4237 Movies

じゃじゃ馬ならし The Taming of the Shrew (1967)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1590-91年の間に執筆されたと考えられる、ウィリアム・シェイクスピア同名戯曲を基に製作された作品。
ある街に現れた青年が、資産家令嬢に一目惚れしたのをきっかけに、手の付けられないじゃじゃ馬の姉を、持参金目当ての紳士に押し付けようとする、周囲の者達の画策などを描く、夫婦で製作主演のエリザベス・テイラーリチャード・バートン、監督、脚本フランコ・ゼフィレッリマイケル・ヨークマイケル・ホーダーン他共演の恋愛喜劇。


コメディ

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランコ・ゼフィレッリ
製作総指揮:リチャード・マクワーター
製作
リチャード・バートン

エリザベス・テイラー
原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚本
ポール・デーン

スーゾ・チェッキ・ダミーコ
フランコ・ゼフィレッリ
撮影:オズワルド・モリス
編集:ピーター・テイラー
美術・装置
ロレンツォ・モンジアディーノ

ジョン・デキュア
エルヴェン・ウェッブ
ジョゼッペ・マリアーニ
ダリオ・シモーニ
ルイジ・ジェルヴァシ
衣装デザイン
アイリーン・シャラフ

ダニーロ・ドナティ
音楽:ニーノ・ロータ

出演
カタリーナ・ミノラ:エリザベス・テイラー

ペトルーキオ:リチャード・バートン
ルーセンショー:マイケル・ヨーク
バプティスタ・ミノラ:マイケル・ホーダーン
ビアンカ・ミノラ:ナターシャ・パイン
グルミオ:シリル・キューザック
トラニオ:アルフレッド・リンチ
ホーテンショー:ヴィクター・スピネッティ
グレミオ:アラン・ウェッブ
ヴィンセンショー:マーク・ディグナム

アメリカ/イタリア 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1967年製作 121分
公開
北米:1967年3月8日
イタリア:1967年3月23日
日本:1967年6月10日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $8,000,000
世界 $12,000,000


アカデミー賞 ■
第40回アカデミー賞
・ノミネート
美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
16世紀、イタリアパデュア
青年ルーセンショー(マイケル・ヨーク)は、トラニオ(アルフレッド・リンチ)と共に街に着くなり、男達に取り囲まれる美しい娘ビアンカ(ナターシャ・パイン)に一目惚れしてしまう。

ビアンカもルーセンショーの視線を意識し、彼は心のときめきを抑えきれないまま彼女の後を追う。

ビアンカの父親バプティスタ(マイケル・ホーダーン)は、上の娘カタリーナ(エリザベス・テイラー)が片付くまでは、末娘を嫁がせる気がないことを、客人ホーテンショー(ヴィクター・スピネッティ)とグレミオ(アラン・ウェッブ)に伝える。

それを聞いていたカタリーナは癇癪を起こし、ビアンカ目当ての客人を追い払おうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
パデュアに現れた青年ルーセンショーは、美しい資産家の娘ビアンカに一目惚れしてしまう。
しかし、姉娘のカタリーナが片付くまでは、末娘を嫁がせないことを、ビアンカの父バプティスタは決める。
ルーセンショーは、ライバル達と共にビアンカの家庭教師になることを考え、同時に、カタリーナを街に現れた、金だけが目的のペトルーキオに押し付けようとする。
どうにも手の付けられない、癇癪持ちで気の強いカタリーナの相手になる者は、まずいないと思われていた。
しかし、持参金と財産分与をバプティスタに確かめたペトルーキオは、怯むことなくカタリーナに求婚して結婚を決めてしまう。
そしてペトルーキオは、結婚式を終えて持参金を受け取り、有無も言わせずに、妻カタリーナの躾を始め、彼女に苦行を強いる・・・。
__________

舞台などで活躍し、ルキノ・ビスコンティの下での仕事などを経験した、フランコ・ゼフィレッリが初監督した作品。

エリザベス・テイラーリチャード・バートンが製作にも参加した意欲作で、切れのいい躍動感溢れるフランコ・ゼフィレッリの演出や、舞台となる街並みのセットや衣装も素晴らしく、ニーノ・ロータの軽快な音楽も心地よい。

第40回アカデミー賞では、美術、衣装デザイン賞にノミネートされた。

実生活の夫婦でもあるエリザベス・テイラーリチャード・バートンの、息の合った演技は絶妙だ。
とんでもないじゃじゃ馬娘を”迫力”で演ずるエリザベス・テイラーに対し、その言動を全く意に介さない豪放磊落なリチャード・バートンの怪演も見応え十分だ。

ミノラ家の末娘ナターシャ・パインに心奪われる青年を溌剌と演ずるマイケル・ヨーク、その召使アルフレッド・リンチ、二人の娘の父親役のマイケル・ホーダーン、ペトルーキオ(R・バートン)の召使シリル・キューザック、ルーセンショー(M・ヨーク)の恋敵のヴィクター・スピネッティアラン・ウェッブ、ルーセンショーの父マーク・ディグナムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020