4505 Movies

ラ・ヨローナ〜泣く女〜 The Curse of La Llorona (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

死霊館」シリーズのスピンオフ作品。
供に襲いかかる悪霊に立ち向かう母親の戦いを描く、製作ジェームズ・ワン、監督マイケル・チャベス、主演リンダ・カーデリーニレイモンド・クルスパトリシア・ヴェラスケス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:マイケル・チャベス

製作
ジェームズ・ワン
ゲイリー・ドーベルマン
エミール・グラッドストーン
製作総指揮
リチャード・ブレナー
デイヴ・ノイスタッター
ウォルター・ハマダ
ミシェル・モリッシー
マイケル・クリアー
脚本
ミッキ・ドートリー
トビアス・イアコニス
撮影:マイケル・バージェス
編集:ピーター・グヴォザス
音楽:ジョセフ・ビシャラ

出演
アンナ・テイト=ガルシア:リンダ・カーデリーニ
クリス・ガルシア:ローマン・クリストウ
サマンサ・ガルシア:ジェイニー=リン・キンチェン
ラファエル・オルヴェラ:レイモンド・クルス
パトリシア・アルバレス:パトリシア・ヴェラスケス
ラ・ヨローナ:マリソル・ラミレス
クーパー刑事:ショーン・パトリック・トーマス
ペレス神父:トニー・アメンドーラ
ドナ:アイリーン・ケン
カルロス:オリバー・アレクサンダー
トマス:エイデン・レヴァンドフスキ
デヴィッド・ブッカー:クリスティアン・カインギン
デヴィッド・ガルシア:デラロサ・リベラ
エイプリル:マデリーン・マックグロウ
ボカネグラ:ソフィア・サンティ
サイモン:ジェサン・カマレナ
キャロル:フォンタナ・シム
ミリー:スカーレット・ブラック
裕福な男性:ドン・ロバーソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2019年製作 93分
公開
北米:2019年4月19日
日本:2019年5月10日
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $54,733,740
世界 $123,133,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1673年、メキシコ
ある家族が野原で遊んでいる。
次男からネックレスを渡された母親は、それを一生大事にすると伝える。

しばらくして、家族がいないことに気づいた次男は、皆を捜すために森に向かう。

次男は、母親が川で兄を溺れさせているのを目撃する。

その場から逃げ出した次男は、母親に追われて腕をつかまれる。

1973年、ロサンゼルス
ケースワーカーのアンナ・テイト=ガルシア(リンダ・カーデリーニ)は、警官だった夫を亡くし、息子クリス(ローマン・クリストウ)と娘サマンサ(ジェイニー=リン・キンチェン)と3人で暮らしていた。

アンナは、パトリシア・アルバレス(パトリシア・ヴェラスケス)の2人の息子の不登校調査していたが、上司のハンキンスは彼女のことを気遣い、その件をドナ(アイリーン・ケン)に担当させようとする。

4年間担当していたアンナはハンキンスを説得し、警官と共にパトリシアの家に向かう。

パトリシアの家に着いたアンナは、警官を外で待機させて中に入れてもらい、部屋を調べようとする。

大量のロウソクを設置し、儀式をしているような雰囲気の中で怯えるパトリシアは、泣き声が聞こえるとアンナに伝える。

家の中を調べたアンナは、鍵がかかった部屋が気になり、パトリシアの2人の息子カルロス(オリバー・アレクサンダー)とトマス(エイデン・レヴァンドフスキ)が閉じ込められていると考える。

ハンマーを持ったパトリシアは、出て行くように言っても従わないアンナに襲いかかる。

警官がパトリシアを制止し、彼女から鍵を奪ったアンナは、ドアを開けて中で怯えていたカルロスとトマスを助け出す。

教会の福祉施設に2人を連れて行き安心させたアンナは、トマスの腕のヤケド痕のような傷が気になる。

アンナは、パトリシアでなく”あいつ”がやった、どこにいても見つかると言いながら怯える2人の言葉が気になる。

帰宅したアンナは、夫の制帽をかぶり警官ごっこをするクリスを見つめながら、亡き夫のことを思い出し、いつものように、入浴中のサマンサの髪をゆすいであげる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「死霊館」(2013)
・「死霊館 エンフィールド事件」(2016)

・「アナベル 死霊館の人形」(2014)
・「アナベル 死霊人形の誕生」(2017)
・「アナベル 死霊博物館」(2019)

・「死霊館のシスター」(2018)

・「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」(2019)

*(簡略ストー リー)
1973年、ロサンゼルス
警官だった夫を亡くしたケースワーカーのアンナ・テイト=ガルシアは、息子クリスと娘のサマンサと共に暮らしていた。
自分が担当するパトリシアの2人の息子が不登校だと知ったアンナは、彼女の家を訪ねて調べる。
異様な雰囲気の家の中で、監禁されている2人の息子を見つけたアンナは、彼らを保護する。
ところが2人は、泣き声と共に現れる、白いドレスを着た悪霊”ラ・ヨローナ”に殺され、川で発見される。
それを知ったアンナは現場に向かい、悲しみながら息子を奪ったと言って取り乱すパトリシアに責めらえる。
その後、泣き声と共に現れたラ・ヨローナにクリスとサマンサが襲われ、それを目撃したアンナは、教会に助けを求めるのだが・・・。
__________

死霊館」シリーズのスピンオフ作品。
子供を悪霊に奪われそうになる母親の戦いを描くホラー。

アナベル 死霊館の人形」(2014)に登場する”ペレス神父”が再び登場し、その時の体験を主人公に話すシーンがある。
しかし、シリーズの内容と直接的なつながりはなく、あくまで、ラテンアメリカに古くから伝わる、溺死した子供たちを悼み水辺を歩き回る幽霊”ラ・ヨローナ/泣く女”の伝説を描いた作品。

その伝説自体は興味深いものの、恐怖を伝えるシーンなどは新鮮味もなく平凡で、批評家の評価も低かった。

900万ドルで製作された本作は、北米興行収入は約5500万ドル、全世界では約1億2300万ドルのヒットとなった。

悪霊から子供たちを守ろうとする母親を熱演するリンダ・カーデリーニ、その息子ローマン・クリストウ、その妹ジェイニー=リン・キンチェン、主人公らに協力する元神父で呪術医のレイモンド・クルス、ラ・ヨローナに息子たちを殺されるパトリシア・ヴェラスケス、その息子オリバー・アレクサンダーとエイデン・レヴァンドフスキ、ラ・ヨローナのマリソル・ラミレス、主人公の亡くなった夫の同僚刑事ショーン・パトリック・トーマス、主人公に協力する神父のトニー・アメンドーラ、主人公の同僚、アイリーン・ケンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021