4219 Movies

ディヴァイド The Divide (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

核攻撃を受けて壊滅したニューヨーク、あるアパート地下のシェルターに避難した9人の男女の運命を描く、出演ローレン・ジャーマンマイケル・ビーンロザンナ・アークエット他、監督ザヴィエ・ジャンによる終末スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ザヴィエ・ジャン
製作総指揮
ジェイミー・カーマイケル

マイケル・ホーン他
製作
ロス・M・ディナースタイン

ジュリエット・ハゴピアン
ナサニエル・ロロ
脚本
カール・ミューラー

エロン・シーン
撮影:ローラン・バレ
編集:カルロ・リッツォ
音楽:ジャン=ピエール・タイエブ

出演
エヴァ:ローレン・ジャーマン

ミッキー:マイケル・ビーン
ジョシュ:マイロ・ヴィンティミリア
デルヴィン:コートニー・B・ヴァンス
エイドリアン:アシュトン・ホームズ
マリリン:ロザンナ・アークエット
サム・カーペンター:イヴァン・ゴンザレス
ボビー:マイケル・エクランド
ウェンディ:アビー・シックソン
リズ:ジェニファー・ブランク

アメリカ 映画
配給 Anchor Bay Films

2011年製作 112分
公開
北米:2012年1月13日
日本:2012年6月9日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $22,000
世界 $130,840


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
街は核爆撃を受け、それを窓から見ていたアパートの居住者エヴァ(ローレン・ジャーマン)は、恋人のサム・カーペンター(イヴァン・ゴンザレス)と共に地下に向かい、ある空間に避難する。

そのシェルターの持ち主ミッキー(マイケル・ビーン)は、迷惑に思いながらも、避難してきた8人の男女に内部の説明をする。

かつては、薬物依存症だったエヴァと弁護士のサム、エイドリアン(アシュトン・ホームズ)、彼の義兄ジョシュ(マイロ・ヴィンティミリア)、その親友ボビー(マイケル・エクランド)、管理人デルヴィン(コートニー・B・ヴァンス)、マリリン(ロザンナ・アークエット)とその娘のウェンディ(アビー・シックソン)だった。

デルヴィンは、その場にあった無線機で外部と連絡を取ろうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
核攻撃を受けた街は壊滅するが、アパートの住居人エヴァら8人は、地下にある空間に避難する。
そこは、不躾で利己的な男ミッキーの所有するシェルターで、彼に、外部の危険を知らされた8人は、生活環境が一応整ったその場での共同生活を始める。
その後、救援部隊と思われる者達が現れるが、防護服を着た彼らは9人を襲い、少女ウェンディが連れ去られる。
一人を殺した8人は、ジョシュが防護服を着て外部に出て、実験台にされているウェンディを見つけるものの、気づかれてシェルターに戻る。
8人は、外部から入り口を塞がれて完全に孤立状態になり、体に異常が表れ精神的極限に達する者が出る中、恐怖と混乱の時を過ごすしかなくなる・・・。
__________

911の報復に対する再び起こった世界終焉規模のテロに遭遇した、生存者のサバイバルを描きながら、ホラー映画のような、おぞましいシーンも登場する作品。

そんな場面が繰り返し映し出され、観ていてウンザリしてしまうというのが正直な感想だ。

北米公開されたとは言えない作品で、1週間で上映打ち切りとなってしまった。

しかし、マイケル・ビーン・ファンには楽しみな作品で、偏屈な男を演ずる彼自身の演技やキャラクターは悪くはない。
911で家族を失ったと思われる男が、再び起こる悲劇を予想してシェルター準備したことが分かる終盤と結末も悲しい。

一人シェルターを脱出するものの、置かれた現状に絶望するローレン・ジャーマン、その恋人役のイヴァン・ゴンザレス、その場を仕切るマイロ・ヴィンティミリア、その義弟アシュトン・ホームズ、彼らの友人役マイケル・エクランド、管理人コートニー・B・ヴァンス、娘を奪われるロザンナ・アークエット、娘のアビー・シックソン、ミッキー(マイケル・ビーン)の妻役ジェニファー・ブランクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020