4239 Movies

いそしぎ The Sandpiper (1965)

  •  
  • 11
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

マーティン・ランソホフの原案を、彼自身の製作、ダルトン・トランボらの脚本により、女流画家と牧師の不倫を描く、監督ヴィンセント・ミネリ、主演エリザベス・テイラーリチャード・バートン(二人は当時、夫婦)、エヴァ・マリー・セイント共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヴィンセント・ミネリ
製作:マーティン・ランソホフ
原案:マーティン・ランソホフ
脚本
ダルトン・トランボ

マイケル・ウィルソン
アイリーン・カンプ
ルイス・カンプ
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:デヴィッド・ブレザートン
音楽:ジョニー・マンデル

出演
ローラ・レイノルズ:エリザベス・テイラー

エドワード・ヒューイット:リチャード・バートン
クレア・ヒューイット:エヴァ・マリー・セイント
ウォード・ヘンドリックス:ロバート・ウェッバー
コズ・エリクソン:チャールズ・ブロンソン
ラリー・ブラント:ジェームズ・エドワーズ
ダニー・レイノルズ:モーガン・メイソン
ウォルター・ロビンソン:トム・ドレイク
トンプソン判事:トリン・サッチャー

アメリカ 映画
配給 MGM

1965年製作 117分
公開
北米:1965年6月3日
日本:1965年8月
製作費 $5,300,000
北米興行収入 $14,000,000


アカデミー賞 ■
第38回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞
The Shadow Of Your Smile


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、モントレー郡
海岸の家に住む無名の画家ローラ・レイノルズ(エリザベス・テイラー)は、息子ダニー(モーガン・メイソン)を学校にも通わせなかった。

ダニーは、林の中で小鹿を撃って問題を起こし、ローラと共にトンプソン判事(トリン・サッチャー)に呼び出される。

教師が良くないという理由でダニーを学校にも通わせず、自論をまくし立てるローラに対し、判事は有無を言わせず、彼を、米国聖公会のサンシメオン寄宿学校への入学を命ずる。

仕方なく、学校長のエドワード・ヒューイット牧師(リチャード・バートン)と面会したローラだったが、今後も息子は自分で育てることを告げ、その場から立ち去ってしまう。

その後も、ダニーは警察の世話になるなどトラブルを起こし、ついに強制的に学校に入学することになる。

ダニーの入学の世話をした、エドワードの妻クレア(エヴァ・マリー・セイント)は、彼が”カンタベリー物語”の序章を暗唱したことに驚いてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
自分流を通す、世間に順応できない無名の画家ローラ・レイノルズは、息子ダニーを学校にも通わせていなかった。
そんなダニーはトラブルばかり起こし、判事の命令で、強制的に、教会が運営する寄宿学校に入学させられてしまう。
その後、学校長のエドワード・ヒューイット牧師と妻クレアは、ダニーと共にローラの教育も必要だと判断する。
ローラのことを調べ始めたエドワードは、彼女を知る理事のウォードから、未婚の母となった彼女の過去を知らされる。
エドワードはローラに会い、ウォードと関係があったことなどを、率直に話す彼女に関心を持つ。
次第に心を開くローラに対し、彼女の魅力に惹かれてしまうエドワードは、自分の宗教観が崩れていくのに気づくのだが・・・。
__________

自らの世界観を変えようとしない、奔放な考えを持つ女性に接し、堅実に生きてきた牧師の心に変化が現れ、家族を捨ててまで新たな人生を求めて旅立とうとする姿を、怪我をした”いそしぎ”の幼鳥を大空に旅立たせようとするエピソードとダブらせて象徴的に描き、それが原題となっている。

風変わりで、激しい気性の人物として登場する主人公も、牧師との関係で心穏やかになっていく姿・・・。
メリハリが利いた中での、しっとりとした雰囲気が漂うメロドラマとして、ヴィンセント・ミネリの決め細やかな演出が光る。

自由な生活を好む、主人公のイメージに合う海岸のロケーションと、厳格な寄宿学校とそれに関係する堅苦しい人々とのミスマッチも、主人公の個性を際立たせる効果を上げている。

第38回アカデミー賞では、その後スタンダードナンバーとなる主題歌”The Shadow Of Your Smile”が、歌曲賞を受賞した。

本作の撮影に入る、半年前に結婚したばかりのエリザベス・テイラーリチャード・バートン夫妻の、情感溢れる演技は見ものだ。

貫禄のリズに対し、初めて二人が出会う場面、一瞬間を置く仕草と眼差しで、恋の予感を感じさせる、リチャード・バートンの演技も素晴らしい。

辛い立場の学校長の妻を好演するエヴァ・マリー・セイント、かつて主人公と関係を持った学校の理事ロバート・ウェッバー、彼には似つかわしくないような作品にも拘らず、主人公の友人として、同じ自由人の雰囲気を良く出しているチャールズ・ブロンソンジェームズ・エドワーズ、主人行の息子モーガン・メイソン、教師トム・ドレイク、判事トリン・サッチャーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020