That's Movie Talk!     4057 Movies

宝島 Treasure Island (1950) 3.78/5 (36)

  •  
  • 8
  • 4
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1883年に発表された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説”宝島”を基に製作された作品。
海賊の船長から宝島の地図を渡された少年の冒険を描く、製作総指揮ウォルト・ディズニー、監督バイロン・ハスキン、主演ボビー・ドリスコールロバート・ニュートンベイジル・シドニーウォルター・フィッツジェラルドデニス・オディア他共演のアドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:バイロン・ハスキン
製作:パース・ピアース
製作総指揮:ウォルト・ディズニー
原作:ロバート・ルイス・スティーヴンソン宝島
脚本:ローレンス・エドワード・ワトキン
撮影:フレディ・ヤング
編集:アラン・L・ジャッグス
音楽:クリフトン・パーカー

出演
ジム・ホーキンス:ボビー・ドリスコール
ロング・ジョン・シルヴァー:ロバート・ニュートン
スモレット船長:ベイジル・シドニー
スクワイアー・トレローニー:ウォルター・フィッツジェラルド
リヴジー医師:デニス・オディア
ビリー・ボーンズ船長:フィンレイ・カリー
ジョージ・メリー:ラルフ・トルーマン
イズラエル・ハンズ:ジェフリー・キーン
ベン・ガン:ジェフリー・ウィルキンソン
ブラインド・ピュー:ジョン・ローリー
ブラック・ドッグ:フランシス・デ・ウルフ
アロー:デイヴィッド・デイヴィス
レッドルース:ジョン・グレッグソン
ハゴット:ハリー・ロック
グレイ:アンドリュー・ブラケット
モーガン:ウィリアム・デヴリン

アメリカ 映画
配給 RKO Radio Pictures
1950年製作 96分
公開
北米:1950年7月19日
日本:1951年12月27日
製作費 $1,800,000
北米興行収入 $4,087,500
世界 $4,419,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1765年、イングランド西海岸。
母と二人で宿屋”ベンボー提督”を営む少年ジム・ホーキンス(ボビー・ドリスコール)は、現れた異様な雰囲気の男ブラック・ドッグ(フランシス・デ・ウルフ)から、ラムをダブルで注文される。

ブラック・ドックから、船乗りとビリー・ボーンズ船長のことを訊かれたジムは、知らないと答える。

物置にボーンズ船長の荷物があることを確認したブラッグ・ドッグは、その場を去る。

二階から下りてきたボーンズ船長(フィンレイ・カリー)は、今の男が片足の男だったか確認し、ジムから顔に傷があったと言われたためにブラック・ドックだと考える。

片足の男も近くにいると言うボーンズ船長は咳込み、禁酒されているにも拘らず、ジムの制止も聞かずに酒を飲んでしまう。

医師を呼びに行こうとしたジムは、外にいたブラインド・ピュー(ジョン・ローリー)に捕まり、ボーンズ船長に会わせろと言われる。

ボーンズ船長にあるものを渡したブラインド・ピューは、その場を去る。

渡されたものが”ブラック・スポット/黒点”(呼出状)で、裏には”夕暮れまで”と書かれていたため、ボーンズ船長は、夜には現れると考える。

片足の男には渡さないと言うボーンズ船長は、箱の中に隠してあったものを取り出すが、その場で倒れてしまう。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1765年、イングランド西海岸。
母の営む宿屋を手伝う少年ジム・ホーキンスは、宿泊していたボーンズ船長からあるものを渡される。
ボーンズ船長は亡くなってしまい、渡されたものを地主のトレローニーに見せたジムは、それが宝島の地図であることを知らされる。
財宝を見つけられる可能性に興奮して船を探す決心をしたトレローニーは、ジムと医師のリヴジーらと共に旅立つことになる。
その地図を奪おうとする海賊のロング・ジョン・シルヴァーと手下達は、トレローニーの船の船員となって乗り込み乗っ取りを企むのだが・・・。
__________

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの古典的な冒険小説”宝島”を、ウォルト・ディズニーの製作総指揮によりRKO Radio Picturesが製作した作品。
ウォルト・ディズニーが手掛けた作品としては、初の長編実写版映画でもある。

宝島のシーンを含めて撮影はイングランドで行われ、総天然色カラーで映し出す自然の映像などが素晴らしい、冒険映画として十分に楽しめる作品。

ディズニー作品らしい多くの個性的なキャラクターに加え、主人公の”ジム・ホーキンス”を演ずるボビー・ドリスコールは、海賊や大人達と共に大冒険を体験する少年を好演している。

その彼を利用し時に守る、悪党ではあるが、人間味溢れる愛すべきキャラクター”ロング・ジョン・シルヴァー”を演ずるロバート・ニュートンの熱演が光る。

帆船”ヒスパニョーラ”の船長ベイジル・シドニー、財宝を探す旅を計画する大地主スクワイアー・トレローニーのウォルター・フィッツジェラルド、主人公ジムが慕う誠実な医師リヴジーのデニス・オディア、ジムに宝島の地図を託すビリー・ボーンズ船長のフィンレイ・カリー、シルヴァーの手下ラルフ・トルーマンジェフリー・キーン(後に007シリーズ6作品に出演)、アンドリュー・ブラケット、ウィリアム・デヴリンハリー・ロック、島に置き去りにされて5年間過ごしたベン・ガンのジェフリー・ウィルキンソン、ブラインド・ピューのジョン・ローリー、ブラック・ドッグのフランシス・デ・ウルフ、スモレット船長の部下アローのデイヴィッド・デイヴィス、トレローニーの使用人ジョン・グレッグソンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up