4236 Movies

麗しのサブリナ Sabrina (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ビリー・ワイルダーの製作、監督、脚本による、まるでおとぎ話のような、お洒落で粋なロマンチック・コメディの傑作。
ハンフリー・ボガートオードリー・ヘプバーンウィリアム・ホールデン共演。


ロマンチック・コメディ

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest
オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn 作品一覧
オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
戯曲:サミュエル・テイラーSabrina Fair
脚本
ビリー・ワイルダー
サミュエル・テイラー
アーネスト・レーマン
撮影:チャールズ・ラング
編集:アーサー・P・シュミット
美術・装置:
ハル・ペレイラ
ウォルター・H・タイラー
サム・カマー
ロイ・モイヤー
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:フレデリック・ホランダー

出演
ライナス・ララビー:ハンフリー・ボガート
サブリナ・フェアチャイルド:オードリー・ヘプバーン
デヴィッド・ララビー:ウィリアム・ホールデン
オリヴァー・ララビー:ウォルター・ハンプデン
トーマス・フェアチャイルド:ジョン・ウィリアムズ
エリザベス・タイスン:マーサ・ハイヤー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1954年製作 113分
公開
北米:1954年9月22日
日本:1954年9月28日
製作費 $2,238,813
北米興行収入 $10,000,000


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞
・ノミネート
監督
主演女優(オードリー・ヘプバーン)
脚本・撮影(白黒)・美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロングアイランド、北部海岸。
大邸宅を構える大富豪ララビー家の運転手であるトーマス・フェアチャイルド(ジョン・ウィリアムズ)の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)は、ララビー家の次男デヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋をしていた。

しかし、父トーマスはサブリナの叶わぬ恋を諦めさせるために、彼女をパリの料理学校に留学させようとする。

ララビー家で開かれているパーティーを、木の上から覗き見していたサブリナは、デヴィッドが銀行家令嬢と親密なのを知りショックを受ける。

失意のサブリナは、ガレージで自殺しようとするが、ララビー家の長男ライナス(ハンフリー・ボガート)に、子猫のように隠れていたところを見つかってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1953年11月にブロードウェイで初演された、サミュエル・テイラーによる舞台劇、”Sabrina Fair”の映画化。

1995年に、製作、監督シドニー・ポラックハリソン・フォード主演でリメイク作「サブリナ」が公開された。

*(簡略ストー リー)
大富豪ララビー家の運転手フェアチャイルドの娘サブリナは、叶わぬ恋と知りながら、一家の次男デヴィッドへのお思いを断ち切れずにいた。
フェアチャイルドは、サブリナのデヴィッドへの気持ちを忘れさせるために、彼女をパリの料理学校に留学させる。
多くの事業を手がけるララビー家の事業を取り仕切る長男ライナスは、奔放な生活を続けているデヴィッドを、ビジネス・パートナーの令嬢と結婚させようとする。
そんな時、留学を終え、洗練された女性に成長したサブリナが帰国する。
デヴィッドはサブリナとは気づかずに、彼女の魅力に惹かれてしまい、婚約者の相手どころの話ではなくなってしまう。
それを知ったライナスは、自分が仕掛けた、新規事業成功のシナリオを狂わされ二人を引き離そうとする。
しかし、サブリナの相手をするようになったライナスに、彼女は心惹かれるようになってしまう・・・。
__________

ハンフリー・ボガートウィリアム・ホールデンら、超豪華な顔ぶれを引き立て役のように使い、オードリー・ヘプバーンを、まるで妖精のように、美しくスクリーンに映し出すビリー・ワイルダーの演出手腕は見ものだ。

前半は、オードリー・ヘプバーンの可愛らしさと美しさを際立たせ、後半は事業一点張りだったハンフリー・ボガートに、恋心が芽生えるという微妙な男女関係を、そして、道化のような笑いを誘いながら、結局は恋のキューピット役となる、ウィリアム・ホールデンに軽い演技をさせるという、ビリー・ワイルダーの変幻自在な演出は素晴らしい。

また、相変わらずビリー・ワイルダーは小道具の使い方がうまい。
堅物であるハンフリー・ボガートが、事業欲のために扱うおかしなプラスチック製品などは、彼が抱えているだけで滑稽であり、傷を冷やすための氷と扇風機なども、実に洒落た使われ方をしていた。

2002年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第27回アカデミー賞では、衣装デザイン賞をイデス・ヘッドが受賞している。
・ノミネート
監督
主演女優(オードリー・ヘプバーン)
脚本・撮影(白黒)・美術賞(白黒)

主演の三人は、本作の直前にアカデミー主演賞を揃って受賞していてる。
ハンフリー・ボガート:「アフリカの女王」(1951)
ウィリアム・ホールデン:「第十七捕虜収容所」(1953)
オードリー・ヘプバーン:「ローマの休日」(1953)

オードリー・ヘプバーンの洗練された美しさを際立たせている、アカデミー賞を受賞した、イデス・ヘッドの、お馴染の飾り気のないシンプルな衣装の素晴しさも見逃せない。

主題曲”ラ・ヴィ・アン・ローズ”を効果的に使ったフレデリック・ホランダーの音楽も印象に残る。

ララビー家の家長であるウォルター・ハンプデンも、間の抜けた可笑しさでいい味を出している。

ヒッチコック作品などでもお馴染みであるイギリスの名優、サブリナの父親役ジョン・ウィリアムズや、富豪令嬢役でマーサ・ハイヤーも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020