4295 Movies

デーヴ Dave (1993)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大統領と瓜二つの人の好い平凡な男性が影武者として雇われ、意識不明で倒れた大統領の代理を務めお国のために尽くし奮闘する姿を描く、製作、監督アイヴァン・ライトマン、主演ケヴィン・クラインシガニー・ウィーバーフランク・ランジェラベン・キングスレーヴィング・レイムズ他共演のヒューマン・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:アイヴァン・ライトマン
製作総指揮
ジョー・メジャック

マイケル・C・グロス
製作
アイヴァン・ライトマン
ローレン・シュラー・ドナー
脚本:ゲイリー・ロス
撮影:アダム・グリーンバーグ
編集:シェルドン・カーン

音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ケヴィン・クライン:デーヴ・コーヴィック/ビル・ミッチェル大統領
シガニー・ウィーバー:エレン・ミッチェル
フランク・ランジェラ:ボブ・アレグザンダー大統領首席補佐官
ケヴィン・ダン:アラン・リード大統領補佐官
ヴィング・レイムズ:デュエーン・スティーヴンソン
ベン・キングスレー:ゲーリー・ナンス副大統領
チャールズ・グローディン:マーリー・ブラム
ローラ・リニー:ランディ
フェイス・プライス:アリス
アーノルド・シュワルツェネッガー:本人
ラリー・キング:本人
ジェイ・レノ:本人
オリヴァー・ストーン:本人

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1993年製作 110分
公開
北米:1993年5月7日
日本:1993年8月28日
北米興行収入 $63,270,700


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントンD.C.近郊のジョージタウンで、職業紹介所を経営するデーヴ・コーヴィック(ケヴィン・クライン)は、気ままな独身生活を満喫していた。

しかし、彼がビル・ミッチェル大統領(ケヴィン・クライン)とそっくりという理由で、シークレット・サービスのデュエーン・スティーヴンソン(ヴィング・レイムズ)に、彼は大統領の影武者として協力を要請される。

仕方なく政府に協力することにしたデーヴは、大統領首席補佐官ボブ・アレグザンダー(フランク・ランジェラ)に、無言に徹し、余計なことをしないよう釘を刺される。

レセプション会場で、初仕事を待ちわびていたデーヴは、ミッチェル大統領と対面して合格点をもらう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.近郊のジョージタウンで、職業紹介所を経営するデーヴ・コーヴィックは、ミッチェル大統領に瓜二つだとという理由で、シークレット・サービスのスティーヴンソンから、大統領の影武者を要請される。
仕方なくそれを引き受けたデーヴは、首席補佐官アレグザンダーに、余計なことをしないよう釘を刺される。
しかし、大統領が、浮気相手ランディと過ごしている最中、脳卒中で意識不明状態になってしまう。
緊急事態を受けたアレグザンダーは、帰宅しようとしていたデーヴをホワイトハウスに呼び大統領としての職務を、彼に代行をさせようとするのだが・・・。
__________

陰日なたのない善良な影武者、あくどい大統領側近、夫を見限る大統領夫人と、主人公の上をいく誠実な政治家の副大統領、そして予算削減に協力する、親友の会計士と堅物のシークレット・サービスなど、多彩な登場人物が入り乱れる・・・。
目まぐるしい展開を、アイヴァン・ライトマンらしく人情味を盛り込み、またロマンスも絡めた、心和む作品。

第66回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

CGを駆使しながら、見事に再現したホワイトハウスの内外部のセットや、その雰囲気は半端でない出来栄えで実に興味深い。

議会演説で一芝居打ち、主人公がその場で倒れてしまうシーンは、さながら、名作「スミス都へ行く」(1939)を髣髴させ、主人公や登場人物を含め、全体的に見て、その頃の作品へのオマージュのような雰囲気もある。

ジェームズ・ニュートン・ハワードの、軽快で愉快な音楽も印象に残る。

人間味ある大統領の影武者を演じ、民衆や不仲だった夫人、悪企みを画策した側近などの心も捉える、愛すべきキャラクターを見事に演じた、ケヴィン・クラインの好演は光る。

浮気癖のある夫(大統領)を見限り、子供のいない寂しさで福祉に力を注ぎ、やがて、心優しい”影武者”に惹かれるファースト・レディシガニー・ウィーバーは、逞しくもあり、幸せを手に入れて浮かべる笑みが実に爽やかだ。

最高権力を手中にしようと企む、首席補佐官フランク・ランジェラの、威圧感ある悪役ぶりは迫力十分。

彼と共謀するものの、主人公の人柄に心動かされ寝返る補佐官ケヴィン・ダン、同じく、堅物ながら結局は主人公に惚れこむシークレット・サービスヴィング・レイムズ、クライマックス近くでしか登場しない、政治家の鏡のような人物である副大統領を演ずるベン・キングスレー、出番は少ないものの、主人公の力強い協力者で、いい味を出しているチャールズ・グローディン、大統領の浮気相手の秘書官ローラ・リニー、主人公の秘書役フェイス・プライスなどが共演している。

他に、現役の名立たる大物政治家やアナウンサーとリポーター、またアーノルド・シュワルツェネッガーラリー・キングジェイ・レノオリヴァー・ストーンらも本人役でゲスト出演しているのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020