4233 Movies

危険な年 The Year of Living Dangerously (1983)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

インドネシアスカルノ政権失脚のきっかけとなる”9月30日事件”までの混迷するジャカルタを舞台に、赴任した野心家の記者と知的なカメラマンの友情と信念を貫こうとする姿をロマンスを絡めて描く、監督、脚本ピーター・ウィアー、主演メル・ギブソンシガニー・ウィーヴァーリンダ・ハント他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ウィアー
製作:ジェームズ・マッケルロイ
原作:クリストファー・J・コッチThe Year of Living Dangerously
脚本
デヴィッド・ウィリアムソン
ピーター・ウィアー
クリストファー・J・コッチ
撮影:ラッセル・ボイド
編集:ウィリアム・M・アンダーソン
音楽:モーリス・ジャール

出演
メル・ギブソン:ガイ・ハミルトン
シガニー・ウィーヴァー:ジル・ブライアント
リンダ・ハント:ビリー・クワン
マイケル・マーフィー:ピート・カーティス
ビル・カー:ヘンダーソン大佐
ベンボル・ロッコ:クマール
ドミンゴ・ランディホ:ホルトノ
クー・レデスマ:タイガー・リリー
ノエル・フェリアー:ウォリー・オサリヴァン
ポール・ソンキラ:ケヴィン・コンドン

オーストラリア 映画
配給 MGM
1983年製作 114分
公開
オーストラリア:1982年12月17日
北米:1983年1月21日
日本:1984年7月14日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $10,278,580


アカデミー賞 ■
第56回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(リンダ・ハント)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1965年6月25日。
オーストラリアの記者ガイ・ハミルトン(メル・ギブソン)は、インドネシアジャカルタに特派員として赴任する。

支局のクマール(ベンボル・ロッコ)とホルトノ(ドミンゴ・ランディホ)に迎えられたハミルトンは、ホテルに向かう。

ハミルトンはホテルで、フリーのカメラマンのビリー・クワン(リンダ・ハント)に出会い、記者仲間のピート・カーティス(マイケル・マーフィー)やウォリー・オサリヴァン(ノエル・フェリアー)らに紹介される。

ハミルトンはクワンと街を歩き回り、貧困と抑圧の中で耐え抜く国民の惨状を知らされ、中国オーストラリア人の混血で知的なクワンを気に入る。

そんな状況下で、共産党(PKI)は民衆の支持を拡大し、それに危機感を感じるスカルノ政権との間に、緊張感が高まっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1978年に発表された、クリストファー・J・コッチの小説”The Year of Living Dangerously”の映画化。

*(簡略ストー リー)
1965年6月。
インドネシアジャカルタ
特派員として赴任したオーストラリアの記者ガイ・ハミルトンは、現地でフリー・カメラマンのクワンに出会う。
ハミルトンはクワンから、貧困と抑圧に苦しむ国民の惨状を知らされる。
共産党(PKI)は民衆の支持を拡大し、危機感を感じるスカルノ政権との間に緊張感が高まる中、クワンと組んで、特ダネを掴んだハミルトンは注目を集める。
そんな時ハミルトンは、クワンからイギリスの陸軍武官の助手ジルを紹介され、2人は次第に惹かれ合うようになるのだが・・・。
__________

主人公に協力するカメラマンが知る、悲惨な国民の生活などをリアルに描き、自らを、無力な傍観者としか思えなくなる心情など、訴えるべきものが多いドラマではあるが、一方で、特派員とイギリス外交官女性とのラブロマンスなども、ピーター・ウィアーは、濃密な演出で描き切っている。

第56回アカデミー賞では、助演女優賞(リンダ・ハント)を受賞した。

今回は、独特の彼のイメージを感じさせないが、音楽はモーリス・ジャールが担当している。

記者としての活躍よりも、ドラマの中で友人クワンに言われるように、彼及び国情に翻弄されて、なすすべがないという感じながら、それでも、記者としての職務を全うしようとするところが人間味を感じる、メル・ギブソンにとっては、アクション俳優から、実力派として認められるきっかけになった作品でもある。

女優だと知らない方は、言われなければ気づかないであろう熱演を見せるリンダ・ハントは、圧倒的な支持で、見事にアカデミー助演賞を受賞した。

見るからに知的な言動の彼女の演技の中で、”どんなに優秀でも、この容姿なら妬まれることはない”というセリフが印象に残るが、小柄ながら、彼女は他を圧倒する存在感を示している。

エイリアン」(1979)でブレイクしていたものの、まだキャリアは浅かったシガニー・ウィーヴァー、その上司ビル・カー、主人公に比べると呑気なベテラン記者のマイケル・マーフィー、主人公の同僚でPKIのメンバーのベンボル・ロッコと妻役のクー・レデスマ、運転手ドミンゴ・ランディホ、などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020