4184 Movies

失われた週末 The Lost Weekend (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

アルコール依存症を克服できない、小説家志望の男性の苦悩を描いた、監督、脚本ビリー・ワイルダーレイ・ミランドジェーン・ワイマン共演のヒューマン・ドラマの傑作。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・ブラケット
原作:チャールズ・R・ジャクソン
脚本
チャールズ・ブラケット
ビリー・ワイルダー
撮影:ジョン・F・サイツ
編集:ドーン・ハリソン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ドン・バーナム:レイ・ミランド
ヘレン・セント・ジェームズ:ジェーン・ワイマン
ウィック・バーナム:フィリップ・テリー
ナット:ハワード・ダ・シルヴァ
グロリア:ドリス・ダウリング
”ビム”ノーラン:フランク・フェイレン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1945年製作 101分
公開
北米:1945年11月16日
日本:1947年12月5日
製作費 $1,250,000


アカデミー賞 ■
第18回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演男優(レイ・ミランド)
脚色賞
・ノミネート
撮影(白黒)・編集・音楽賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
アルコール依存症を克服しようとしている、小説家志望のドン・バーナム(レイ・ミランド)は、同居する弟思いの兄ウィック(フィリップ・テリー)から、気分転換に田舎に行くことを提案され、二人で準備をしていた。

ドンは、身支度よりも、窓の外にヒモで吊るし隠しているウィスキーが気になる。

ドンは、現れた恋人ヘレン・セント・ジェームズ(ジェーン・ワイマン)がコンサートに行くというので、出発を遅らせて、ウィックを彼女に同行させ一人になろうとする。

しかし、それに気づいたウィックはウイスキーを捨ててしまい、ヘレンと外出する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1944年に発表された、チャールズ・R・ジャクソン同名小説を基に、ビリー・ワイルダーと盟友チャールズ・ブラケット(製作も)が脚色して製作された作品。

*(簡略ストー リー)
小説家志望のドン・バーナムは、作品を書き上げることが出来ないプレッシャーから酒に溺れ、アルコール依存症となり、それを克服しようと努力はしていた。
弟思いの兄ウィックと、ドンを見捨てられない恋人のへレンは、何とか彼を立ち直らせようとする。
ウィックは、週末を利用して、気晴らしに田舎に行くことをドンに提案するのだが、彼は隠してあった酒のことしか頭になかった。
それをウィックに見つかり、酒を捨てられたドンは、一人になった後、旅立つまでの間に金を見つけて酒屋に足を運ぶ。
その後、ドンはナットのバーで飲み始め陽気になり、店にいた女性グロリアに声をかける。
その頃、時間になっても戻ってこないドンを見限ったウィックは、諦めきれないヘレンを残して旅立つ。
アパートに戻ったドンは、部屋の天井の照明に酒瓶を隠し、もう一本の口を開けてくつろぎ、至福の時を味わう。
翌朝、再びナットのバーで飲み始めたドンは、不機嫌な彼に、酒を止められないのは、それを自分の小説のテーマにしているからだとヘレンと出会った過去を語り始める・・・。
__________

第二次大戦の終結直後に公開された作品で、今では当たり前のように描かれる、アルコール依存症を本格的に扱った最初の作品と言える。

まだ30代ではあるが、既にキャリアを重ねていたビリー・ワイルダーの脚本が素晴らしい。
序盤で、主人公の恋人ヘレンが、人を裏切ってまで酒に走ろうとする男を、献身的な兄までが見限る中、どうして見捨てないのかを不思議に思う。
しかし、主人公の回想などで、彼女が自分との闘いにも挑む、強い意志の女性だということが見事に描かれている。
このような難しい病気には、献身だけでは対処できないという、奥深い視点が垣間見える。

また、後のビリー・ワイルダー作品でもお馴染みである、小道具の使い方も絶妙だ。
あれだけ強調して描写する、冒頭の窓の外に吊るされた酒瓶を見逃し、シーンを巻き戻して見た方も多いはずだ。

2011年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第18回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優(レイ・ミランド)、脚色賞を受賞した。
・ノミネート
撮影(白黒)・編集・音楽賞(ドラマ・コメディ)

サスペンス作品のようなミクロス・ローザの音楽も印象的で、主人公の苦悩や恐怖、緊張感などを見事に伝えている。

アル中役は、映画賞に受けるという、月並みなジンクスなどは度外視して考えたい、主演レイ・ミランドの迫真の演技は絶賛され、ビリー・ワイルダーと共に、各映画賞を総なめにした。
レイ・ミランドは、それまで大根役者とも言われていたのだが、アカデミー主演男優賞とカンヌ映画祭最優秀主演男優賞を、同時に受賞した最初の俳優となった。

育ちのよいキャリア・ウーマン風でありながら、苦難に立ち向かう強い女性を好演する主人公の恋人ジェーン・ワイマン、弟を思う主人公の兄フィリップ・テリー、主人公の言動を毛嫌いしながら、クライマックスで人情味も見せるバーの主人ハワード・ダ・シルヴァ、その店に出入りする女性ドリス・ダウリング、依存症病棟の看護 師フランク・フェイレンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020