4511 Movies

ヒズ・ガール・フライデー His Girl Friday (1940)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1928年にブロードウェイで初演された、ベン・ヘクトチャールズ・マッカーサーの戯曲”The Front Page”の2度目の映画化。
敏腕記者だった元妻の結婚を阻止し現場に復帰させようとする編集長と、その妻が対立し合いながら大スクープをものにするという、製作、監督ハワード・ホークス、主演ケーリー・グラントロザリンド・ラッセルラルフ・ベラミー他共演によるスクリューボール・コメディの代表作にして映画史に残る傑作。


コメディ

ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ハワード・ホークス
製作:ハワード・ホークス
戯曲
ベン・ヘクト

チャールズ・マッカーサー
The Front Page
脚本:チャールズ・レデラー
撮影:ジョセフ・ウォーカー
編集:ジーン・ハヴリック
音楽:モリス・ストロフ

出演
ケーリー・グラント:ウォルター・バーンズ
ロザリンド・ラッセル:ヒルデガルド”ヒルディ”ジョンソン
ラルフ・ベラミー:ブルース・ボールドウィン
アルマ・クルーガー:ボールドウィン夫人
ジーン・ロックハート: ピーター・B・ハートウェル保安官
クレランス・コルブ:フレッド市長
アブナー・ビバーマン:’ダイアモンド”ルイ”パルトソー
ジョン・クォーレン:アール・ウィリアムス
ヘレン・マック:モリー・マロイ
ポーター・ホール:マーフィー
アーネスト・トルエックス:ロイ・V・ベンシンガー
クリフ・エドワーズ:エンディコット
ロスコー・カーンズ:マッキュー
フランク・ジェンクス:ウィルソン
レジス・トゥーメイ:サンダース
フランク・オース:ダフィー
ビリー・ギルバート:ジョー・ペティボーン
パット・ウェスト:クーリー刑務所長
エドウィン・マクスウェル:マックス・J・エッゲルホッファー博士

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1940年製作 92分
公開
北米:1940年1月11日
日本:1986年9月6日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークの新聞社モーニング・ポストの辣腕編集長ウォルター・バーンズ(ケーリー・グラント)を、元妻で、同社のトップ記者だったヒルデガルド”ヒルディ”ジョンソン(ロザリンド・ラッセル)が訪ねてくる。

ヒルディに未練のあるウォルターは、復縁と自社への復帰を迫るが彼女はそれを拒む。

記者生活に嫌気が差したヒルディは、保険会社勤務の堅実なサラリーマンであるブルース・ボールドウィン(ラルフ・ベラミー)と再婚することをウォルターに告げる。

その結婚を、何とか阻止しようとするウォルターは、ブルースを伴い3人でランチに出かける。

ヒルディが、オールバニーでブルースの母親と暮らすと聞いたウォルターは、乗車する汽車を止めてでも彼女を引きとめようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1931年にルイス・マイルストンが、「犯罪都市」として製作、監督した作品のリメイクで、1974年にもビリー・ワイルダーが監督してリメイクされている。
*「フロント・ページ」(1974)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
新聞社”モーニング・ポスト”の辣腕編集長ウォルター・バーンズを、元妻である同社のトップ記者だったヒルディが訪ねてくる。
ヒルディに未練のあるウォルターは、復縁と自社への復帰を迫るが、彼女は保険会社のブルースと再婚することを告げてそれを断る。
ウォルターは、それを何とか阻止しようとして、何とかヒルディを引き止めることに成功する。
仕方なく取材を始めたヒルディは、死刑囚のアールと面会し、彼が凶悪な人間でないことを知る。
その後も、ウォルターのヒルディ引き止め工作は続いていたが、そんな時、死刑を翌日に控えたアールが脱獄してしまう・・・。
__________

1993年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

円熟期を迎える前の、ハワード・ホークスの快心作で、その軽快で切れ味の良い、変幻自在の演出には圧倒される。

中でも、主演のケーリー・グラントと元妻役のロザリンド・ラッセルのマシンガン・トーク合戦の凄まじさは驚くばかりで、英語が理解できなくても、その迫力は十分伝わってくる。

作品の公開は、ヨーロッパ第二次大戦が勃発して間もない時期で、それを皮肉るセリフや世の中の情勢などの描写も実に巧みであり、見事な仕上がりを見せている。

当時の劇場で、爆笑が起こったであろうその雰囲気を想像しただけでも楽しくなる、後のコメディにも大いに影響を与えた作品。

辣腕と言うよりも、”策士”に近いケーリー・グラントの軽妙な演技と物腰、そしてセリフ回しも実に魅力的だ。
でしゃばり過ぎず、中盤はロザリンド・ラッセルに主役を譲っているような展開も、余計クライマックスの彼の活躍を期待させる、心憎い演出となっている。

ケーリー・グラントに一歩も引けを取らない、ロザリンド・ラッセルが、終盤記者魂を復活させるシーンでは、思わずガッツポーズが出てしまうほど痛快だ。

人の好い、ヒルディ(R・ラッセル)の婚約者役ラルフ・ベラミー、その母アルマ・クルーガー、悪徳とまではいかないが、市長再選のため死刑執行を急ぐ保安官ジーン・ロックハートと市長役のクレランス・コルブ、ウォルター(C・グラント)に都合よく使われてしまうアブナー・ビバーマン、悪人に見えないところがはまり役の死刑囚ジョン・クォーレン、その恋人ヘレン・マック、市長らに買収される知事の伝達人役ビリー・ギルバートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021