4233 Movies

英国王のスピーチ The King’s Speech (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

吃音症に悩みながら、大英帝国国王となったジョージ6世の苦悩と、彼を生涯支えた言語聴覚士ライオネル・ローグとの友情、そしてその努力と勇気が大英帝国に君臨する、真の国王を誕生させるまでを描いた、監督トム・フーパー、 コリン・ファースジェフリー・ラッシュヘレナ・ボナム=カーターガイ・ピアース共演の感動のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:トム・フーパー
製作総指揮
ポール・ブレット

ジェフリー・ラッシュ
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
製作
イアン・キャニング

エミール・シャーマン
ガレス・アンウィン
脚本:デヴィッド・サイドラー
撮影:ダニー・コーエン
編集:タリク・アンウォー
美術・装置
イヴ・スチュアート

ジュディ・ファー
衣装デザイン:ジェニー・ビーヴァン
音楽:アレクサンドル・デプラ

出演
ジョージ6世/ヨーク公・アルバートコリン・ファース

ライオネル・ローグジェフリー・ラッシュ
エリザベス妃/エリザベス・バウエス=ライアンヘレナ・ボナム=カーター
エドワード8世/コーンウォール公・デヴィッドガイ・ピアース
ジョージ5世マイケル・ガンボン
メアリー王妃クレア・ブルーム
ウィンストン・チャーチルティモシー・スポール
マートル・ローグ:ジェニファー・イーリー
コスモ・ゴードン・ラング/カンタベリー大司教デレク・ジャコビ
スタンリー・ボールドウィンアンソニー・アンドリュース
ウォリス・シンプソンイヴ・ベスト
ネヴィル・チェンバレン:ロジャー・パロット

イギリス 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー

2010年製作 118分
公開
イギリス:2011年1月7日
北米:2010年11月26日
日本:2011年2月26日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $137,993,210
世界 $393,505,590


アカデミー賞 ■
第83回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演男優(コリン・ファース)
脚本賞
・ノミネート
助演男優(ジェフリー・ラッシュ)
助演女優(ヘレナ・ボナム=カーター)
撮影・編集・録音・美術
衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1925年。
イギリス国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公・アルバート王子(コリン・ファース)に代理スピーチを命ずる。

エリザベス妃(ヘレナ・ボナム=カーター)が見守る中、緊張の面持ちでマイクに向かったアルバートは、予想通りまともなスピーチをすることが出来なかった。

1934年、ロンドンピカデリー145。
あらゆる吃音症の治療を試みるアルバートだったが、症状は改善されず、彼はそれを諦めようとしていた。

その後、エリザベス妃は身分を隠し、オーストラリア出身の言語聴覚士ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)の元を訪れる。

不躾なローグは、治療方法などを”ジョンソン夫人”(エリザベス妃)に説明し、その依頼人がアルバートと聞いて驚くものの出張での治療は断る。

エリザベス妃は仕方なくそれを承諾し、早速、治療は始めることになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イギリス国王ジョージ5世は、王位継承者のコーンウォール公・デヴィッド王子が、離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと浮名を流していることを危惧する。
吃音症で悩むヨーク公・アルバート王子は、王位を継ぐ兄デヴィッドの動向を気にしながら、自らに王位が移ることを恐れていた。
アルバートの妻エリザベス妃は、そんな王子の、吃音治療にあらゆる手を尽くした末に、オーストラリア出身の言語聴覚士ライオネル・ローグの元を訪ねる。
相手の身分が王子と分かっても動じない不躾なローグだったが、エリザベス妃は彼を気に入り王子の治療を任せる。
その後アルバートは、ローグが自分と同等の扱いを求めることなどに戸惑う。
苛立ちを隠せないアルバートだったが、ローグと接する内に、吃音の原因などについて的確に指摘する彼と心を通わせるようになる。
しかし、父王ジョージ5世が亡くなり、国王に即位したデヴィッド(エドワード8世)は、ウォリスとの結婚を選び退位してしまう。
最も恐れていたことが、現実となってしまったアルバートは、父王の名を継いでジョージ6世として即位するのだが、その重責に泣き崩れてしまう・・・。
__________

吃音症を克服しようとする者の苦悩を描いたドラマではあるが、多くの人々に支えられた、その克服への努力が、歴史上最も過酷な試練(第二次大戦)を前にしていた、大英帝国国民にどれだけの勇気を与えたかが、見る者に伝わる素晴らしい物語である。

この歴史的意義のある出来事を、人生経験の浅い30代後半で描き切ったトム・フーパーの演出も見事だ。

以前からあった、この物語の映画化の企画が、エリザベス皇太后(エリザベス妃)存命中には明かされたくない事実として封印されていただけあり、現在に至って製作されたため、かなりくだけた描写もある。

エドワード8世の”王位を捨てた恋”他、歴史的事実もかなり細かく描かれている。
ライオネル・ローグが、吃音の原因を指摘する場面で、アルバートが模型を作りながら、左利きを矯正されたことを告白したりする細かな演出と共に、X脚や乳母の嫌な思い出、幼くして亡くした弟ジョンのことを語るシーンなども実に興味深い。

第83回アカデミー賞では、作品賞以下12部門にノミネートされ、作品、監督、主演男優(コリン・ファース)、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(ジェフリー・ラッシュ)
助演女優(ヘレナ・ボナム=カーター)
撮影・編集・録音・美術
衣装デザイン・作曲賞

北米興行収入は約1億3800万ドル、全世界では4億ドルに迫る大ヒットとなった。

どこまで脚色されているかは不明だが、言語障害に近い症状を抱える国王の描写は驚きであり、怯えと怒りに終始するジョージ6世が、心の安らぎと、自信漲る表情を見せるラストは感動的だ。

そのアルバート王子から国王ジョージ6世までを演ずるコリン・ファースは、吃音と重責に苦悩する人物を迫真の演技で演じた。
それを完璧に克服しないかたちで国民に訴える、庶民を身近に感じて終わる姿がまた心を打つ。

実力派らしく出色の演技で、非常に魅力的な愛すべきキャラクターであるライオネル・ローグを演ずるジェフリー・ラッシュは、不躾ながら物事を判断する着眼点や発想の豊かさを含めて、人間味の溢れる人物を見事に演じている。

王子、後の国王を献身的に支えるエリザベス妃役のヘレナ・ボナム=カーターの、気取りのないウィットに富んだ演技も光る。

この時代の出来事としては、自分本位的に描かれているエドワード8世役のガイ・ピアース、英国王ジョージ5世役のマイケル・ガンボンメアリー王妃クレア・ブルームウィンストン・チャーチル役のティモシー・スポールローグ(G・ラッシュ)の妻ジェニファー・イーリー、首相スタンリー・ボールドウィンアンソニー・アンドリュースカンタベリー大司教デレク・ジャコビウォリス・シンプソン夫人役のイヴ・ベスト、首相ネヴィル・チェンバレンのロジャー・パロットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020