4236 Movies

ファーゴ Fargo (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

資金繰りに困る悪人ではないが無能な男の企んだ偽装誘拐が、何人もの死者を出す事件に発展してしまう・・・。
製作、監督、脚本、編集コーエン兄弟、主演フランシス・マクドーマンドウィリアム・H・メイシーピーター・ストーメアスティーヴ・ブシェミ他共演による、残虐性とユーモアを交えた異色のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

コーエン兄弟 / Joel Coen, Ethan Coen 作品一覧
フランシス・マクドーマンド / Frances McDormand / Pinterest


スタッフ キャスト
監督
ジョエル・コーエン

イーサン・コーエン(クレジットなし)
製作
ジョエル・コーエン(クレジットなし)
イーサン・コーエン

脚本
ジョエル・コーエン

イーサン・コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ロデリック・ジェインズ
音楽:カーター・バーウェル

出演
フランシス・マクドーマンド:マージ・ガンダーソン
ウィリアム・H・メイシー:ジェリー・ランディガード
ピーター・ストーメア:ゲア・グリムスラッド
スティーヴ・ブシェミ:カール・ショーウォルター
ハーヴ・プレスネル:ウェイド・グスタフソン
クリスティン・ルドルード:ジーン・ランディガード
トニー・デンマン:スコティ・ランディガード
ジョン・キャロル・リンチ:ノーム・ガンダーソン
スティーヴ・リーヴィス:シェプ・プラウドフット
ラリー・ブランデンバーグ:スタン・グロスマン
スティーヴ・パク:マイク・ヤナギタ

アメリカ 映画
配給 Gramercy Pictures
1996年製作 98分
公開
北米:1996年3月8日
日本:1996年11月9日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $24,611,980
世界 $60,611,980


アカデミー賞
第69回アカデミー賞

・受賞
主演女優(フランシス・マクドーマンド
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウィリアム・H・メイシー
編集・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1987年冬、ノースダコタ州、ファーゴ
自動車ディーラーの営業部長ジェリー・ランディガード(ウィリアム・H・メイシー)は、資金繰りに困ったあげく、妻ジーン(クリスティン・ルドルード)を偽装誘拐して身代金を手に入れることを考える。

ジェリーは、気味の悪い顔のカール・ショーウォルター(スティーヴ・ブシェミ)と、無口な男ゲア・グリムスラッド(ピーター・ストーメア)を、仮出所中の整備工シェプ・プラウドフット(スティーヴ・リーヴィス)から紹介されて2人に会う。

2人に新車を渡そうとしたジェリーは、報酬の4万ドルも要求される。

4万ドルは身代金で払うと伝えたジェリーは、納得しないカールと話しがかみ合わない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ミネソタ州、ミネアポリス
資金繰りに困った自動車ディーラーの営業部長ジェリー・ランディガードは、妻ジーンを偽装誘拐して身代金を手に入れることを考える。
ジェリーは、整備工のシェプに紹介された悪党のカールとゲアにそれを依頼する。
その後、自分の提案した駐車場事業に、義父であるディーラーの社長ウェイドが賛同しそうな気配となり、ジェリーは妻の誘拐を中止しようとする。
しかし、既にはカールとゲアは犯行を済ませ、逃走途中に警官と目撃者の三人を殺してしまう。
ブレイナードの警察署長マージ・ガンダーソンは、早速、捜査を開始して、余所者で2人組みの犯行だと判断し、彼らが乗っていた車の手掛かりもつかむ。
ジェリーは、カールとゲアがつかまらずに焦り、ジェリーを無能扱いして全く信用していないウェイドは、駐車場事業を自ら立ち上げようとする。
窮地に立たされたジェリーは、妻が誘拐されたことを知り、仕方なく計画を進める。
しかし、カールとゲアに渡した車から足がつき、ジェリーから事情を聞くためにマージはミネアポリスに向かう・・・。
__________

なんの変哲もない町で起きる事件だからこそ切実に思える、異常な状況下での人間の慌てふためく様子、加害者の心理が理解できない警察官の気持ち・・・。
コーエン兄弟が常に伝えるテーマ、”世の中の不条理”を徹底的に追及する、その実感がこもる描写が強烈に印象に残る、ユーモアと残虐性のバランスが絶妙な作品。

冒頭で”事実に基づく物語”と表記されるが、実際にこのような事件が起きた事実はなかったようだ。

第69回アカデミー賞では、ジョエル・コーエンの妻フランシス・マクドーマンドが主演女優賞を、コーエン兄弟が脚本賞を授賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ウィリアム・H・メイシー
編集・撮影賞

コーエン兄弟、編集はロデリック・ジェインズでクレジット。

2006年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

コーエン兄弟の作品全ての音楽を担当しているカーター・バーウェルの悲しいテーマ曲は、主人公のマージが、逮捕した犯人の真意が理解できずに、目に涙を浮かべながら犯行の理由を尋ねる、彼女の心境を物語り、それを表現する実に効果的な楽曲だ。

主演のフランシス・マクドーマンドは、温厚な夫と幸せに暮す、妊娠中の警察署長役であり、几帳面な性格で、淡々と事件を調査していく。
やや奇妙にも思える個性的な人物を飄々と演ずる彼女は、見事にアカデミー主演賞を受賞した。

それとは対照的に、人は好いが無能であり、深みに嵌り慌てふためくウィリアム・H・メイシーの熱演は見もので、キャリア最高の演技と言える彼のアカデミー助演賞ノミネートも納得だ。

”気味の悪い顔の男”で通る犯人、一度見たら忘れられない怪優スティーヴ・ブシェミ、無口で残虐な誘拐殺人犯を雰囲気を出して演ずるピーター・ストーメア、身代金を運び殺害されてしまう、自動車ディーラー社長のハーヴ・プレスネル、その娘で、誘拐殺害されるクリスティン・ルドルード、その息子トニー・デンマン、主人公マージ(フランシス・マクドーマンド)の優しい夫である画家のジョン・キャロル・リンチ、ディーラーの整備工スティーヴ・リーヴィス、ウェイド(ハーヴ・プレスネル)の計理士ラリー・ブランデンバーグ、主人公の学友スティーヴ・パクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020