4234 Movies

エデンの東 East of Eden (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1952年に発表された、ジョン・スタインベックの小説”エデンの東“の映画化。
旧約聖書の、カイン(キャル)とアベル(アロン)を現代に置き換え、二つの家の3代に渡る物語の最後の一時期を、キャルを主人公にして描いた、製作、監督エリア・カザンジュリー・ハリスジェームズ・ディーンレイモンド・マッセイジョー・ヴァン・フリートバール・アイヴス共演のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:エリア・カザン
製作:エリア・カザン
原作:ジョン・スタインベックエデンの東
脚本:ポール・オスボーン
撮影:テッド・D・マッコード
編集:オーウェン・マークス
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
ジュリー・ハリス:アブラ
ジェームズ・ディーン:ケイレブ”キャル”トラスク
レイモンド・マッセイ:アダム・トラスク
ジョー・ヴァン・フリート:ケイト
バール・アイヴス:保安官サム
リチャード・ダヴァロス:アロン・トラスク
アルバート・デッカー:ウィル・ハミルトン
ハロルド・ゴードン:グスタフ・オルブレヒト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1955年製作 115分
公開
北米:1955年3月9日
日本:1955年10月4日


アカデミー賞 ■
第28回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(ジョー・ヴァン・フリート)
・ノミネート
監督
主演男優(ジェームズ・ディーン)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1917年、カリフォルニア州、モントレー
サリナスから来た青年ケイレブ”キャル”トラスク(ジェームズ・ディーン)は、酒場を経営する中年女性ケイト(ジョー・ヴァン・フリート)の後を追う。

キャルに気づいたケイトは警戒するが、彼はそのまま立ち去り、列車の貨物車に乗りサリナスに帰る。

その後キャルは、双子の兄アロン(リチャード・ダヴァロス)と彼の恋人アブラ(ジュリー・ハリス)と共に、冷凍事業を計画する父アダム(レイモンド・マッセイ)の元に向かう。

素直なアロンとは違い、どこか心を閉ざしているようなところがあるキャルは、アダムに好かれていなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
青年ケイレブ”キャル”トラスクは、自分達の元を去った、母親だと思われる酒場の主人ケイトのことを探っていた。
キャルは、父アダムの愛に飢えているものの、その思いは空回りばかりしていた。
アダムは、素直で優秀なアロンに対し、変わった行動ばかりする、双子の弟のキャルが理解できずにいた。
そんな時アダムは、農場のレタスを列車で輸送する冷蔵事業を手がけようとしていた。
それが失敗に終わってしまたため、キャルは、第一次大戦へのアメリカ参戦を利用した大豆相場の取引で、父の損害を取り戻そうとする。
実母だと分かり、何度か通ううちに自分を受け入れてくれたケイトから、その資金を借りたキャルは、参戦で見事に大豆の儲けを手に入れる。
キャルは、アロンの恋人アブラに惹かれながら、彼女にそれを相談して、父にその儲けをプレゼントしようとするのだが・・・。
__________

父親の愛を求め苦悩する青年にジェームズ・ディーンを起用し、強烈なイメージで表現させた、エリア・カザンの繊細でもある演出が見所。

文芸大作にも拘らず思い切って採用された、シネマスコープの画面を縦横に使いこなした素晴らしい撮影は最初の成功作と言える。

親交のあったジェームズ・ディーンから推薦され音楽を担当したレナード・ローゼンマンのテーマ曲は、若くして世を去った親友への思いをイメージしたような名曲だ。

因みに、彼の音楽には、本作とは全く違う雰囲気の曲として、テレビ・ドラマの名作「コンバット」などがある。

第28回アカデミー賞では、助演女優賞(ジョー・ヴァン・フリート)を受賞した。
・ノミネート
監督
主演男優(ジェームズ・ディーン)・脚本賞

ジェームズ・ディーンの衝撃的な初主演作として永遠に語り継がれる作品。
(端役出演は何作かある)

この年の9月、三作の主演作を残して事故死することになるジェームズ・ディーンだが、2作目の「理由なき反抗」(1955)は、本作の主人公にやや似ている。
遺作となる「ジャイアンツ」(1956)は、前半はいいものの、後半の老け役は少々難ありという雰囲気であり、結局は本作が彼にとってのベストだと言える。

アカデミー助演賞を獲得したジョー・ヴァン・フリートの、凄みすら感じる母親役や、主演のジュリー・ハリスの素朴で愛情溢れる清らかな心の美しさ、厳格な父親役レイモンド・マッセイの名演も印象に残る。

思慮深い保安官バール・アイヴス、主人公の双子の兄役リチャード・ダヴァロス、主人公との大豆取引を成功させるアルバート・デッカードイツ系である町の靴屋ハロルド・ゴードンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020