー
脚本:モンテ・メリック
撮影:デイヴィッド・ワトキン

編集:ジム・クラーク
音楽:ジョージ・フェントン

出演
デニス・ディアボーン大尉:マシュー・モディーン

ダニー”ダニー・ボーイ”デイリー軍曹:エリック・ストルツ
ルーク・シンクレア中尉:テイト・ドノヴァン
フィル・ローウェンタール中尉:D・B・スウィーニー
ヴァル・コズロウスキー中尉:ビリー・ゼイン
リチャード”ラスカル”ムーア軍曹:ショーン・アスティン
クレイ・バスビー:ハリー・コニックJr.
ヴァージル・フーゲステガー軍曹:リード・ダイアモンド
ユージーン”ジーン”マクヴェイ軍曹:コートニー・ゲインズ
ジャック・ボッチ軍曹:ニール・ジントリ
クレイグ・ハリマン大佐:デヴィッド・ストラザーン
ブルース・デリンジャー中佐:ジョン・リスゴー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1990年製作 110分
公開
北米:1990年10月12日
日本:1991年2月8日
製作費 $23,000,000
北米興行収入 $27,441,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年5月16日。
第二次世界大戦下、イングランドアメリカ陸軍航空軍第8空軍基地。
航空指令クレイグ・ハリマン大佐(デヴィッド・ストラザーン)は、帰還した爆撃機”B-17”の編隊を迎えながら翌日のドイツ本土爆撃命令を受ける。

24回出撃して無傷だった”メンフィス・ベル”の若いクルー10人は、片方の車輪だけで帰還した機が胴体着陸の末に爆破する光景を目の当たりにする。

基地を訪れたブルース・デリンジャー中佐(ジョン・リスゴー)は、強運の”メンフィス・ベル”の機長デニス・ディアボーン大尉(マシュー・モディーン)らにインタビューする。

広報担当のデリンジャーは、次の任務終了後に帰国するメンフィス・ベルのクルーを、戦意高揚の宣伝に利用しようと考えていた。

その夜、基地内ではダンス・パーティーが開かれ、帰国と共に有名人になれる可能性や女性と酒で楽しい夜を過ごす浮かれるクルーらの中で、ディアボーンは冷静だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1943年5月16日。
第二次世界大戦下、イングランドアメリカ陸軍航空軍第8空軍基地の航空指令ハリマン大佐は、翌日のドイツ本土爆撃命令を受ける。
24回の出撃で無傷だった爆撃機B-17メンフィス・ベル”の機長ディアボーン大尉(マシュー・モディーン)他若いクルー10人は、翌日の任務終了後に帰国する予定だった。
広報担当のデリンジャー中佐は、メンフィス・ベルのクルーを、帰国後に戦意高揚の宣伝に利用することを考えていた。
翌日、部下全員の身を案ずるハリマンの言葉を聞いたメンフィス・ベルのクルー他編隊は、目的地ブレーメンに向かい出撃する・・・。
__________

”空飛ぶ要塞”と言われた爆撃機”B-17”の、ほとんどが10代だったというクルーの命懸けの戦いを、リアルな映像で描くマイケル・ケイトン=ジョーンズの力作。

クルーの青年達、各個性がバランスうまく描かれ、凄まじい戦闘場面や戦争の悲惨さは強調し過ぎてない。
ゲームを楽しむように出撃する者、不安を抱える者、そして冷静な指揮官など、青春ドラマを観ているような爽やかな雰囲気で展開する内容に注目。

当然のごとく戦闘場面に手抜きはなく、アメリカ空軍全面協力による、実際に活躍した爆撃機”B-17”を2機使用した特撮を駆使した映像は迫力ある。

愛機”メンフィス・ベル”に敬意を表する沈着冷静な機長マシュー・モディーン、無線士エリック・ストルツ、副操縦士テイト・ドノヴァン、航空士D・B・スウィーニー、爆撃手ビリー・ゼイン、旋回銃座砲手ショーン・アスティン、後尾砲手ハリー・コニックJr.、上部銃座砲手リード・ダイアモンド、側面砲手コートニー・ゲインズニール・ジントリ、航空指令デヴィッド・ストラザーン、広報担当の中佐ジョン・リスゴーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020