4234 Movies

僕たちのアナ・バナナ Keeping the Faith (2000)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実力派若手俳優エドワード・ノートンが製作、初監督した作品で(出演も)、脚本は彼の大学時代からの親友で、出演もしているスチュアート・ブルムバーグ
幼馴染の仲良し3人、神父とラビになった男性2人と美しいキャリアウーマンになった女性の複雑な関係を描く、主演ベン・スティラージェナ・エルフマンアン・バンクロフトイーライ・ウォラックミロス・フォアマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:エドワード・ノートン
製作
エドワード・ノートン
スチュアート・ブルムバーグ

ホーク・コッチ
脚本:スチュアート・ブルムバーグ
撮影:アナスタス・N・ミコス
編集:マルコルム・キャンベル
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
ベン・スティラー:ジェイク・シュラム/ラビ
エドワード・ノートン:ブライアン・フィン神父
ジェナ・エルフマン:アナ・ライリー
アン・バンクロフト:ルース・シュラム
イーライ・ウォラック:ベン・ルイス/ラビ
ミロス・フォアマン:ハヴェル神父
ロン・リフキン:ラリー・フリードマン/ラビ
リナ・ソファー:レイチェル・ローズ
リサ・エデルシュタイン:アリ・デッカー
ブライアン・ジョージ:バーテンダー

アメリカ 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ
Spyglass Entertainment
2000年製作 128分
公開
北米:2000年4月14日
日本:2001年1月20日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $37,036,400
世界 $59,945,180


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
酒場で自棄酒を飲む神父ブライアン・フィン(エドワード・ノートン)は、バーテンダー(ブライアン・ジョージ)に悩みを打ち明ける。
__________

小学校の頃から仲の良かった3人、ブライアンとジェイク・シュラム(ベン・スティラー)、そして、アナ・ライリー(ジェナ・エルフマン)は、ブライアンとアナの二人がアイルランド人でジェイクはユダヤ人の仲良しトリオだった。

小学生の時、アナが父の転勤でカリフォルニアに行ってしまい、残されたジェイクとブライアンはお互いの宗教に興味を持ちながら成長する。

ブライアンは8歳で神父になると決めて、ジェイクは宗教を興味としか見ていなかったが、頭もよく何をやってもうまくいくオーラを持っていた。

代々投資銀行を経営する家系に育ったジェイクだったが、考えた末に、彼もラビになることを決める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ブライアンとジェイク、そしてアナは、小学校の頃から仲良しだった。
ブライアンとアナがアイルランド人でジェイクはユダヤ人の仲良しトリオだったが、アナが父の転勤でカリフォルニアに行ってしまい、ジェイクとブライアンはラビと神父になる。
やがて、ジェイクとブライアンは街で評判となり、新しい世紀を迎え、日々努力していた。
ジェイクは、引退するラビの地位を受け継ぐために結婚を勧めらるが、彼にとって、今でも最高の女性はアナだった。
そんな時、キャリアウーマンとなったアナが、出張でニューヨークに来ることになる。
そして、アナを迎えたジェイクとブライアンは、彼女に惹かれてしまい・・・。
__________

現代感覚を取り入れた、開放的な考えの若いラビと神父が、その宗教上の戒律や仕来りに縛られながら、四苦八苦して苦悩する姿が実に可笑しい。

古臭い考えを押し付けようとするのかと思いきや、大ベテラン陣で固める師やご意見番、アン・バンクロフトイーライ・ ウォラック、そして大監督でもあるミロス・フォアマンらの理解ある意見や、人間味溢れる人々の温かさが心和ませてくれる作品。

エルマー・バーンスタインの小粋な音楽も、作品イメージに良く合っている。

家柄も良く優秀なラビを演ずるベン・スティラーは、相変わらずお茶目な演技で笑わせてくれる。

監督を兼ねたエドワード・ノートンも悪くはないが、やはりシリアスな演技の彼の方が魅力がある。

快活でやり手のキャリアウーマン、ジェナ・エルフマンの、健康的な美しさと演技も好感が持てる。

保守的なラビ役でロン・リフキンも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020