4215 Movies

夜明けのガンマン Dawn Rider (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

ジョン・ウェインがスターになる前に主演した1935年公開の「夜明けの男」のリメイク。
謎の強盗団に父親を殺されたガンマンが、復讐のため意外な敵と戦う姿を描く、主演クリスチャン・スレイタージル・ヘネシードナルド・サザーランド他共演、監督テリー・マイルズによる西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・マイルズ
製作:ジャック・ナッサー
脚本:ジョゼフ・ナッサー
撮影:ノーム・リー
編集:トレヴァー・ミロッシュ
音楽
ジム・ガットリッジ

ショーン・ホセイン

出演
ジョン・メイソン:クリスチャン・スレイター

アリス・ゴードン:ジル・ヘネシー
コクラン:ドナルド・サザーランド
ベン・マクルーア:ベン・コットン
ラッド・ゴードン:ロックリン・マンロー
メイソン:ケネス・W・ヤンコー
コッブ保安官:エイドリアン・ハフ

カナダ 映画
配給 NGN Productions
2012年製作 93分
公開
北米:未公開
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1883年、ダコタ準州
ガンマンのジョン・メイソン(クリスチャン・スレイター)は、彼を追うコクラン(ドナルド・サザーランド)の襲撃を逃れる。

ワイオミング州、サスパリラ。
覆面の強盗団が現れ、対抗する保安官らを射殺してその場を去るが、奪った物に金目の物は郵便物などたった。

モンタナ州、グレイフォールズ。
酒場のポーカーで揉めて、撃ち合い寸前になったベン・マクルーア(ベン・コットン)は、その場にいたジョンの口添えされる。

林の中で出くわした二人は、ベンが向かうワイオミングのプロミスに、自分と共に働くジョンの父親(ケネス・W・ヤンコー)のことを話す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1883年、ダコタ準州
ガンマンのジョン・メイソンは、自分を追う連邦保安官コクランの襲撃を逃れる。
出会ったベンが、父親と仕事をする配達員だと知ったジョンは、故郷のワイオミング、プロミスに向かう。
父に歓迎されなかったジョンは、幼馴染のアイリスとの再会を喜ぶ。
その後、覆面強盗団に襲われ父を殺され、傷を負ったジョンはアリスに介抱される。
復讐を誓うジョンだったが、息を引き取る前に父が言い残した、”ダブルクロス”という言葉を気にする。
実は強盗団のリーダーは、5000ドルの返済を迫られ”ダブルクロス”牧場を奪われる危機にあった、アリスの兄ラッドだった・・・。
__________

ハリウッド・スターのクリスチャン・スレイタードナルド・サザーランドの出演が注目の作品。

カナダ製の西部劇なのだが、長年の西部劇ファンとしては、あらゆるところで違和感を感じる作品でもある。

ドナルド・サザーランドの出演は、母国の作品ということで実現したのだろうが、70歳を超えて現役バリバリの大物の登場は嬉しい。
クリスチャン・スレイターも、好感の持てる悪党を無難に演じている。

しかし、主人公と愛し合う女性役自体は悪くないジル・ヘネシーが、やたらに銃を手にする場面、取って付けたようなシーンが多い脚本などが気になり、セットや衣装も今一雰囲気がでていない。

主人公を追い続ける連邦保安官を貫禄で演ずるドナルド・サザーランド、主人公に関わる配達員のベン・コットン、強盗団のリーダー、ロックリン・マンロー、主人公の父ケネス・W・ヤンコー、保安官エイドリアン・ハフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020