4214 Movies

フロント・ページ The Front Page (1974)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1928年にブロードウェイで初演されたベン・ヘクトチャールズ・マッカーサーによる舞台劇の映画化”The Front Page”(1931)、「ヒズ・ガール・フライデー」(1940)に続くリメイク。
1920年代のシカゴを舞台に、死刑囚の特ダネをモノにしようとする新聞記者達の騒動をコミカルに描く、監督、脚本ビリー・ワイルダー、主演ジャック・レモンウォルター・マッソースーザン・サランドンヴィンセント・ガーディニア他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作総指揮:ジェニングス・ラング
製作:ポール・モナシュ
脚本
ビリー・ワイルダー

I・A・L・ダイアモンド
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
編集:ラルフ・E・ウィンタース
音楽:ビリー・メイ

出演
ヒルデブランド”ヒルディ”ジョンソン:ジャック・レモン

ウォルター・バーンズ:ウォルター・マッソー
ペギー・グラント:スーザン・サランドン
”オネスト・ピート”ハートマン保安官:ヴィンセント・ガーディニア
ロイ・ベンシンガー:デヴィッド・ウェイン
クルガー:アレン・ガーフィールド
アール・ウィリアムズ:オースティン・ペンドルトン
モリー・マロイ:キャロル・バーネット
マーフィー:チャールズ・ダーニング
シュワルツ:ハーブ・エデルマン
マックス・J・エッゲルホッファー博士:マーティン・ゲイベル
市長/ハービー/グリーン・ホーネット:ハロルド・グールド
ジャコビ巡査:クリフ・オズモンド
プランケット:ポール・ベネディクト
マッキュー:ディック・オニール
ルディー・ケプラー:ジョン・コークス
ジェニー:ドロ・メランデ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1974年製作 104分
公開
北米:1974年12月17日
日本:1975年5月
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $15,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1929年6月6日、シカゴ
警官殺しの犯人アール・ウィリアムズ(オースティン・ペンドルトン)は、刑事裁判所の中庭で、翌朝に刑が執行されることになっていた。

絞首刑台の作業準備が進められる中、記者クラブでは記者達が待機していた。

その頃、”シカゴ・エグザミナー”編集長ウォルター・バーンズ(ウォルター・マッソー)は、トップ記者ヒルデブランド”ヒルディ”ジョンソン(ジャック・レモン)の所在が分からず苛立っていた。

そこに、めかし込んだヒルディが現れ、結婚するため辞職して、フィラデルフィアの広告代理店で働くと言い出す。

怒りきれないバーンズはヒルディを追い払うが、そのまま手を引く彼ではなかった。

ヒルディの結婚相手、劇場のオルガン奏者ペギー・グラント(スーザン・サランドン)の楽屋に向かったバーンズは、保護監察官に扮し、ヒルディが露出魔の変質者だと言って彼を諦めさせようとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
死刑囚アールの絞首刑を翌日に控えて、”シカゴ・エグザミナー”の編集長バーンズは、 トップ記者のヒルディの所在が分からずに苛立ってしまう。
そこに現れたヒルディは、結婚してフィラデルフィアの広告代理店で働くため辞職することをバーンズに伝える。
バーンズは、何とかヒルディを引き止めようとするが失敗に終わり、仕方なく新米記者のケプラーを記者クラブに派遣する。
その後、ヒルディは記者クラブに姿を現し、記者達に別れを告げて祝杯を挙げる。
その頃、死刑囚達の心理学上のチェックをしていたエッゲルホッファー博士は、事件を再現しようとして、ハートマン保安官の銃をアールに渡してしまう。
その直後、3発の銃声が裁判所に響き渡り、アールが脱獄したことが分かる。
記者クラブは大混乱となるが、何も出来ずに怯える新米ケプラーを見たヒルディは、仕方なく特ダネを掴む手助けをしようとするのだが・・・。
__________

非常に人気が高くよく知られた物語だけに、新鮮味という点ではやや物足りない感じはするが、主演のジャック・レモンウォルター・マッソーのマッチングは絶妙で、大いに笑わせてくれる楽しい作品。

黄金コンビ、ビリー・ワイルダーI・A・L・ダイアモンドの脚本も衰えを見せず、冒険活劇を見ているような、とにかう慌しい記者クラブの様子や、1920年代の雰囲気もよく表現されている。

まだ40代だったジャック・レモンは、既に大ベテランの風格と共に、シリアスな役をこなす転機を迎えていた頃で、前年「セイヴ・ザ・タイガー」(1973)では、念願のアカデミー主演賞を受賞している。

気忙しく、一本調子で猪突猛進する編集長を演ずるウォルター・マッソーも、盟友ジャック・レモンを上回る熱演を見せる。

主人公の恋人で、現在でも活躍する演技派、若き日のスーザン・サランドン、脇役では群を抜いた存在の保安官を演ずるヴィンセント・ガーディニア、死刑囚でこちらも若いオースティン・ペンドルトン、その恋人役のキャロル・バーネット、慌しい記者達チャールズ・ダーニングデヴィッド・ウェインハーブ・エデルマンアレン・ガーフィールドジョン・コークスディック・オニール、心理学者マーティン・ゲイベル、市長ハロルド・グールド、巡査クリフ・オズモンドなど、個性派勢揃いの共演者も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020