That's Movie Talk!     4057 Movies

潜入者 The Infiltrator (2016) 3.71/5 (34)

  •  
  • 7
  • 3
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが組織する”メデジン・カルテル”壊滅作戦を展開する関税局員の潜入捜査を描く、製作、監督ブラッド・ファーマン、主演ブライアン・クランストンダイアン・クルーガージョン・レグイザモベンジャミン・ブラットエイミー・ライアンジェイソン・アイザックス他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ブラッド・ファーマン
製作
ミリアム・シーガル
ブラッド・ファーマン
ドン・シコースキー
ポール・ブレナン
製作総指揮
マーティン・ラシュトン=ターナー
キャメラ・ガラーノ
ピーター・ハンプデン
ノーマン・メリー
ブライアン・クランストン
ロバート・メイザー
原作:ロバート・メイザー”The Infiltrator”
脚本:エレン・ブラウン・ファーマン
撮影:ジョシュア・リース
編集
デヴィッド・ローゼンブルーム
ジェフ・マカヴォイ
ルイス・カルバリャール
音楽:クリス・ハジアン

出演
ロバート・メイザー/ロバート”ボブ”ムセラ:ブライアン・クランストン
キャシー・アーツ:ダイアン・クルーガー
エミール・アブレヴ:ジョン・レグイザモ
ロベルト・アルカイノ:ベンジャミン・ブラット
ボニー・ティシュラー:エイミー・ライアン
マーク・ジャコウスキー:ジェイソン・アイザックス
ドミニク:ジョセフ・ギルガン
フランキー:ダニエル・メイズ
ハヴィエル・オスピーナ:ユル・ヴァスケス
ゴンザロ・モーラSr.:シモン・アンドレウ
ゴンザロ・モーラJr.:ルーベン・オカンディアノ
イヴリン・メイザー:ジュリエット・オーブリー
ヴィッキー:オリンピア・デュカキス
アムジャド・アワン:サイード・タグマウイ
スティーヴ・クック:トム・ヴォーン=ローラー
グロリア・アルカイノ:エレナ・アナヤ
ルディ・アルムブレヒト:カルステン・ヘイズ
アクバー・ビルグラミ:アート・マリック
情報屋:ファン・セリー

ジョー:アンディ・ベックウィズ
バリー・シールマイケル・パレ
エリック・ウェルマン:マーク・ホールデン

アメリカ 映画
配給
2016年製作 127分
公開 Broad Green Pictures
北米:2016年7月13日
日本:2017年5月13日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $15,436,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1980年代、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルは”メデジン・カルテル”を組織して、週4億ドル相当の麻薬の大半をフロリダから密輸していた。

1985年、フロリダ州、タンパ
関税局の潜入捜査官ロバート・メイザー(ブライアン・クランストン)は、売人のフランキー(ダニエル・メイズ)とボーリング場で取引している最中に、隠しマイクがショートして高熱となり激痛に苦しむ。

外に出たフランキーは駆け付けた捜査官に逮捕され、メイザーは保護される。

メイザーを逮捕するように見せかけた同僚のスティーヴ・クック(トム・ヴォーン=ローラー)は、苦しむ彼のマイクを外し、胸の火傷を見て驚く。

帰宅したメイザーは、眠っている子供達の様子を見てから、妻イヴリン(ジュリエット・オーブリー)の前で、今回、扮していた”ボブ・マンジョーネ”のIDなどを焼却する。

亡き夫の不動産事業を継ぎ優雅に暮らすおばのヴィッキー(オリンピア・デュカキス)から、将来について忠告されたメイザーは、負け犬ではなく大物になるようにと言われる。

翌日、会議でエミール・アブレヴ(ジョン・レグイザモ)と組むよう上司のボニー・ティシュラー(エイミー・ライアン)から指示されたメイザーは行動を開始する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1985年、フロリダ州、タンパ
関税局の潜入捜査官ロバート・メイザーは、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが組織する”メデジン・カルテル”壊滅作戦を開始する。
麻薬ルートではなく資金洗浄を追うことを考えたメイザーは、大富豪に扮してカルテルに接触し、組織の販売の元締めであるアルカイノと親しくなり、BCCI/国際商業信用銀行を巻き込み大規模な資金洗浄を請け負うのだが・・・。
__________

関税局の潜入捜査官ロバート・メイザーの著書を基に製作された作品。

リンカーン弁護士」(2011)、「ランナーランナー」(2013)などのブラッド・ファーマンが製作を兼ねて監督した作品で、彼の母親エレン・ブラウン・ファーマンが脚本を担当している。

コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが組織する”メデジン・カルテル”壊滅作戦を展開する関税局員の潜入捜査を描く犯罪映画。

犯罪組織に潜入する捜査官の日常と、作戦で様々な役を演じながら、平凡な家庭を守ろうとする夫、父親としての苦悩をがリアルに描かれている。

どこまでが実実かは不明だが、ドラマの中で度々、語られる組織の残虐性からすると、主人公がその後も捜査官として職務を続け、幸せな結婚生活を送ったというのは信じ難い。
実話を基にしているのであれば、主人公と家族は厳重な保護下に置かれたという説明がなければ現実味がない。

主演のブライアン・クランストンは、家族も守らねばならない辛い立場でありながら、犯罪組織壊滅のために命懸けの捜査を続ける捜査官を好演している。

主人公の婚約者役になる捜査官ダイアン・クルーガー、主人公を支える同僚のジョン・レグイザモ、主人公を信頼する”メデジン・カルテル”の麻薬販売の元締めベンジャミン・ブラット、捜査の指揮官である主人公の上司エイミー・ライアン、主人公の相談役でもある弁護士のジェイソン・アイザックス、主人公に協力する犯罪者のジョセフ・ギルガンパブロ・エスコバルの資金洗浄係ユル・ヴァスケス、主人公が最初に接触する組織員の親子シモン・アンドレウルーベン・オカンディアノ、主人公の妻ジュリエット・オーブリー、主人公のおばオリンピア・デュカキス、”BCCI/国際商業信用銀行”の役員サイード・タグマウイアート・マリック、主人公の同僚トム・ヴォーン=ローラー、アルカイノ(ベンジャミン・ブラット)の妻エレナ・アナヤカルテルの資金担当責任者カルステン・ヘイズ、情報屋ファン・セリー、アルカイノの部下アンディ・ベックウィズカルテルの麻薬の運び屋バリー・シールマイケル・パレ、売人のダニエル・メイズなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up