4240 Movies

リンカーン弁護士 The Lincoln Lawyer (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、人気作家マイクル・コナリーの小説”The Lincoln Lawyer”を基に製作された作品。
資産家の息子の弁護を引き受けた辣腕弁護士の陰謀に巻き込まれながらの闘いを描く、主演マシュー・マコノヒーマリサ・トメイライアン・フィリップウィリアム・H・メイシージョシュ・ルーカスジョン・レグイザモ他共演サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ブラッド・ファーマン
製作総指揮
エリック・リード

デビッド・カーン
ブルース・トール
製作
シドニー・キンメル

トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
リチャード・S・ライト
スコット・スタインドーフ
原作:マイクル・コナリーThe Lincoln Lawyer
脚本:ジョン・ロマーノ

撮影:ルーカス・エトリン
編集:ジェフ・マカヴォイ
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ミック・ハラー:マシュー・マコノヒー

マギー・マクファーソン:マリサ・トメイ
ルイス・ルーレ:ライアン・フィリップ
フランク・レヴィン:ウィリアム・H・メイシー
テッド・ミントン:ジョシュ・ルーカス
ヴァル・ヴァレンズエラ:ジョン・レグイザモ
ヘスス・マルティネス:マイケル・ペーニャ
セシル・ドブス:ボブ・ガントン
メアリー・ウィンザー:フランシス・フィッシャー
ランクフォード刑事:ブライアン・クランストン
グロリア:キャサリン・メーニッヒ
レジーナ・カンポ:マルガリータ・レヴィエヴァ
カーレン刑事:マイケル・パレ
ハイディ・ソーベル刑事:ミカエラ・コンリン
ドウェイン・J・コーリス:シェー・ウィガム
エディ・ボーゲル:トランス・アドキンス
ローナ・テイラー:ペル・ジェームズ
アール:ローレンス・メイソン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2011年製作 119分
公開
北米:2011年3月18日
日本:2012年7月14日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $58,009,200
世界 $75,009,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス郡
辣腕弁護の士ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は、高級車”リンカーン・タウンカー”の後部座席をオフィス代わりにしていた。

ハラーは、強引な方法で司法取引に持ち込み、ドラッグ・ディーラーや娼婦の刑を軽減させることを主に引き受けていた。

ドライバーのアール(ローレンス・メイソン)と共に移動するハラーは、保釈保証人ヴァル・ヴァレンズエラ(ジョン・レグイザモ)から、ある話を持ち掛けられる。

不動産業者で富豪のメアリー・ウィンザー(フランシス・フィッシャー)の息子ルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)が、女を殴り重傷を負わせ、保釈金100万ドルで立件が確実だという件の弁護だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス郡
高級車”リンカーン・タウンカー”の後部座席をオフィスにする辣腕弁護士ミック・ハラーは、ドラッグ・ディーラーや娼婦を顧客に、強引な司法取引に持ち込み刑を軽減させることを主に引き受けていた。
保釈保証人ヴァルから、不動産業者メアリー・ウィンザーの息子ルイスの傷害事件を知らされたハラーは、早速、彼に会い弁護を引き受ける。
無実を訴えるルイスは保釈され、ハラーは、司法取引ではなく裁判の準備を始める。
しかしハラーは、かつて担当した殺人事件と今回の件の類似点に気づき、ルイスの考える陰謀に巻き込まれる・・・。
__________

心理学と哲学を学び、ロースクールを目指そうとした知的な雰囲気のマシュー・マコノヒーが、アウトロー的な辣腕弁護士を演ずることで話題になった作品。

絶大なる人気を誇る作家マイクル・コナリーの原作ということもあり、手の込んだ内容、脚本と、豪華キャストで見応え十分な作品に仕上がっている。

財力を利用して保身に走る者に立ち向かい、無実の囚人を助けようとする主人公の姿は差し詰め西部劇のヒーローのようでもあり、痛快なクライマックスを迎える。

主人公がオフィス代わりにする”リンカーン・タウンカー”も、風格のある初代を使っているところがいい。

北米興行収入は約5800万ドル、全世界では約7500万ドルと、ヒットと言えるかは別として、続編の製作も噂されている。

少々ワルというより犯罪者のような弁護士、主人公を雰囲気を出して演ずるマシュー・マコノヒーは、人情や人間味も感じさせるキャラクターを快演している。

主人公の妻で検事のマリサ・トメイ、役を得るためにオーディションを受けたという依頼人ライアン・フィリップ、私立探偵ウィリアム・H・メイシー、検事ジョシュ・ルーカス、保釈保証人ジョン・レグイザモ、終身犯のマイケル・ペーニャ、終盤で事件に大きく絡む依頼人の母親フランシス・フィッシャーの顧問弁護士役ボブ・ガントン、刑事ブライアン・クランストンマイケル・パレミカエラ・コンリン、主人公が世話をする娼婦キャサリン・メーニッヒ、被害者マルガリータ・レヴィエヴァ、証人のシェー・ウィガム、バイカー役のトランス・アドキンス、主人公の助手ペル・ジェームズ、ドライバーのローレンス・メイソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020